絶景に会いに行こう!阿蘇の魅力満載の人気のおすすめ観光スポットランキング10選!

2016年4月に起きた熊本地震で、甚大な影響を受けた阿蘇地域。しかし、着実に復興に向けて前進しています。名所旧跡に、寺社仏閣。温泉やアクティビティ。大自然を実感できる、素敵な場所がたくさんあります。そんな復興している阿蘇には魅力的な観光スポットがたくさんあります。今こそ阿蘇へ!新しい阿蘇の魅力を見つけに出かけませんか?


1. 阿蘇の景色を楽しみながら。「南阿蘇鉄道トロッコ列車」

1. 阿蘇の景色を楽しみながら。「南阿蘇鉄道トロッコ列車」
photo by nogunogukaori   /   embedded from Instagram

旧国鉄高森線を廃止しバスへの転換案が出されていたところ、地元の住民からの強い希望によって第三セクターの鉄道会社として1985年に誕生した南阿蘇鉄道。

しかし2016年4月に発生した熊本地震により、大きな被害を受けました。南阿蘇鉄道には全区間で10駅ありますが、その中の「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」は日本一長い駅名としても有名になりました。震災後は、比較的被害の少なかった高森駅~中松駅間の一部区間で運行を再開しています。

ぜひ体験してほしいのが、1日2往復するトロッコ列車の「ゆうすげ号」。2017年度は3月18日~11月30日の土・日・祝日、また、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み期間は毎日運行します。

小さな機関車を前後に連結した、可愛らしいトロッコ列車。山間に吹く爽やかな風を感じながら、阿蘇の景色を楽しんでみませんか?

■基本情報
名称:南阿蘇鉄道トロッコ列車
住所:熊本県阿蘇郡高森町大字高森1537-2(南阿蘇鉄道株式会社)
電話:0967-62-0058

HP:http://www.mt-torokko.com/
地図:「南阿蘇鉄道トロッコ列車」への地図

2. 抱きしめたくなるかわいさ!「阿蘇カドリー・ドミニオン」

2. 抱きしめたくなるかわいさ!「阿蘇カドリー・ドミニオン」
photo by pi_caaaa   /   embedded from Instagram

こちらでは、さまざまな動物たちとのふれあいが体験でき、楽しいショーも行われます。カドリー・ドミニオンとは「抱きしめたくなるような動物がたくさん居る場所」を意味しているそうで、その名前の通り可愛らしい動物たちがいっぱい!

30万㎡もの広大な敷地に、100種500頭羽以上の動物・鳥類などが生活しています。現在は2017年春の園内リニューアルに向けて、動物たちの観察方法やふれあい・体験などが新しくなるようです。

初めて行く方はもちろん、今までに行ったことがある方も充分楽しめる内容になりそう。その第1弾として2017年3月25日に「カピバラの池」がオープン。ここでは現在7頭飼育していて、あまりの可愛らしい姿に悶絶!

ショーも大人気で、テレビでもおなじみの宮沢トレーナーや2代目のジェームズが出演する「みやざわ劇場」は必見です。乗馬体験やミニブタレースなどもあり、子供と一緒に一日楽しめる施設です。ぜひ家族みんなでお出かけください!

→かわいい動物たちとふれあいを!九州で人気のおすすめ動物園10選!

■基本情報
名称:阿蘇カドリー・ドミニオン
住所:熊本県阿蘇市黒川2163
電話:0967-34-2020
営業時間(平日):9:30~17:00
営業時間(土日祝):9:30~17:30
定休日:2017年12月~2018年2月の火・水曜日 ※冬休み・祝日を除く
入園料:大人(高校生以上)¥2400 / 子供(小・中学生)¥1300 / 幼児(3歳以上)¥700

HP:http://www.cuddly.co.jp/
地図:「阿蘇カドリー・ドミニオン」への地図

3. 伝統ある神社に赴こう「阿蘇神社」

3. 伝統ある神社に赴こう「阿蘇神社」

2300年の歴史を持つ肥後国一之宮・阿蘇神社も、熊本地震により甚大な被害を受けました。楼門と拝殿・神殿・神幸門など、境内にあるほとんどの社殿は倒壊または損壊してしまいました。

特に重要文化財にも指定されていた2階建ての楼門は、江戸時代の末頃に建てられたもので高さ18mもありました。この楼門や還御門・神殿などの重要文化財に指定されているものは、国の補助を受けて復旧工事が始まっています。

しかし拝殿や御仮屋など文化財に指定されていないものについては、神社側が費用を負担しなくてはいけないようです。そのため広く一般からも寄付を受けて工事を行っていくようです。少なくとも工事終了までに7年~10年、20億円程度の費用が必要と言われています。

ですが、震災の影響が少なかった場所や工事を行っていない場所などは見学できますので、ぜひ訪れてみてください。10:00~15:00であれば、無料でガイド案内をしていただけます。以前の荘厳な姿に戻る日まで、応援していきたいですね!

