人気で選ぶならココ!登別温泉で憧れのおすすめホテル・旅館ランキング10選!

大昔からアイヌの人達が親しんでいた登別温泉。明治時代になり(1858年)、滝本金蔵が整備していったことから、今では北海道で1の温泉街と発展していきました。全11種類もの泉質があり、街中は硫黄の臭いが漂っています。一日で約1万トンもの温泉が湧き出していることもあり、ついた呼び名が「温泉のデパート」。地獄谷からもうもうと立ち上がる熱湯や水蒸気を遊歩道から間近で眺める事ができ、温泉街を散策するのも迫力満点です。今回はそんな登別温泉のおすすめホテル・旅館をご紹介していきたいと思います。


[sponsored link]

1. 登別の7種類もの泉質を楽しめるホテル「第一滝本館」

1. 登別の7種類もの泉質を楽しめるホテル「第一滝本館」
photo by tsaaaakii   /   embedded from Instagram

登別温泉の父とも言える滝本金藏の流れを汲むのが「第一滝本館」さんです。1858年、皮膚病に苦しむ妻を治すためにつくった温泉小屋でしたが、その効能に評判を呼び温泉旅館を経営し初めたのが登別温泉街及び第一滝本館あらましです。

その「第一滝本館」さんの特徴はやはり温泉。1,500坪にも及ぶ広々とした温泉に男女計35つもの浴槽には7種類の泉質、源泉掛け流しが勢揃い。全部はいるのには一泊では足りませんね。特に煙がモクモクと吹き上がる地獄谷を眺められる「熱の湯」は圧巻ですよ。

お子様には温泉プールもあって退屈しません。お料理は旬の素材や北海道の魚介類をつかった会席コース、ビュッフェが各種揃っていますので、ご予算ご用途に合わせてお選びいただけます。ぜひ登別温泉の神髄ともいえる第一滝本本館をご体験してみてください。

■基本情報
名称:第一滝本館
住所:北海道登別市登別温泉町55
電話番号:0143-84-2111
アクセス:登別駅からタクシーで約14分

HP:http://www.takimotokan.co.jp
地図:「第一滝本館」への地図

2. ローマ風の大浴場が圧巻!露天風呂のスケールも大きい「祝いの宿 登別グランドホテル」

2. ローマ風の大浴場が圧巻!露天風呂のスケールも大きい「祝いの宿 登別グランドホテル」
photo by hina_gram_   /   embedded from Instagram

登別グランドホテルさんの創業は1938年。もともとは海運会社が海外からのお客様を呼び込むためにつくられたホテルなので、随所に創業当時のモダンスタイルな様式が残っています。

一番の見所はやはりお風呂。ドーム状の天井が大きく広がる、ローマ風の大浴場は圧巻の一言。滝を眺める露天風呂もスケールの大きさに驚かされます。

お食事は部屋食かビュッフェを選ぶことができ、ビュッフェでは北海道の蟹はもちろんのこと、ステーキや天ぷらなど、その場で調理するお料理が好評です。祝の宿という名の通り、特別な日を過ごすためにはぴったりのホテルです。

■基本情報
名称:祝いの宿 登別グランドホテル
住所:北海道登別市登別温泉町154
電話番号:0143-84-2101
アクセス:登別駅からバスで約15分

HP:http://www.nobogura.co.jp
地図:「祝いの宿 登別グランドホテル」への地図

3. 白濁した硫黄泉が楽しめる!登別グルメの堪能も!「ホテル まほろば」

3. 白濁した硫黄泉が楽しめる!登別グルメの堪能も!「ホテル まほろば」
photo by sonrie_momentos   /   embedded from Instagram

登別温泉街のほぼ中央にある「ホテル まほろば」さん。館内には4つの泉質、31つの大浴場や露天風呂が揃い湯巡りも楽々です。一番大きな地下2階の大浴場は木々に囲まれた森のような環境で白濁した硫黄泉を楽しむことができます。

高層階、展望風呂付きの客室にひかれている温泉も白濁した硫黄泉なので、贅沢に独り占めするのも憧れますね。お食事はお部屋食の会席のほか、ビュッフェが好評で、カニや北海道食材の食べ放題のほか、中華のシェフがつくる本格点心など、さまざまなお料理をいただけますよ。

一泊だけでなく連泊して楽しんでほしい温泉リゾートです。

■基本情報
名称:ホテル まほろば
住所:北海道登別市登別温泉65
電話番号:0143-84-2211
アクセス:登別駅からバスで約15分

HP:http://www.h-mahoroba.jp
地図:「ホテル まほろば」への地図

4. スタイリッシュなスタイルが目を引くデザイナーホテル!「望楼NOGUCHI登別」

4. スタイリッシュなスタイルが目を引くデザイナーホテル!「望楼NOGUCHI登別」
photo by tamayan0307   /   embedded from Instagram

