海と街の絶景が広がる!沖縄で人気のおすすめ夜景スポット10選!

次の日のお出かけに備えて、旅行中は早めに就寝しますか?ちょっと待ってください!沖縄の夜景を見逃すなんて、勿体ないですよ!少しだけ寝る時間を削ってでも見ておいて損はない、そんなおすすめの人気夜景スポットをご紹介します。ぜひ家族で、グループで、沖縄の美しい夜景を見にお出かけしてみてくださいね。


1. 視界の広いパノラマ夜景を楽しめる「雨乞嶽」

1. 視界の広いパノラマ夜景を楽しめる「雨乞嶽」
photo by okinawa_xoxo_   /   embedded from Instagram

琉球王朝時代、大干ばつの際に国王自らがここで雨乞いをしたことから名づけられ、地元では「アマグイヌウタキ」と呼ばれている場所が「雨乞嶽」です。景観の美しさから琉歌や詩にも著されており、雨乞嶽を含む首里周辺の8つの場所が「首里八景」と呼ばれたそうです。

ここの展望広場からは、首里城とは反対方向の琉球庭園や識名園などの夜景が楽しむことができます。那覇市内でもトップクラスの眺望を誇り、かなり視界が広いので大パノラマで那覇の街並みを見渡すことができますよ。夜間でも照明があるため、安心して夜景観賞ができるも嬉しいポイントです。

■基本情報
名称:雨乞嶽
住所:沖縄県那覇市首里崎山町1-77
アクセス:沖縄自動車道那覇ICから車で約10分
地図:「雨乞嶽」への地図

2. 名護市の街並みと海を一望できる「名護中央公園 さくらの園」

2. 名護市の街並みと海を一望できる「名護中央公園 さくらの園」
photo by uc.minichu   /   embedded from Instagram

名護岳の一体に広がる公園で、日本で一番桜の開花が早く、1月末ごろからヒカンザクラが咲き始めることで知られる人気の名所が「名護中央公園」です。開花の時期に合わせて、毎年「名護さくら祭り」が開催されます。

名護中央公園には天上展望台やウーマク広場など、夜景を楽しめるスポットがいくつかありますが、オススメは「さくらの園」です!ここは視界が広く、名護の街並みを一望することができます。東屋もあるので外での夜景観賞はもちろん、車窓からも楽しめるスペースもあります。昼間であればエメラルドグリーンの海も見え、開放感あふれる展望を楽しむことができますよ。

■基本情報
名称:名護中央公園 さくらの園
住所:沖縄県名護市名護5511
アクセス:沖縄自動車道許田ICから車で約15分
地図:「名護中央公園 さくらの園」への地図

3. 沖縄で有名な夜景の名所「首里城公園 西のアザナ」

3. 沖縄で有名な夜景の名所「首里城公園 西のアザナ」
photo by sana19011190   /   embedded from Instagram

2000年に世界遺産に登録され、海外からの観光客も多く訪れる人気観光スポットの「首里城公園」。ここには3ヶ所の有名な展望スポットがありますが、イチオシは「西のアザナ」と呼ばれる場所です。アザナとは、島の言葉で「物見台」を表しているそうです。

首里城公園は入場料が必要なエリアと無料で開放しているエリアがありますが、「西のアザナ」は無料のエリア内です。標高130mの高台に築かれた城郭西側に位置しているので、那覇市を一望することができます。夕暮れ時から、街に明かりがつき始める頃が特にオススメ。首里城公園内もライトアップされるので、とてもいい雰囲気になりますよ。

■基本情報
名称:名称:首里城公園 西のアザナ
住所:沖縄県沖縄市首里金城町1-2
アクセス:ゆいレール首里駅から徒歩約15分
HP:http://oki-park.jp/
地図:「首里城公園 西のアザナ」への地図

