新潟の観光名所といえばココ!定番から穴場までおすすめな人気スポット10選!

日本列島のほぼ中心に位置し、日本海に面した新潟県。東京方面から上越新幹線を使えばアクセスも簡単です。新潟といえばお米の産地、雪国、というイメージがありますが他にも魅力たくさんがあるんです。美しい自然の風景に温泉、日本海の新鮮な魚介や、美味しいお米と水から造られたお酒、昔からの観光名所から最近の新しいスポットまで、新潟のおすすめスポットを10選ご紹介致します。旅行で訪れた際にぜひ参考にしてみて下さいね。


1. 迫力あるイルカショーは必見!新潟の人気観光スポット!「新潟市水族館マリンピア日本海」

1. 迫力あるイルカショーは必見!新潟の人気観光スポット!「新潟市水族館マリンピア日本海」
photo by pkmn128   /   embedded from Instagram

2013年にリニューアルした、日本海側で有数の規模の大きな水族館です。新潟の里山や田んぼを再現した「屋外展示新潟フィールド」や、日本海に生息する魚類の水槽など地元に密着した展示が多いのが特徴で、様々な大きさの魚が泳ぎ幻想的な雰囲気です。

特に人気は一日に数回行われるイルカショーです。輪くぐりやキャッチボール、ジャンプなど迫力あるショーを間近で見ることができ、イルカ好きにはたまりません。またトドを間近で見れたり、ヒトデやナマコに触れることもできるので記憶に残る体験になると思います。ぜひ足を運んでみてください。

■基本情報
名称:マリンピア日本海
住所:新潟県新潟市中央区西船見町5932-445
TEL:025-222-7500
営業時間:9:00~17:00
定休日:3月第1木曜・年末年始
アクセス:白山駅より車で9分
料金:大人1500円 / 小人600円 / 幼児200円

HP:http://www.marinepia.or.jp/
地図:「マリンピア日本海」への地図

2. マンガやアニメの魅力を体験!新潟のサブカルスポット!「新潟市マンガ・アニメ情報館」

2. マンガやアニメの魅力を体験!新潟のサブカルスポット!「新潟市マンガ・アニメ情報館」
photo by yu_beartist   /   embedded from Instagram

実は新潟県は著名な漫画家の出身地であり、マンガがテーマのスポットがたくさんあるんです。「新潟市マンガ・アニメ情報館」は、マンガの体験プログラムが充実のマンガミュージアムになっています。

マンガの世界の中でキャラクターと一緒に遊べるゲーム、マンガ・アニメの製作工程を映像で見たり、アニメ作品の声優体験などをすることができます。企画展示(有料)もありますし、マンガ・アニメ好きならきっと楽しめますよ。近くの商店街ではマンガのキャラクターの銅像が建っていますので散策しながら探してみて下さいね。

■基本情報
名称:新潟市マンガ・アニメ情報館
住所:新潟県新潟市中央区八千代2-5-7
TEL:025-240-4311
営業時間(平日):11:00~19:00
営業時間(土日祝):10:00~19:00
定休日:1月1日
アクセス:新潟駅より徒歩約12分

HP:http://museum.nmam.jp/
地図:「新潟市マンガ・アニメ情報館」への地図

3. 新潟の絶景を見るならここのスポットへ!「Befcoばかうけ展望室」

3. 新潟の絶景を見るならここのスポットへ!「Befcoばかうけ展望室」
photo by machinokoichiro   /   embedded from Instagram

新潟駅から車で7分程度の場所にある、朱鷺メッセ31階にある展望室で、地上125mという日本海側随一の高さから眺望を楽しむことができます。新潟市はもちろん、信濃川、五頭連峰、佐渡島などの景色を360度の大パノラマで眺めることができます。

ここの施設はなんといっても入場無料なのがすごいところです。夕方に行って日本海に沈む夕日を見るのもよし、夜ご飯を食べてから夜景を見に行くのもいいですね。ショップではお菓子の「ばかうけ」のキャラクターグッズなんかも販売されています。新潟にお越しの際にはぜひお越し下さい。

■基本情報
名称:Befcoばかうけ展望室
住所:新潟県新潟市中央区万代島5-1 万台島ビル31階
TEL:025-240-1511
営業時間(金以外):8:00~22:00
営業時間(金曜日):8:00~17:00
定休日:不定休
アクセス:新潟駅より車で7分

HP:https://www.hotelnikkoniigata.jp/
地図:「Befcoばかうけ展望室」への地図

4. 新潟の美味しいが詰まった観光スポット!「日本海フィッシャーマンズケープ」

4. 新潟の美味しいが詰まった観光スポット!「日本海フィッシャーマンズケープ」

古くから北国街道の海辺の宿場町として栄えた柏崎、その町にある「日本海フィッシャーマンズケープ」は日本最大級の魚市場で、日本海で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類が並べられており、ホテルも併設されている複合型施設になります。

見ているだけでも楽しめますし、買い物はもちろん、その場で自分で選んだものを食べられるイートインコーナーやレストランもありますので、美味しい新鮮な魚介にぜひ舌鼓を打って下さいね。

特に新潟県のご当地グルメ、さばサンドはぜひ押さえておきたい一品です。また敷地内にある「恋人岬」は日本海に囲まれた断崖の岬で、ここに設置されている柵に恋人同士カギをつけると将来幸せに結ばれるという恋愛成就のスポットになっています。一度訪れてみてくださいね!