■基本情報
名称:阿蘇神社
住所:熊本県阿蘇市一の宮町宮地3083-1
電話:0967-22-0064

HP:http://asojinja.or.jp/
地図:「阿蘇神社」への地図

4. 一面に咲くバラが美しい「はな阿蘇美」

4. 一面に咲くバラが美しい「はな阿蘇美」
photo by riki_n_riki   /   embedded from Instagram

花の中ではバラが一番好き!そんな方にオススメなのがこちら。春と秋の開花シーズンには、香り豊かなバラたちに囲まれる素敵な場所。

イングリッシュローズを中心に植えられている「ローズガーデン」と、西日本最大級の規模を誇り珍しい種類のバラも楽しめる「バラドーム」があります。その数は450種4000株と言われます。開花の時期に合わせてバラ祭りも行われます。

ショップにはバラを使ったグッズをはじめ、地元の特産品・はな阿蘇美オリジナル商グッズなども販売しています。実はここにあるレストランの評判がいいんです!阿蘇は水がおいしいことで知られていますが、その名水で育てた野菜やお米などももちろん美味しい。

そして阿蘇が誇る「あか牛」のメニューも多く、ステーキやローストビーフなどを丼でいただけます。カレーやハヤシと合わせたハンバーグも人気です。ドライブ途中の立ち寄りで、ふらりと訪れてみるのも楽しいですよ。ぜひお越しくださいね!

■基本情報
名称:はな阿蘇美
住所:熊本県阿蘇市小里781
電話:0967-23-6262

HP:http://www.hanaasobi.info/pc/
地図:「はな阿蘇美」への地図

5. 満開に咲く桜の木「一心行の大桜」

5. 満開に咲く桜の木「一心行の大桜」
photo by yoko.bell218   /   embedded from Instagram

熊本でも有数の桜の名所で、毎年20万人もの人が訪れます。熊本地震では付近の住宅が全壊するなどの被害がありましたが、この桜の木には大きな影響はなかったようです。

高さ14m・幹周りは7mほどある大きなもので、樹齢が400年以上のヤマザクラ。1580年、島津氏との戦で敗れた峯伯耆守惟冬(みねほうきのかみこれふゆ)と家臣たちの御霊を故郷で弔うために植えた菩提樹と言われます。古くから死者の魂を鎮めるために桜を植える風習があり、一心に行をおさめたことからこの名が付けられたそうです。

毎年4月上旬が開花のピークで、2016年は4月3日が満開でした。淡い薄紅色の花と、同時期に咲く黄色い菜の花のコントラストがとても印象的です。木の周囲をぐるっと囲むように木道が設けられているので、様々な角度から眺めることができます。

開花の時期に合わせて、一心行公園にて2017年3月25日~4月9日に「第20回南阿蘇桜さくら植木まつり」が開催されます。満開時にはライトアップされますので、幻想的な姿をぜひ目に焼き付けてください!

■基本情報
名称:一心行の大桜
住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松3240
電話:0967-67-1112(南阿蘇村役場企画観光課商工観光係)

HP(南阿蘇村役場HP):http://www.vill.minamiaso.lg.jp/
地図:「一心行の大桜」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→旨かモンが勢ぞろい!熊本でおすすめの絶品の名物ご当地グルメランキング10選!

→ここだけは外せない!九州でおすすめの人気観光スポット10選!

