これが定番!沖縄で人気のおすすめスナック菓子10選!

沖縄は独特の食材や食文化があります。だから、地元では当たり前のものでも、意外と知られていないおいしい食べ物がたくさんあるんです。今回はそんな中でも特に知っておきたい、沖縄で人気のおすすめスナック菓子を厳選してご紹介してまいります。滞在中のおやつにしたり、家族・友人などへのお土産に、ぜひ参考にしてみてくださいね。


1. 沖縄の名物食材を使った「ゴーヤーチップス」

1. 沖縄の名物食材を使った「ゴーヤーチップス」
photo by floral_color   /   embedded from Instagram

沖縄ではメジャーなゴーヤーは、栄養価がとても高くチャンプルーなどの料理にして食べることが多いですよね。でも、実際にゴーヤを使って料理を作るとなると、意外と面倒だったりもします。もっと手軽にゴーヤーを食べるなら、スナック菓子の「ゴーヤーチップス」がオススメです!

ゴーヤの自然の風味を損なわないように作られているので、ちょっと苦みがあるけどクセになる味わいが魅力。ビールや泡盛のお供にピッタリの一品です。スーパーやコンビニ、空港などでも簡単に手に入ります。

また、ゴーヤーのシーサーの「ごっちゃん」がイメージキャラクターとなっています。「ごっちゃん」が書かれたパッケージもとてもかわいいので、お土産にも喜ばれそうな商品として人気です。

■基本情報
名称:ゴーヤーチップス
販売元:ごっちゃん
料金:4袋入り 800円
HP:http://gochan.okinawa/

2. ご当地居酒屋メニューがお菓子になった「ミミガージャーキー」

2. ご当地居酒屋メニューがお菓子になった「ミミガージャーキー」
photo by yiru0806   /   embedded from Instagram

沖縄の居酒屋では定番メニューとなっている「ミミガー」。沖縄に旅行に来たら、ぜひ一度は食べたい料理のひとつです。そんなミミガーも、なんとジャーキーのお菓子として販売されています、ミミガーとは豚の耳皮のことです。沖縄以外ではあまり食べられない食材なので、とても貴重です。

こちらのミミガージャーキーは、赤唐辛子のピリッとした辛みがアクセントになっていて、コリコリとした食感が堪らないのがなによりの魅力!噛んでいくうちに味わいが増す、おつまみに最適な一品となっています。

オキハムのミミガージャーキーには、他にもスッパイマン味(梅味)や酢昆布味など、バリエーションも豊富にありますので、どの味を買うのか選ぶのもとても楽しいですよ。

→抜群にうまい!沖縄で絶対に行きたい人気のおすすめ居酒屋10選!

■基本情報
名称:ミミガージャーキー
販売元:オキハム(沖縄ハム総合食品株式会社)
料金:180円〜
HP:http://okiham.co.jp/

3. ご当地土産の定番商品「カントリーマアム沖縄紅いも」

3. ご当地土産の定番商品「カントリーマアム沖縄紅いも」
photo by monchzoo   /   embedded from Instagram

日本の人気お菓子である「カントリーマアム」は、定番の味はもちろん、地域限定の種類が多いのも魅力のひとつ。ここ沖縄の限定商品では、地元産の紅いものペーストを使用した商品となっています。紅いもならではの深い甘みを楽しむことができ、外はサックリ中はしっとりとした食感が人気です。個包装してあるので、ちょっとずつ食べたい時にも便利なのが嬉しいポイント。

アルコールよりも、コーヒーや紅茶などとの相性がよさそうですね。うっちん茶やさんぴん茶など、沖縄のお茶に合わせてもいいですよ。パッケージは沖縄らしくシーサーや紅いもが描かれたカラフルな色使いで、お土産に渡せば喜ばれること間違いなしのデザインです。

■基本情報
名称:カントリーマアム沖縄紅いも
販売元:不二家
料金:16枚入り 700円〜
HP:http://www.fujiya-peko.co.jp/

4. 口の中で溶けていく食感が魅力の「雪塩ふわわ」

4. 口の中で溶けていく食感が魅力の「雪塩ふわわ」
photo by mikita0403   /   embedded from Instagram

「宮古島の雪塩」は、宮古島の海水で作られるミネラル分が豊富なパウダー状の塩の商品で、今や沖縄土産の定番商品となりました。この雪塩を使用したメレンゲのお菓子が「雪塩ふわわ」です。

