京都初心者のための京都観光の基本となる4つのポイント

日本人からだけでなく世界中から観光客を集める町、京都。
一歩足を踏み入れれば、歴史の重みを感じる建造物の数々、路地裏には心躍る商店や小料理屋が並びます。昔から脈々と続く店があたりまえのようにそこにあるのが、京都の大きな魅力。日本で最も行くべき場所の1つです。今回はそんな京都に初めて訪れる貴方のためにまず、押さえてほしい京都の基本をご紹介します。


1.京都という町と歴史について

1.京都という町と歴史について

日本の古都京都。この町は794年から1869年までの長い間、日本の首都でした。
そのため京都には今でもその当時の景色を色濃く残した場所が数多く、2000を超える神社、お寺、そして17の世界遺産があります。
特徴的ともいえるのが町の形。京都市内の中心地は碁盤の目状の形をしています。これは平安時代の区画整備がそのまま今も残っているもので、東西に延びる道は上から一条、二条と数が増えていく形になっています。南北に縦に延びる道の名前さえわかれば、京都に初めて行く人にも簡単に場所を探せてしまうのが特徴です。

烏丸通りから河原町通りまでをつなぐ「四条通り」

中でも必ず覚えておいてほしいのが、烏丸通りから河原町通りまでをつなぐ「四条通り」。
ここが京都の中心地です。デパートや銀行、カフェなど昼夜を問わずにぎやかな場所で、困ったときはここを目指せば何でも手に入ります。少し足を延ばせば「祇園」と呼ばれる歴史的な花街から世界遺産清水寺へ、途中にある鴨川でのんびりと過ごすなど、ここだけでも十分に楽しむことができます。もちろんその他にも京都は見所が沢山ある町ですが、まずはこの通りを覚えておきましょう。

2.京都のおすすめの移動手段

2.京都のおすすめの移動手段

京都にはバスや地下鉄、電車、タクシーなど様々な交通手段があります。
中でも初めての京都に訪れたあなたにおすすめするのはバスでの移動。京都はバスがとても多く走っているため手軽に利用でき、便利でお得です。JR京都駅のバスロータリーからは各観光地にバスが出ていますし、行先も〇〇寺のように観光名所の名前で書かれているのでわかりやすく、観光地をほぼカバーしています。
基本的には一回230円、バスを降りるときに料金を支払います。一日に三回以上利用する方は京都バス一日乗車券(500円)を購入すればお得に利用できます。乗車券はバスの運転手さんから購入したり、宿での購入、またJR京都駅前のロータリーなどで販売しています。
ただ注意すべきは春と秋。観光シーズンの渋滞で移動に時間をとられたくない人は電車を利用しましょう。

3.到着して早速観光したいのに荷物が!そんなあなたにおすすめサービス

3.到着して早速観光したいのに荷物が!そんなあなたにおすすめサービス

到着したばかりですぐ観光したいのに荷物が沢山あって大変、という方に是非活用してほしいのが、荷物のデリバリーサービス。お宿から駅へ、駅からお宿へ直接荷物を届けてくれるサービスです。旅行当日9時から14時までの旅館のチェックイン時間前に到着してしまった方にとってはとても便利なサービス。新幹線出口近くの八条口付近に受付があり、17時頃までにお宿に荷物を届けてくれます。価格は荷物1個につき750円です。

4.目的に合わせて上手に選びたい京都の宿

4.目的に合わせて上手に選びたい京都の宿

京都にはゲストハウスから超高級旅館まで様々な宿がありますが、常に人でにぎわっているため満室のところも多いです。どんな宿でも、できる限り事前に宿の予約をすることをお勧めします。では順にそれぞれの特徴を見ていきましょう。

ゲストハウスはドミトリーのところが多く価格は一人1800円~3000円前後。いろいろな国の人が多く滞在し交流の場としてもおすすめです。場所は駅から遠い場合もありますので事前に確認してください。

ビジネスホテルは一人7000円~15000円ぐらいの価格です。ビジネスホテルはアクセスが抜群によいものが多く、烏丸や河原町に多くあります。内装も京都らしい和風の場所も多いので十分に楽しめると思います。

旅館や外資系ホテルとなると価格は一人30000円~80000円。春や秋の繁忙期には1泊150000円程になるところも。日本の風情ある建物のなかで、日本最高レベルのおもてなしを体験することができます。

最近増えてきたものとしてはAirBnBという手段もあります。価格は7000円前後のものが多い印象ですが上手に探せば好物件がみつかるかもしれません。

さぁ、京都観光に出かけてみよう!

さて、いかがでしたでしょうか。今回は京都の基本情報をお伝えしました。
旅行の目的やご予算に合わせて、魅力あふれる町、京都を堪能してみてください。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者