6. 阿蘇の良さを感じれる場所「草千里ヶ浜」

6. 阿蘇の良さを感じれる場所「草千里ヶ浜」
photo by makiblue115   /   embedded from Instagram

阿蘇を代表する風景の1つに挙げられる草千里ヶ浜。阿蘇五岳の1つ烏帽子岳北麓の火口跡に、78万5000㎡の大草原が広がっています。

窪地には水が溜まってできた池の周囲には牛や馬が放牧され、のどかな雰囲気が漂っています。4月~11月頃は乗馬体験も可能。雄大な阿蘇の景色は、見ているだけで癒されます。

特に鮮やかな緑が印象的な夏、一面が真っ白に包まれ幻想的な冬は一見の価値ありです。草千里ヶ浜の美しい風景を楽しむなら「ニュー草千里」がオススメです。阿蘇の大自然を一望する展望レストランでは、名産の「あか牛」を使ったステーキや丼、馬刺しやだんご汁など郷土料理が楽しめます。

またカフェでは牛乳やソフトクリーム、毎日オーブンで焼くパンが人気です。ドライブの途中にぜひ立ち寄っていきましょう。

■基本情報
名称:草千里ヶ浜
住所:熊本県阿蘇市永草2391-15(ニュー草千里)
電話:0967-34-0131
営業時間(レストラン):11:00~15:00 ※ラストオーダー14:00 
※阿蘇東登山道の一部は7:30~18:00のみ通行でき、それ以外の時間はゲート封鎖されます

HP:http://www.newkusasenri.com/
地図:「草千里ヶ浜」への地図

7. 体験アクティビティが豊富な施設「阿蘇ネイチャーランド」

7. 体験アクティビティが豊富な施設「阿蘇ネイチャーランド」
photo by kottsun_501   /   embedded from Instagram

阿蘇の大自然を、より身近に感じられる体験をしてみませんか?確かにのんびり景色を眺めてみるだけでも充分素敵ですが、自然の中で何かにチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

「阿蘇ネイチャーランド」では、熱気球やパラグライダー、ヨガ・スターウォッチングなど体験できる種類も豊富。人気のコースは早朝の熱気球。ロープで係留していますが、高さ40mまで上昇します。搭乗時間はわずか5分ほどですが、朝日を浴びた阿蘇の雄大な景色が眼下に広がります。

パラグライダーもオススメ!地上での練習後に単独飛行する半日体験コースの他、インストラクターとのタンデムコースもあります。子供も体験できるものもありますので、家族でのお出かけも◎。

もっと本格的なアクティビティを体験したい人には、キャニオニングやナイトトレッキングなどもありますよ。すべての体験は予約が必要で、天候・人数により催行されないものもあります。予約時に必ずチェックしましょう。

■基本情報
名称:阿蘇ネイチャーランド
住所:熊本県阿蘇市内牧1092-1
電話:0967-32-4196
営業時間(3月~10月):9:00~18:00
営業時間(11月~2月):9:00~17:00
定休日:木曜日(祝日は営業)

HP:http://www.aso.ne.jp/
地図:「阿蘇ネイチャーランド」への地図

8. 一年中楽しめるフルーツ園!「果実の国カップルズ」

8. 一年中楽しめるフルーツ園!「果実の国カップルズ」
photo by ronnienie   /   embedded from Instagram

一年を通して様々な果物狩りが体験できるのがココ!

12月初旬~5月初旬は「いちご」。高設栽培されているので、立ったままいちご狩りが楽しめます。さちのか・かなみひめ・おいCベリーの3品種がいただけます。

8月下旬~11月下旬はりんご。つがる・あきばえ・ふじ・ぐんま名月の4品種300本のりんごの木があり、次々と収穫時期を迎えます。

9月上旬~10月中旬は巨峰。阿蘇は昼夜の寒暖差が大きいので、ブドウ栽培に適した土地と言われます。

併設のカフェ「Couples」では、採れたての果物を使ったスイーツやドリンク類、新鮮な野菜を使ったイタリアンなどがメニューに並びます。特に人気の一品がアップルパイ。生地から全て手作りで、10年以上変わらないレシピで焼いています。いちごソフトクリームやリンゴの生絞りジュースなど、子供も喜ぶものもあるので家族連れにピッタリ。

果実の国カップルズの向かい側には「阿蘇観光さくらんぼ園」があり、九州でさくらんぼ狩りができるのはここだけ。阿蘇で果物狩りを楽しみたいなら、ここに行けば間違いなしです!