望楼NOGUCHI登別は昔ながらの温泉街にはめずらしいデザイナーホテル。全室50㎡以上、客室温泉付きのお部屋に、大浴場や岩盤浴、エステなど、スパ設備も充実。特に大浴場は白濁した温泉の白さが映えるモダンなスタイリッシュなデザインで、息を呑む美しさです。

お食事は創作会席で和洋にこだわらず北海道の旬のおいしいものを中心にいただくことができます。館内には本格的なバーやフリーのカフェ、ライブラリーなど施設も充実しているので、温泉以外の過ごし方も楽しめます。

従来型の温泉ホテルとは一線を画すリゾートライフをぜひご体験くださいね。

■基本情報
名称:望楼NOGUCHI登別
住所:北海道登別市登別温泉町200-1
電話番号:0143-84-3939
アクセス:登別駅からバスで約25分、足湯入口停留所より約1分

HP:http://www.bourou.com
地図:「望楼NOGUCHI登別」への地図

5. 貸切風呂がロマンティック!露天からは登別の星空も「登別石水亭」

5. 貸切風呂がロマンティック!露天からは登別の星空も「登別石水亭」
photo by yudian430   /   embedded from Instagram

登別温泉の中心からは少し離れた自然豊かで静かな場所に位置するのが「石水亭」さんです。「石水亭」さんの注目は屋上露天風呂。二棟の最上階には展望大浴場ジャグジーがあるので森に囲まれた絶景の中入浴することができます。

好評の貸し切り風呂も5カ所あるので、プライベートを気にせずゆったり楽しめますよ。夕食は、その場で調理してもらえるステーキや天ぷらなどライブ感があふれるバイキングか、お部屋食のお好きなスタイルでお選びいただけます。

屋上露天風呂から眺める満天の星は日帰り温泉では見ることができませんので、ぜひ宿泊してみてくださいね。

■基本情報
名称:登別石水亭
住所:北海道登別市登別温泉町203-1
電話番号:0143-84-2255
アクセス:JR登別駅からバスで約25分、足湯入口停留所より約1分

HP:http://www.sekisuitei.com
地図:「登別石水亭」への地図

6. シンプルな温泉ホテル。ビジネスにも最適!「滝本イン」

6. シンプルな温泉ホテル。ビジネスにも最適!「滝本イン」
photo by takimotoinn   /   embedded from Instagram

登別温泉の始まりを担った第一滝本館、その滝本本館の姉妹ホテルが「滝本イン」さんです。温泉旅館というと和室に豪華なお食事が常ですが、そのような雰囲気が苦手な方もおられますよね。

こちらはベッドとお食事を提供しているビジネスホテルのような設備。とはいってもやはり登別に来たのだから温泉は入りたい!ご安心ください、こちらのホテルは、本館の第一滝本館さんの温泉やプールに入り放題なんです。また滝本インさんの中にもこぢんまりとしながらも素晴らしい泉質の源泉掛け流しの浴場が用意されているので是非入浴してみてくださいね。

お食事は本館の豪華なお食事に比べると幾分質素ではありますがバイキングスタイルで、和食、洋食、中華など、バラエティなお食事が用意されています。海外の人やシンプルさを好む人にはとても好評のホテルです。

■基本情報
名称:滝本イン
住所:北海道登別市登別温泉町76
電話番号:0143-84-2205
アクセス:登別駅からタクシーで約14分

HP:http://www.takimotoinn.co.jp/
地図:「滝本イン」への地図

7. 一人旅に最適な登別のホテル「登別万世閣」

7. 一人旅に最適な登別のホテル「登別万世閣」
photo by poomdej   /   embedded from Instagram

登別温泉の入り口に位置する「登別万世閣」さんは、温泉ホテルではめずらしくシングルルームの設定があるので、一人旅の方にもおすすめできるホテルです。

温泉はもちろんグループやご家族連れでもご満足いただける大浴場に露天風呂で、掛け流しの硫黄泉をたっぷりとお楽しみいただけます。お食事はステーキ、刺身や蟹など、北海道の素材を中心としたバイキング形式でお腹いっぱいお楽しみいただけますよ。

グループはもとより、一人でも温泉旅館に泊まって見たいという方にもぴったりのホテルです。一人旅でホテルに悩んでいたら、こちらのホテルがおすすめですよ!