口の中でふわふわと溶けていく食感とともに、まろやかな塩味が特徴の雪塩がベストマッチ!かわいいフォルムとパッケージは、特に女性に人気となっています。ココナッツやマンゴー・紅芋・チョコレート・黒糖・いちごなど、季節限定などを含む色んな味のバリエーションも豊富にあるのも嬉しいポイントです。

ちょっと一息つきたい時にポイッと口の中に入れれば、まるで粉雪のような滑らかな口どけに癒されること間違いなしです。お土産に買うなら、数種の味が楽しめる詰め合わせが特にオススメですよ!

■基本情報
名称:雪塩ふわわ
販売元:宮古島の雪塩
料金:360円
HP:http://www.shop-yukisio.com/

5. ビールとの相性が抜群の「オリオンビアジャーキー」

5. ビールとの相性が抜群の「オリオンビアジャーキー」
photo by riiko69bbb   /   embedded from Instagram

沖縄のビールと言えば、やはり「オリオンビール」が有名ですよね。そんなオリオンビールの酵母や、沖縄県産の塩を使用して作られたのが「砂肝ジャーキー」です。ビール酵母が入っているので、まさにオリオンビールとの組み合わせはバッチリです!噛みごたえがしっかりとした砂肝、そして塩・コショウのしっかりした味わいは、後を引くおいしさです。

青い海と空、そしてジョッキに入ったビールがデザインされたパッケージは、見かけたら間違いなく手を伸ばしてしまいます。滞在先のホテルでちょっと一杯やりたい時には、ぜひおつまみにおひとつどうぞ。きっと、食べ始めたら止まらなくなりますよ!

■基本情報
名称:オリオンビアジャーキー
販売元:祐食品
料金:162円
HP:http://yuusyokuhin.jub.jp/

 
こちらも合わせてどうぞ:
→東京限定!ここでしか買えない人気のおすすめスナック菓子10選!

→ここでしか味わえない!沖縄県で必ず食べるべきおすすめご当地グルメ10選!

6. 紅芋本来のおいしさが際立つ「芋人(いもんちゅ)」

6. 紅芋本来のおいしさが際立つ「芋人(いもんちゅ)」
photo by naturalist1181   /   embedded from Instagram

鮮やかな紫色が際立ち、芋本来の甘みが強いことで人気の宮古島産の「ちゅら恋紅」。そんなをちゅら恋紅を使用していたおすすめのスナック菓子が「芋人(いもんちゅ)」です。

カリカリとした食感が楽しく、食べていくうちに紅芋の旨み・甘みが増していきます。紅芋をギュッと固めて焼いたように、濃厚でじんわりとした甘みが口の中に広がってくるので、クセになってしまうようなおいしさです。

食べやすい一口サイズの粒タイプとなっているので、食べやすさも抜群です。紫色をベースにした外箱に「芋人」の文字がインパクト大のパッケージ。6袋入りなので、帰国後のばら撒き用のお土産にも最適な一品ですよ。

■基本情報
名称:芋人(いもんちゅ)
販売元:グリコ
料金:864円
HP:https://www.glico.com/

7. 病み付きになるスティック菓子「沖縄黒糖プレッツェル」

7. 病み付きになるスティック菓子「沖縄黒糖プレッツェル」
photo by porepore77   /   embedded from Instagram

太陽を燦々と浴びたサトウキビは、沖縄の代名詞ともいえる食材です。そんなサトウキビから作られた黒糖と黒蜜を使用したスティックタイプの人気のお菓子が「沖縄黒糖プレッツェル」です。

ポリポリ・サクサクした食感と、ほんのりと口の中に広がる甘さが、思わず病みつきになりそうな一品。黒糖と黒蜜を使ってるというとかなり甘そうに感じるかもしれませんが、どことなく感じるほろ苦さがアクセントになっているので、くどすぎないおいしさがあります。