■基本情報
名称:果実の国カップルズ
住所:熊本県阿蘇市西町1003-3
電話:0967-34-0100
営業時間:9:00~17:00 ※時期により変更あり
定休日:果物狩りシーズン以外は不定休

HP:http://www.at-ml.jp/59687/
地図:「果実の国カップルズ」への地図

9. 家族におすすめ!なんでもあるテーマパーク!「阿蘇ファームランド」

9. 家族におすすめ!なんでもあるテーマパーク!「阿蘇ファームランド」
photo by one1._.ppnai   /   embedded from Instagram

癒し・スポーツ・宿泊・食事など、ここにいるだけで様々な体験ができる施設。年間400万人が利用する、「楽しく健康体験」をコンセプトにしたテーマパークです。

東京ドーム20個以上とも言われる広大な敷地には、小動物とのふれあいが楽しめる「ふれあい動物王国」、楽しみながら体を動かすことができる遊具が揃う「元気の森」、大浴場や岩風呂・寝湯・サウナなどさまざまな浴槽で温泉を楽しめる「阿蘇健康火山温泉」、モンゴルのゲルを思わせるドーム型のホテルなどがあります。

このホテルは幸い熊本地震の際に被害を受けなかったため、被災された地域の方に宿泊場所として提供されたことも。「元気の森」には日本最大級で全長80mの滑り台や巨大迷路、「ふれあい動物王国」にはカピバラやウサギなどにエサやり体験ができるので、子供連れにピッタリ。

また、ドーム型ホテルのドリームゾーンは、恐竜やくまモン・怪獣・いちごなどをテーマにした外観・内装になっているので子供が喜ぶこと間違いなしです。阿蘇でアクティブに過ごしたいファミリーにオススメの施設です。

■基本情報
名称:阿蘇ファームランド
住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽5579-3
電話:0967-67-2100
定休日:年中無休

HP:http://www.asofarmland.co.jp/

地図:「阿蘇ファームランド」への地図

10. 他にはない新鮮な温泉を楽しみたいなら!「日帰り温泉」

10. 他にはない新鮮な温泉を楽しみたいなら!「日帰り温泉」
photo by uoxou   /   embedded from Instagram

名湯揃いの熊本で、温泉に入るならどこにしますか?全国的にも有名な黒川温泉をはじめ、阿蘇周辺もいいお湯処が揃っています。そこでオススメしたいのが「わいた温泉郷」です。

これは、涌蓋山の麓に点在する「はげの湯」「岳の湯」「山川」「麻生釣」「地獄谷」「鈴ヶ谷」の6つの温泉地の総称です。

各温泉の集落は至る所から湯煙が立ち、その多くの旅館や温泉施設で噴き出す高温の蒸気を蒸し窯として利用しています。観光やドライブの途中にぜひ立ち寄ってみてほしいのが「はげの湯温泉 くぬぎ湯」。

コインタイマー式で、いつでも新鮮な温泉に入ることができます。内湯6棟と半露天が10棟あり、檜風呂や岩風呂などそれぞれ趣が異なる浴槽になっています。コインタイマー式の温泉のはいり方は

1.お風呂に栓をする

2.お金を入れる

3.お湯が貯まったらじっくり浸かる

4.お風呂の栓を抜く

と至って簡単です。新鮮な温泉がドバドバ注がれていき、5分もすれば浴槽いっぱいに。阿蘇の大自然を感じながら、極楽気分を味わいましょう!

敷地内には蒸気を利用した蒸し釜があり、入浴客は2時間無料で利用できます。卵とさつま芋は販売していますが、持ち込みもOK!ジャガイモやトウモロコシなど、好きなものを持参してみては?

■基本情報
名称:はげの湯温泉 くぬぎ湯
住所:熊本県阿蘇郡小国町西里2978
電話:0967-46-3222
営業時間:24時間
定休日:年中無休

HP:http://kunugiyu.com/
地図:「はげの湯温泉 くぬぎ湯」への地図

熊本の阿蘇に観光へ行こう!

熊本地震によって甚大な被害を受けた地域ですが、復興に向けて前進中です!以前の姿を知っている人はもちろん、初めて阿蘇を訪れる方にもぜひたくさんの場所を見てほしい。旅行に訪れることは、復興への第一歩。場所によっては閉鎖や工事中の個所もありますが、着実に前に進んでいる熊本県の「今」をぜひ感じ取ってくださいね!あなたがくるのをお待ちしております!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者