■基本情報
名称:登別万世閣
住所:北海道登別市登別温泉町21
電話番号:0143-84-3500
アクセス: JR登別駅からバスで約20分、足湯入口停留所より徒歩2分

HP:http://www.noboribetsu-manseikaku.jp
地図:「登別万世閣」への地図

8. 時代を超えて愛されている登別の温泉ホテル!「登別カルルス温泉 湯元オロフレ荘」

8. 時代を超えて愛されている登別の温泉ホテル!「登別カルルス温泉 湯元オロフレ荘」
photo by namara49_   /   embedded from Instagram

登別温泉街から北西7.5Kmの位置にある登別カルルス温泉は、大昔からアイヌの方達に知られていた秘湯でしたが、明治時代、このオロフレ荘を開いたことから始まり、現在では有名メーカの温泉の素の名前に使われたことから、全国に名だたる温泉として知られるようになりました。

こちらのオロフレ荘は100%源泉掛け流し。大浴場と露天風呂はもちろんのほか、シャワーや蛇口からでるお湯もすべて源泉掛け流しで、ふんだんとお湯を楽しむことができます。

お食事は蟹をメインにした蟹膳、北海道のブランド牛「白老牛」をつかったコースなど、食べたいお料理やご予算に合わせてお選びいただけます。全室12部屋の小規模な宿だからこそ実現するリラックスした滞在をご体験ください。

■基本情報
名称:登別カルルス温泉 湯元オロフレ荘 
住所:北海道登別市カルルス町7番地
電話番号:0143-84-2861
アクセス:登別駅よりタクシーで20分

HP:http://www.karurusu.jp
地図:「登別カルルス温泉 湯元オロフレ荘」への地図

9. シンプルな温泉が魅力!登別の景色を眺めながら「旅荘 いずみヴィラ」

9. シンプルな温泉が魅力!登別の景色を眺めながら「旅荘 いずみヴィラ」
photo by nonchamax   /   embedded from Instagram

登別駅から徒歩15分程度に位置する、「旅荘 いずみヴィラ」さんはでシンプルな旅をしたい人にはぴったりのホテル。お部屋にはトイレと浴室がありませんが、大浴場、露天風呂ともに源泉掛け流しでたっぷりお湯を楽しむことができます。

泉質は登別温泉郷とは異なる芒硝泉で、慢性関節炎にも良く効くそうです。お一人さまのシングルルームもあるので、一人旅の方にもおすすめできる、リーズナブルで気楽なホテルです。

お食事は北海道の旬の食材をふんだんに使った料理をいただけます。登別へお越しの際には、ここに泊まってみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:天然温泉 旅荘 いずみヴィラ 
住所:北海道登別市登別東町3丁目17-6
電話番号:0143-83-1331
アクセス:登別駅より徒歩15分

HP:http://www.izumi-noboribetu.com
地図:「天然温泉 旅荘 いずみヴィラ」への地図

10. 登別の大自然に囲まれた旅館「旅館 四季」

10. 登別の大自然に囲まれた旅館「旅館 四季」
photo by afurikamaimai   /   embedded from Instagram

登別温泉街から西へ車で10分、山のなかにポツンとあるのが「旅館 四季」です。こちらは昔ながらの小さな旅館。トイレ洗面室などはお部屋にはありませんが、古いながらも綺麗に手入れされているので、快適にすごすことができますよ。

温泉は白濁した硫黄泉。硫黄の匂いが立ちこめる濃度の高い湯。温泉の泥パックも楽しめるので美肌効果も抜群です。ご主人がつくる和食のお食事、朝夕付きで1人7150円からはとてもリーズナブルです。

ジャズが流れるアットホームな宿には、温泉犬として有名なケンタ君も待っているので、ぜひ会いにいってみてくださいね。

■基本情報
名称:北海道新登別温泉 旅館四季
住所:北海道登別市上登別町42番地28
電話番号:0143-84-3045

HP:http://shiki6yuuki.wixsite.com/
地図:「北海道新登別温泉 旅館四季」への地図

登別で素敵な旅館・ホテルに泊まろう!

いかがでしたでしょうか?ご紹介したどのホテルもさまざまこだわりがあって魅力的でしたね。登別温泉の泉質は9種類もあるので、1日では体験しきれません。もちろん温泉以外にも地獄谷やクマ牧場など迫力ある観光見所も沢山です。北海道といえば札幌や函館のイメージが強いかもしれませんが、ぜひこの機会に登別へ観光に訪れて、ゆっくりと湯巡りや観光をお楽しみください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



同じカテゴリの人気記事




この記事の著者