4. とても見晴らしのいい展望台が魅力的な「黄金森公園」

4. とても見晴らしのいい展望台が魅力的な「黄金森公園」
photo by miiiieyy   /   embedded from Instagram

陸上競技場や野球場など、スポーツ施設が整った沖縄県の公園が「黄金森公園」です。ここは広い駐車場があって、レンタカーでのお出かけにも便利です。この駐車場からは案内板に従って、しばらく坂道を上がっていきます。すると、見晴らしのいい展望台へと到着します。

ここからは南風原町の街並みが一望できます。適度に高さがあり、街並みが近くに見える絶好のビュースポットです。展望台自体は大きくありませんが、高い柵などもなく広範囲にわたって夜景が楽しめますよ。同じ「黄金森公園」と書いて「くがにむい公園」と読む公園が那覇市内にあり、間違いやすいので注意してくださいね。

■基本情報
名称:黄金森公園
住所:沖縄県島尻郡南風原町字宮平718-1
アクセス:南風原道路・南風原北ICから車で約5分
地図:「黄金森公園」への地図

5. 意外と穴場の夜景スポット「寒川緑地」

首里城公園にも近い、坂道の途中にある公園が「寒川緑地」です。駐車場も完備されていますが、ビューポイントは駐車場から1分ほど歩いた場所にあり、とても便利です。公園内には多くの街灯があり、オレンジ色に照らされていて雰囲気もバッチリ。ベンチもあるので、ゆっくりと座って夜景を眺めることができます。

ここからは那覇市の繁多川エリアの眺望が楽しめます。地元の人には人気の夜景スポットのようですが、観光客にはあまり知られていないので穴場かもしれません!首里城の周辺は夜景スポットが集まっていますが、どれも雰囲気や見える街並みが違うので、比較してみるのも面白いかもしれませんよ。

■基本情報
名称:寒川緑地
住所:沖縄県那覇市首里寒川町1
アクセス:沖縄自動車道那覇ICから車で約10分
地図:「寒川緑地」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→ここでしか味わえない!沖縄県で必ず食べるべきおすすめご当地グルメ10選!

→沖縄で必ず行きたい!おすすめ人気観光スポットランキングTOP10!

6. 遊戯施設なども豊富に揃った「海軍壕公園」

6. 遊戯施設なども豊富に揃った「海軍壕公園」
photo by sayaacaa   /   embedded from Instagram

琉球王朝の頃には、中国や薩摩からの船の入港を知らせる「ヒバンムイ」と呼ばれる場所があり、戦時中には日本海軍の司令部壕が置かれていました。現在は戦跡公園として整備され、一部が一般に公開されています。イベントなどを行う「お祭り広場」、ローラー滑り台や砂遊び広場がある「道具広場」などがあります。

公園内は非常に広く、夜景が楽しめるポイントがいくつかありますが、オススメは園内の一番高い場所にある「展望台」です。ここからは豊見城や那覇の街並みが臨めます。日中の景色も素敵なので、子供と一緒ならスリル満点のローラー滑り台で遊ぶのも楽しいですよ!

■基本情報
名称:旧海軍司令部壕事業所
住所:沖縄県豊見城市字豊見城236
アクセス:那覇空港から車で約15分
地図:「旧海軍司令部壕事業所」への地図

7. 那覇市の夜景を一望する「大石公園」

7. 那覇市の夜景を一望する「大石公園」
photo by oriiyuki   /   embedded from Instagram

週末の日中には多くの家族連れで賑わう公園で、ブランコや滑り台などのさまざまなアスレチック遊具が揃っている人気スポットが「大石公園」です。公園の中央部には小高い丘があり、階段で上がっていくと360度の視界が広がります。那覇の中心部からも近いので、那覇市の街並みの夜景をぐるっと見渡すことができますよ。

丘の上は街灯が少ないので、その分夜景がきれいに見られます。駐車場やベンチなどの設備が揃っているので、のんびりと夜景を楽しむのにピッタリです。毎年4月中旬には「ゆり祭り」が行われ、園内でヤギを飼育する珍しい公園。日中に子供と出かけても楽しめますよ。

