温泉だけじゃない!魅力いっぱいの登別で人気のおすすめ観光スポット10選!

北海道を代表する温泉地といえば、登別温泉ですよね!温泉はもちろん、観光だって楽しみたい。登別は日本を代表するほどの人気観光地です!でも、実際どこに観光へ行ったらいいのと悩んでしまっている方はいませんか?今回はそんな方に、ぜひ行っておきたい10か所をご紹介します。温泉に入るだけじゃない、新しい登別温泉の楽しみ方どうぞお楽しみください。


1. まるで鬼が住む地獄のような風景「登別地獄谷」

1. まるで鬼が住む地獄のような風景「登別地獄谷」

「登別地獄谷」は登別温泉の源泉にもなっていて、様々な泉質の温泉が1日万トンも湧出しています。温泉街から3kmほど離れた場所にあり、火山の噴火活動によって作られた爆裂火口跡。至る所に温泉の湧出口や噴気孔があり、硫黄が噴きでています。その様子は、まさに鬼が住む地獄のよう。しかしこの自然がもたらす温泉が登別温泉の基になっていて、各旅館やホテルに給湯されています。

約600m遊歩道は、ゆっくり歩いて10分ほどで廻ることができます。緩やかな道なりなので、足に自信がない方でも安心です。5月~11月までは「鬼火の路、幻想と神秘の谷」というイベントが行われ、遊歩道がライトアップされます。春の花、夏の原生林の緑、秋の紅葉、冬の雪と、季節ごとに色を変える風景をぜひ見に行ってみませんか?

■基本情報
名称:登別地獄谷
住所:北海道登別市登別温泉無番地
電話番号:0143-84-3311

HP:http://www.noboribetsu-spa.jp/
地図:「登別地獄谷」への地図

2. 大迫力のクマを間近に見れる「のぼりべつクマ牧場」

2. 大迫力のクマを間近に見れる「のぼりべつクマ牧場」
photo by chinkun1016   /   embedded from Instagram

登別の温泉街から、標高550mの山頂までロープウェイに乗って約4分。そこには、たくさんのエゾヒグマが棲むのぼりべつクマ牧場があります。第1牧場にはオス、第2牧場にはメスがいて、大迫力のクマの姿やエサをねだる愛らしい姿のクマを見ることができます。また、クマではなく人間の方が檻に入って間近に観察できる「人間のオリ」も人気です。

世界でもここにしかないヒグマ専門の「ヒグマ博物館」では、骨格標本や習性・生態などヒグマに関するあらゆる資料約500点が展示されています。他にもアイヌ民族の生活用具などを展示する「アイヌ生活資料館」もあります。アイヌ文化を紹介する貴重な存在なので、ぜひ見ていきましょう。動物が好きならぜひ訪れてみてくださいね!

■基本情報
名称:のぼりべつクマ牧場
住所:北海道登別市登別温泉町224
電話:0143-84-2225

HP:http://www.bearpark.jp/
地図:「のぼりべつクマ牧場」への地図

3. 国内トップクラスに美しい湖「倶多楽湖」

2. 3. 国内トップクラスに美しい湖「倶多楽湖」
photo by janewyz33   /   embedded from Instagram

「倶多楽湖」は周囲約8km・直径約3kmの円形の湖で、支笏洞爺国立公園特別区域にあります。地図を見てもわかるように、真ん丸の形が面白いですよ。今から4万年前に、クッタラ火山の山頂部が陥没したことにより誕生したと考えられる淡水のカルデラ湖。流れ入る川も流れ出る川もないため、透明度は国内でもトップクラスを誇ります。あまりにきれいな湖水に驚くこと間違いなしです。

なんと水深20mほどまで肉眼で見渡せるとか。アイヌ語で「虎杖の群生する場所」、虎杖浜の湖を表す「クッタルシ・トー」が湖名の由来と言われます。湖畔にある「ルート350レイクキャビン」では、スワンボートや手漕ぎボートの貸し出し、5月中旬から7月下旬はヒメマス釣りが体験できます。季節ごとに変わる風景が楽しめ、冬期は凍結し湖面は氷に覆われます。四季の変化も楽しめる美しい湖に出かけてみてはいかがでしょう。

■基本情報
名称:倶多楽湖
住所:北海道白老郡白老町字虎杖浜
電話番号:0144-87-4233

HP:http://www.noboribetsu-spa.jp/
地図:「倶多楽湖」への地図

4. 火山活動によって出来た天然温泉!「大湯沼川の天然足湯」

4. 火山活動によって出来た天然温泉!「大湯沼川の天然足湯」
photo by robin.tw.jp   /   embedded from Instagram

大湯沼は火山が噴火をした時の爆裂火口跡で、沼底から130℃近い硫黄泉が湧出しています。この大湯沼から流れでる温泉の川が大湯沼川です。そんな大湯沼川探勝歩道を進んでいくと、途中に大正地獄があります。ここは大正時代に起こった小爆発によりできた小さな湯沼で、季節や条件によって湯の色が灰色や緑色に変化するそうです。さらに進むと、地形を生かした天然足湯に到着。源泉が川になって流れるうちにちょうどいい湯加減に。

遊歩道は階段や傾斜があるので、歩き疲れた足を気持ちよく癒せそう。腰を掛けてゆっくりできるようになっているので、自然の中でのんびり足湯が楽しめます。天然の足湯なので、その日の気温や川の水温によって温度が変わるのでご注意を。利用する場合は、足を拭く用のタオルがあると便利ですよ。天然の足湯を心行くまで堪能してくださいね!