■基本情報
名称:日本海フィッシャーマンズケープ
住所:新潟県柏崎市青海川133-1
TEL:0257-22-4910(日本海鮮魚センター本店)
アクセス:青梅駅より徒歩約20分

HP:http://www.nfcnet.co.jp/
地図:「日本海フィッシャーマンズケープ」への地図

5. 新潟県の雄大な自然を鑑賞する「阿賀野川ライン舟下り」

5. 新潟県の雄大な自然を鑑賞する「阿賀野川(あがのがわ)ライン舟下り」

阿賀野川は福島県との県境にほど近い場所にある、川下りが有名な川です。4月中旬~11月下旬は舟下り50分コースが運航され、新緑や紅葉に輝く山々を、12月上旬~4月上旬には雪見舟40分コースが運航され、まるで山水画のような景観をそれぞれ楽しむことができます。

船頭さんの独特の口調による語りと舟歌を聴きながら美しい雄大な自然をたっぷりと鑑賞して下さい。また曜日限定ですが、SLに乗って阿賀野川を楽しむこともできます。周辺にはラジウム泉で有名な「五頭温泉郷」、美人の湯として名高い「月岡温泉」もありますので合わせてお楽しみください。

■基本情報
名称:阿賀野川ライン舟下り
住所:新潟県東蒲原郡阿賀町白崎4131(白崎乗船場)
TEL:0254-99-2121(道の駅阿賀の里)
アクセス:三川駅より徒歩約16分

HP:http://aganosato.web.fc2.com/
地図:「阿賀野川ライン舟下り」への地図

6. 越後屈指のパワースポット!新潟に来たら寄るしかない!「彌彦神社」

6. 越後屈指のパワースポット!新潟に来たら寄るしかない!「彌彦神社(やひこじんじゃ)」

万葉集の歌にも詠まれた古い歴史をもつ神社で、霊峰弥彦山のふもとにたっています。県内で一番のパワースポットで仕事運向上の強いご利益があるとされ、全国各地から訪れる参拝客は年間約250万人にものぼります。

境内は荘厳な雰囲気で、参道には「火の玉石」という2つの石が置かれており、願いを思い浮かべながら石を持ち上げるとその願いが実現に向かうパワーを授かるといわれていますのでぜひお試しください。

またロープウェイに乗って山頂まであがると山頂には「御神廟(ごしんびょう)」という弥彦神社の奥宮があり、縁結びのご利益があるとされています。山頂から晴れた日はとてもきれいな景色を眺めることができますよ。

■基本情報
名称:越後一宮 彌彦神社
住所:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
TEL:0256-94-2001
アクセス:弥彦駅より徒歩約15分

HP:http://www.oyahikosama100nen.com/
地図:「越後一宮 彌彦神社」への地図

7. ほろ酔い気分で満喫!新潟の美味しい日本酒をいただく「ぽんしゅ館」

7. ほろ酔い気分で満喫!新潟の美味しい日本酒をいただく「ぽんしゅ館」
photo by machaki_aloha   /   embedded from Instagram

新潟の南に位置する温泉街、越後湯沢の新幹線の駅改札を出ればすぐそばにある「ぽんしゅ館」。こちらでは新潟越後の全ての酒蔵、ワイン、梅酒の利き酒をすることができるというお酒好きにはたまらないスポットとなっています。

まずは入口で500円支払い、お猪口とコイン5枚をもらい、その後ずらりと並んだ試飲マシンからコインを入れて好みのお酒を注ぎ試飲、気に入ったものがあれば購入することができるという仕組みになっています。米の販売や、米菓子、醤油のテイスティングもできますのでお酒に興味がない方でも楽しめます。

ほろ酔いで美味しい名物を食べたり、美肌効果があるという酒風呂に入ると幸せな気分に浸れそうですね。ただくれぐれも酔っ払い過ぎて怪我をしたりしないようお気をつけ下さい。新潟のおすすめ観光スポットです!