■基本情報
名称:大石公園
住所:沖縄県那覇市識名1-22
アクセス:沖縄自動車道那覇ICから車で約10分
地図:「大石公園」への地図

8. 広大な園内の展望台から眺める「浦添大公園」

8. 広大な園内の展望台から眺める「浦添大公園」
photo by asuka.kinjo   /   embedded from Instagram

園内は「ふれあい広場ゾーン」・「憩いの広場ゾーン」・「歴史学習ゾーン」の3つに分かれている、総面積が約37haある巨大な公園が「浦添大公園」です。園内には遊具はもちろん、国や県の史跡・特別重要文化財などもあります。街に近い場所にありながら、森や川がある自然豊かな場所。

夜景観賞ができるのは、「ふれあい広場ゾーン」にある円形の展望台です。ここからは、浦添や宜野湾の街並みが360度のパノラマで楽しめます。この展望台の1階には、沖縄そばの専門店「いしぐふー」があります。営業は17時までですが、人気店のため売り切れ次第終了してしまいます。気になる方は日中に事前にお出かけしましょう!

■基本情報
名称:浦添大公園
住所:沖縄県浦添市伊祖115-1
アクセス:沖縄自動車道西原ICから車で約5分
地図:「浦添大公園」への地図

9. 普天間基地などを眺められる「嘉数高台公園」

9. 普天間基地などを眺められる「嘉数高台公園」
photo by hiru0722   /   embedded from Instagram

米軍の普天間基地を眺められる場所で、昼間には東シナ海まで臨める展望スポットとして有名なのが「嘉数高台公園」です。駐車場からはゆっくり歩いて5分ほどで展望台に到着します。長い階段が続きますが、その先には絶景が待っています!

公園があった場所は沖縄戦時中には激戦地で、展望台は世界平和を願う地球儀をイメージした造りになっています。ここで見えてくるのが、宜野湾市の街並みと普天間基地にあるオレンジ色に光る滑走路。遮るものがない360度の展望が楽しめる、県内でも有数の夜景スポットです。日中なら、遠くに北谷町や読谷村までも眺めることができますよ。

■基本情報
名称:嘉数高台公園
住所:沖縄県宜野湾市嘉数1-5
アクセス:沖縄自動車道西原ICから車で約15分
地図:「嘉数高台公園」への地図

10. 大きな観覧車から臨む夜景もまた格別「SKYMAX60」

10. 大きな観覧車から臨む夜景もまた格別「SKYMAX60」
photo by daheeofyou   /   embedded from Instagram

米軍基地の跡地を利用して作られた「美浜アメリカンビレッジ」。沖縄に訪れた方の多くが出かける一大リゾートで、レストラン・ショップ・映画館などがあります。ここでは、日が落ちると建物や周辺がライトアップされます。

美浜アメリカンビレッジ内のカーニバルパーク・ミハマには「SKYMAX60」という観覧車があるので、観覧車の中から夜景を見るのもまた格別に美しくおすすめですよ。こちらの観覧車は1周は約15分間あり、一番高いところは約60mあります。季節や時間帯によっても異なる景色を、ぜひ観覧車から覗いてみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:SKYMAX60
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜15-69
アクセス:沖縄自動車道沖縄南ICから車で約10分
HP:https://www.okinawa-americanvillage.com/
地図:「SKYMAX60」への地図

沖縄県の絶景の夜景を堪能しましょう!

いかがでしたでしょうか?観光やアクティビティとなかなかゆっくり時間が取れない沖縄旅行。そんなときにでも、あえて夜景を楽しむ時間を設けてみるのもいいのではないでしょうか?きっと楽しくて忙しかった一日をリセットできて、次の日も朝から活動的に行動できますよ。せっかく沖縄に来たのであれば、美しい夜景を見逃さないでくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者