■基本情報
名称:大湯沼川の天然足湯
住所:北海道登別市登別温泉町無番地
電話番号:0143-84-3311

HP:http://www.noboribetsu-spa.jp/
地図:「大湯沼川の天然足湯」への地図

5. 一日中遊べるテーマパーク!「登別マリンパークニクス」

5. 一日中遊べるテーマパーク!「登別マリンパークニクス」
photo by theyvonnieeco   /   embedded from Instagram

つり橋を渡ってニクス城の中に入っていくと、そこは水族館!「イーエスコー城」というデンマークに実在する城をモデルに造られ、登別マリンパークニクスのシンボル的建物です。入ってすぐに見えてくるのが、高さ8mの水槽。クリスタルタワーと名付けられた水槽内には、カラフルな熱帯魚たちが出迎えてくれます。他にも3種のタッチプールや寒流・暖流を再現した2つのトンネル状の水槽・アクアトンネル、北海道最大級のクラゲ水槽などがあります。珍しい爬虫類や両生類を展示する「陸族館」や、観覧車やメリーゴーランドなどが揃う「ニクスランド」という遊園地もあり、小さな子供も楽しめます。

イルカやアシカのショー、ペンギンパレードなども開催されるので、HPで時間をチェックしておくことをお忘れなく。ここには約400種20000匹もの生き物が生活しています。ぜひ、時間をかけてゆっくり見学していきましょう!

■基本情報
名称:登別マリンパークニクス
住所:北海道登別市登別東町1-22
電話:0143-83-3800
営業時間:9:00~17:00

HP:http://www.nixe.co.jp/
地図:「登別マリンパークニクス」への地図

6. 登別のご当地グルメを味わおう!「登別閻魔やきそば」

6. 登別のご当地グルメを味わおう!「登別閻魔やきそば」
photo by kumacho23   /   embedded from Instagram

初めての土地に出かけた際は、地元の名物も味わっていきたいですよね。実はまだ誕生して間もないですが、すでに登別を代表するグルメとして人気なのが「登別閻魔やきそば」。2015年4月に、市内の22店舗が参加してスタートした登別初のご当地グルメ。「北海道産小麦」、「閻魔大王指定の秘密のタレ」、そして「登別産または登別近郊の食材」を使用しているのが特徴です。「登別閻魔やきそば」のオススメのお店は、極楽通り商店街にある「温泉市場」。

ここの「登別閻魔やきそば」は、特製練り生七味を使い、自分好みに辛さを選べるのが特徴。濃厚な白ゴマと辛味のヤンニョムジャンのタレが、モチモチでコシのある極太の平打ち麺によく絡んでいてクセになる味わい。他にも新鮮な魚介を使った海鮮丼やザンギ、活貝の炭火焼きなど北海道のおいしいグルメが揃っています。美味しい北海道をたくさん食べてくださいね!

■基本情報
名称:北海道を食べよう!温泉市場
住所:北海道登別市登別温泉町50
電話:0143-84-2560
営業時間:11:30~20:30

HP:http://www.onsenichiba.com/index.html
地図:「北海道を食べよう!温泉市場」への地図

7. 源泉から自然に湧き出た温泉のみを利用!「夢元さぎり湯」

7. 源泉から自然に湧き出た温泉のみを利用!「夢元さぎり湯」
photo by maaai_17   /   embedded from Instagram

登別温泉は北海道を代表する温泉の1つで、その魅力は泉質の種類が豊富なこと。硫黄泉や鉄泉など9種ものお湯が、一日1万トンも湧き出しています。登別温泉には14ヶ所のホテル・旅館があり、それぞれに特徴を持った大浴場や露天風呂があります。宿泊しなくても日帰りで利用できるところも多いのです。

今回オススメしたいは、日帰り入浴専門施設の「夢元さぎり湯」。こちらは加温や加水を一切せず、源泉から自然に湧き出た温泉を浴槽に供給する「100%源泉掛け流し」なのです。泉質の1つである明礬泉はここ「夢元さぎり湯」でしか入れない珍しい温泉ですよ。この泉質は目の病に効果が期待できると言われています。いつでも新鮮な温泉が楽しめるので、登別に来たらぜひ入ってみましょう。

■基本情報
名称:夢元さぎり湯
住所:北海道登別市登別温泉町60
電話:0143-84-2050
営業時間(4月~10月):7:00~26:00
営業時間(4月~10月):7:00~21:00