■基本情報
名称:ぽんしゅ館
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427-3
TEL:025-784-3758
営業時間(4月〜12月中旬):9:00~18:00
営業時間(12月下旬〜3月):9:00~20:00
定休日:無休
アクセス:越後湯沢駅より徒歩すぐ

HP:http://www.ponshukan.com/
地図:「ぽんしゅ館」への地図

8. 新潟の自然を感じながらのんびりとハイキングを楽しむ観光スポット「妙高高原」

8. 新潟の自然を感じながらのんびりとハイキングを楽しむ観光スポット「妙高高原」

日本の百名山に選ばれた豊かな自然が魅力の妙高高原は、初心者でも気軽にハイキングが楽しめると多くのハイカーが訪れています。笹ヶ峰一週歩道という約10km、約2時間半でのどかな風景と清々しい清水をのんびり眺めながらハイキングができるコースが特におすすめです。

牛がのんびりと放牧されている「笹ヶ峰牧場」、平成の名水百選に選ばれた「宇棚の清水」、その水が流れ込みイワナやニジマスが泳ぐ「清水ヶ池」などがみどころになっています。夏の緑、秋の紅葉と、季節ごとに受ける印象がまるで変わるので、つい何度でも足を運びたくなる魅力があります。渓谷内には日本の滝百選に選ばれた迫力ある「苗名滝」や温泉街もあります。ぜひ寄ってみてください。

■基本情報
名称:妙高高原
住所:新潟県妙高市大字田口291-1(妙高市観光協会)
TEL:0255-86-3911(妙高市観光協会)
アクセス:妙高高原より徒歩すぐ(妙高市観光協会)

HP:http://www.myoko.tv/
地図:「妙高高原」への地図

9. 歴史が眠る炭鉱ゾーンを探検しよう!新潟の人気観光スポットといえばここ!「史跡佐渡金山」

9. 歴史が眠る炭鉱ゾーンを探検しよう!新潟の人気観光スポットといえばここ!「史跡佐渡金山」
photo by daikiyamaguchi88   /   embedded from Instagram

新潟の北側、日本海にぽっかりと浮かぶ佐渡島は日本海最大の島で、北から南まで変化に富んだ風景や町並みが広がっています。新潟港などから片道約1時間~2時間半船に乗船して訪れることができます。

佐渡のおすすめスポットの一つである佐渡金山は近世において日本最大の金銀山で多くの人々が働き、その恩恵を受け佐渡島は栄えていました。佐渡金山の史跡では江戸時代~平成元年まで採掘されていた日本最大級の鉱山跡を探検することができます。

全4コースのうち予約なしで巡れるのは2コースで、約30~40分史跡を散策しながら眺めることができます。トロッコのレール跡や炭鉱夫のリアルな人形が置かれていたりして、ちょっとした冒険気分で当時の雰囲気を味わうことができます。新潟県が誇る観光スポットです。

■基本情報
名称:史跡佐渡金山
住所:新潟県佐渡市下相川1305
TEL:0259-74-2389
営業時間(4月~10月):8:00~17:30
営業時間(11月~3月):8:30~17:00
定休日:無休
アクセス:両津港から車で1時間

HP:http://www.sado-kinzan.com/
地図:「史跡佐渡金山」への地図

10. トキの美しい姿に癒される。新潟の美しい風景を楽しむ観光スポット「トキの森公園」

10. トキの美しい姿に癒される。新潟の美しい風景を楽しむ観光スポット「トキの森公園」
photo by suminao   /   embedded from Instagram

佐渡といえばトキ、というぐらい有名な鳥で、国の特別天然記念物に指定されていますが実は日本産のトキは十数年前に絶滅してしまいました。今日本にいるトキは外国産のものですが美しい姿はそのままで、繁殖に成功し数が増えているそうです。

「トキの森公園」ではそのトキに出会える場所で、佐渡でぜひ訪れて欲しい場所の一つです。「トキふれあいプラザ」内ではトキが飛翔可能な大型ゲージがあり、運が良ければマジックミラー越しにわずか数センチの距離までトキに近づくことができます。

特にエサの時間がおすすめで生き生きとしたトキの様子を垣間見ることができるかもしれません。また「トキ資料展示館」ではトキの保護に関するパネル、映像資料、剥製・骨格標本などが展示されています。一度は訪れてほしい、そんな観光スポットです。

■基本情報
名称:トキの森公園
住所:新潟県佐渡市新穂町長畝383-2
TEL:0259-22-4123
営業時間:8:30~17:00
定休日:無休(12~2月は月曜休園)
アクセス:両津港から車で約20分

HP:http://tokinotayori.com/
地図:「トキの森公園」への地図

新潟県のおすすめ観光スポットへいって、魅力を満喫しよう

新潟のおすすめスポット10選いかがでしたか?新潟県は広いので一度に全てを観光するのは大変かもしれませんが、場所ごとに違った特色があるので時間があれば色々な所を巡ってみて下さい。夏は海水浴やキャンプ、冬はスキーを楽しむこともできますし、上記のお勧めの場所とセットで訪れるのもいいかもしれません。是非ここ新潟へ観光に訪れてみてください!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者