このシリーズには、他にも沖縄限定として「沖縄紅芋」や「沖縄旨塩」なんかも出ており、お店によっては詰め合わせで販売されていたりもします。他の味と食べ比べてみるのも楽しいので、おすすめですよ。

■基本情報
名称:沖縄黒糖プレッツェル
販売元:カバヤ食品
料金:100円
HP:https://www.kabaya.co.jp/

8. アレンジの効いた沖縄の定番お菓子「ちんすこうショコラ」

8. アレンジの効いた沖縄の定番お菓子「ちんすこうショコラ」
photo by yumi.a2015   /   embedded from Instagram

琉球王朝の時代から沖縄県で作られている伝統のお菓子「ちんすこう」。沖縄の定番のお土産としてすっかり定着しましたね。これにチョコレートをコーティングしたのが「ちんすこうショコラ」です。

1996年の発売以来、地元の人はもちろんのこと、多くの観光客の方がお土産として買い求める人気の商品です。メインはほんのり甘いミルク味とちょっぴり苦みのあるダーク味があり、お好みに合わせて選ぶことができます。

また、期間限定で販売される抹茶味やブラックココア&ホワイトチョコなど、味のバリエーションもとても豊富なのも嬉しいポイントです。なんと年間で1000万個を売り上げるほどの、沖縄では大人気のお菓子となっているんですよ。

■基本情報
名称:ちんすこうショコラ
販売元:ファッションキャンディ
料金:12個入り 648円
HP:http://www.fashioncandy.co.jp/

9. 極上のフワフワ食感が魅力の「天使のはね」

9. 極上のフワフワ食感が魅力の「天使のはね」
photo by tomomin51   /   embedded from Instagram

塩せんべいの専門店で作られる、フワフワの軽い食感が人気のお菓子が「天使のはね」です。こちらは、もともと塩せんべいを作る工程ではみ出していた部分で、口に入れると溶けてしまうほどとても柔らかいスナック菓子です。今まで食べたことがないような、何とも言えない食感にビックリするかもしれません。

そのまま食べてもおいしいけれど、実はアレンジが多彩なのがこの商品の魅力のひとつ。ご飯に混ぜておにぎりにしたり、スープにクルトンのように浮かべてみたり。もし食べ飽きてしまっても、別の食べ方ができる面白いお菓子なんですよ。プレーンな味の他にも、梅味もありますので、ぜひ食べてみてくださいね。

■基本情報
名称:天使のはね
販売元:丸吉塩せんべい店
住所:沖縄県那覇市繁多川4-11-9
料金:216円

10. 出来立てがやっぱりおいしい「スイートポテりこ」

10. 出来立てがやっぱりおいしい「スイートポテりこ」
photo by mifuyu01310   /   embedded from Instagram

お土産にお菓子を買うんじゃなくて、出来立てのお菓子を自分で食べたいなら「スイートポテりこ」がおすすめです!ここ「カルビープラス」では、なんとカルビーのお菓子を出来立て・アツアツで食べることができます。中でも、紅芋とさつま芋を使用している「スイートポテりこ」は、沖縄店限定商品です!

オリーブオイル100%で揚げた、ホクホク・サクサクの食感を楽しむことができます。カルビー直営のアンテナショップなので、国産のサツマイモと沖縄県産の黒糖を使用した人気スナック菓子「美らぽて」や、「じゃがりこのフタ」などの人気グッズまで購入することができます。ぜひ観光ついでにお出かけしてみてくださいね。

■基本情報
名称:スイートポテりこ
販売元:カルビープラス沖縄国際通り店
住所:沖縄県那覇市牧志3-2-2
料金:310円
HP:https://www.calbee.co.jp/

沖縄のおいしいスナック菓子を買って帰ろう!

いかがでしたでしょうか?お土産にするのが勿体ない!自分で全部食べてしまいたい!そんな気分にさせてしまうほど、とても魅力的なスナック菓子をご紹介してまいりました。沖縄ならではの素材を使っていて、スーパーやコンビニエンスストアなどでも、手軽に購入できるものばかりです。自分で味わうのももちろんですが、ぜひ大切な人へのお土産にもぜひお忘れなく!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者