HP:http://sagiriyu-noboribetsu.com/
地図:「夢元さぎり湯」への地図

8. 江戸時代の街並みを体験できるテーマパーク!「登別伊達時代村」

8. 江戸時代の街並みを体験できるテーマパーク!「登別伊達時代村」
photo by andriaia   /   embedded from Instagram

江戸時代の街並みを再現し、様々な体験をしたりショーなどを見学できるテーマパーク。園内で観劇できるのは屋内3ヶ所と屋外1ヶ所のステージ。どれも20分ほどの凝ったショーが展開されますが、なかでも屋外のステージ「忍者砦」で行われるのはアクション満載でダイナミックなもの。ぜひ見ておきたいですね。村内を歩けば、まるで江戸時代にタイムスリップしたような感覚に。

さらに気分を高めるために「うつろい館」で侍や忍者・舞妓さんの衣装を着て記念撮影はいかが?「体験道場」では、手裏剣投げや弓矢を体験できますよ。「忍者資料館」では、実際に忍者が使用していた忍び刀や手裏剣などの道具や関連資料を見ることができます。お土産には時代村の人気キャラクター・ニャンまげグッズをぜひ買っていきましょう!地上7mの火の見櫓型の展望台からは、村内の中心部が一望できます。記念にここから写真を撮るのを忘れずに。日本の文化に触れたいならぜひ訪れてみましょう!

■基本情報
名称:登別伊達時代村
住所:北海道登別市中登別町53-1
電話:0143-83-3311
営業時間(4月~10月):9:00~17:00
営業時間(11月~3月):9:00~16:00
定休日:年中無休
料金目安:大人(中学生以上)¥2900、子供¥1500、幼児(未就学児)¥600

HP:http://www.edo-trip.jp/
地図:「登別伊達時代村」への地図

9. 鬼をモチーフにしたイベントが盛りだくさん!「鬼像めぐり/閻魔堂」

9. 鬼をモチーフにしたイベントが盛りだくさん!「鬼像めぐり/閻魔堂」
photo byyukikoyyy119   /   embedded from Instagram

登別温泉には鬼のモニュメントがあります。その数は全部で11体!登別温泉の地獄谷から連想される鬼を、街のシンボルにしています。高さ18m、重さ18トンもある道央道・登別東IICの「歓迎鬼像」や、高さ5mの親鬼と2mの子供の鬼が手をつないでいる「親子鬼像」、愛嬌のある可愛らしい「湯かけ鬼像」などを巡りながら散策するのも楽しいかも。この鬼たちを束ねているのが閻魔様で、登別のメインストリート、極楽通り沿いにある閻魔堂にいます。

ここではカラクリを上演していて、1日に6回ある「地獄の審判」の時間になると、閻魔様の顔に変化が起こります!どのようになるのかは、見てのお楽しみ。そして毎年8月に行われる「登別地獄まつり」も、鬼にちなんだイベントの1つ。地獄谷から地獄の釜の蓋が開き、閻魔様が鬼を引き連れて登別温泉にやってくるという伝説をもとにしたお祭り。極楽通りを閻魔様が練り歩く姿を、ぜひ見に行ってみませんか?

■基本情報
名称:鬼像めぐり/ 閻魔堂
住所:北海道登別市内各所
電話:0143-84-3311

HP:http://www.noboribetsu-spa.jp/

10. 地獄谷観光の前に一休み出来る施設!「登別パークサービスセンター」

10. 地獄谷観光の前に一休み出来る施設!「登別パークサービスセンター」
photo kobayashi96   /   embedded from Instagram

地獄谷を見学する前に、ここに立ち寄ってみませんか?周囲の景観にマッチするような木造の山小屋風の外観で、内部は登別の総合案内所になっています。映像やジオラマを通して、登別を紹介もしてますよ。また季節ごとの情報や、パンフレットも。インターネット接続のパソコンもあるので、より詳しい情報も調べることができますね。施設内には周辺で撮影された鳥類や植物などの写真も展示されているので、ぜひ見てみましょう。

また、お土産コーナーや自販機、綺麗なトイレに、ちょっと腰掛けられる椅子なども用意されているので、地獄谷見学後の休憩場所としても利用できます。冬でも快適に散策できるように、無料で長靴の貸し出しも行っています。地獄谷の見学予定がある方は、素通りせずに必ず立ち寄りましょう!

■基本情報
名称:登別パークサービスセンター
住所:北海道登別市登別温泉町
電話:0143-84-3141

HP:http://www.bes.or.jp/
地図:「登別パークサービスセンター」への地図

北海道の登別温泉の観光を楽しもう!

登別には温泉に入るためだけに観光に行く人も多いのではないでしょうか。でもそれだけなんて勿体ないですよね!今回はそんな気分にさせてくれるようなスポットを中心に紹介しました。登別は昔ながらの温泉街の雰囲気が残り、その周辺には見どころやおいしいグルメもいっぱいな魅力溢れる町。せっかくいらしたのだったら、ちょっとのんびりしていきませんか?




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者