人生で一度は行くべき!滋賀県で絶対におすすめな人気観光スポット10選!

関西に位置する滋賀県。ここは、日本一の大きさを誇る湖「琵琶湖」が有名ですよね!そんな琵琶湖がある滋賀県には他にもたくさんの観光スポットがあります。今回は関西地方の滋賀県へ観光や旅行に訪れた際にぜひとも足を運んでいただきたいおすすめ観光スポットランキング10選をご紹介します!一度来たら忘れられない思い出になりますよ。


1. 滋賀県で”今”大人気な観光スポット!「彦根城」

1. 滋賀県で”今”大人気な観光スポット!「彦根城」

重要文化財の天守閣や各櫓を擁し、姫路城、松本城、犬山城、松江城とともに国宝に指定されている「彦根城」。江戸時代に築城しました。保存状態も良好で、下屋敷の庭園や内堀・中堀などに当時の面影を残しており、歴史を感じながらじっくり散策するのもおすすめです。

屋形船で彦根城のお堀を遊覧できるプランや人力車で彦根城周辺を観光出来るプランもあり、歩くだけではわからない四季折々の彦根城の魅力を発見できることでしょう。毎日三回彦根城域に登場する大人気の彦根市マスコット、「ひこにゃん」のパフォーマンスにも注目です。滋賀県の定番スポットです!

■基本情報
名称:彦根城
住所:滋賀県彦根市金亀町1‐1
TEL:0749‐22‐2742
営業時間:8:30~17:00
定休日:無
アクセス:彦根駅より徒歩15分

HP:http://www.hikoneshi.com/
地図:「彦根城」への地図

2. 情緒ある和舟で周遊を楽しむ。滋賀県人気観光スポット「八幡堀」

2. 情緒ある和舟で周遊を楽しむ。滋賀県人気観光スポット「八幡堀」

近江商人の発展とともに江戸時代後期には大津と並んで、大きな役割を果たした「八幡堀」。埋め立てや汚染の危機にも瀕してきましたが、地元の方々の熱心な活動により、今では滋賀を代表する観光地の1つとなりました。堀に沿い、白壁の土蔵や旧家が立ち並ぶ風情ある風景に当時の賑わいを感じることが出来ます。

船着き場も復元され、趣ある日牟禮八幡宮の大鳥居や白雲橋を臨む景色は、時間を忘れさせてくれることでしょう。和舟の周遊コースもあり、白壁の土蔵が立ち並ぶ情緒ある景色とともに春には桜、夏には柳、秋には紅葉、冬には雪景色と四季折々の風景を楽しむことが出来ます。滋賀県では外せない観光スポットです。

■基本情報
名称:八幡堀巡り
住所:滋賀県近江八幡市大工町27
TEL:0748‐33‐5020
営業時間(春・秋):10:00~15:30
営業時間(夏):10:00~16:00
営業時間(冬):10:00~15:00
定休日:不定休
料金:大人¥1000 / 小人¥500(小学生未満無料)
アクセス:近江八幡駅より車で10分

HP:http://www.oumi-waden.com/
地図:「八幡堀巡り」への地図

3. 天台宗の祖最澄が開創した1200年もの歴史を持つ「比叡山延暦寺」

3. 天台宗の祖最澄が開創した1200年もの歴史を持つ「比叡山延暦寺」

最澄により開かれた1200年もの歴史を持つ「比叡山延暦寺」。東塔、西塔、横川の3つのエリアがあり、500ヘクタールもの広大な敷地に150程の堂塔が点在しています。国宝や重要文化財を数多く所有し、世界文化遺産にも指定されました。

延暦寺の発祥と言われる東塔は、アクセスもよく、見どころも多いので、たくさんの参拝客で賑わい、入母屋造りの国宝「根本本堂」に安置されている秘仏の「薬師如来立像」は最澄の作と伝えられています。

見どころは「不滅の法灯」。最澄の時代より、織田信長に焼き討ちにされたときに一時絶えたものの、山形県の立石寺に分灯していたものを移して現在も絶えることなく灯り続けてきました。1200年もの間人々を見守り続けてきた歴史ある法灯です。

■基本情報
名称:比叡山延暦寺
住所:滋賀県大津市坂本本町4220
TEL:077‐578‐0001
アクセス:坂本ケーブル延暦寺駅より徒歩15分

HP:http://www.hieizan.or.jp/
地図:「比叡山延暦寺」への地図

4. 滋賀県の大自然を味わえる場所。「メタセコイヤ並木」

4. 滋賀県の大自然を味わえる場所。「メタセコイヤ並木」
photo by ryuichitange   /   embedded from Instagram

読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」にも選定されたマキノ高原へと続く「メタセコイヤ並木」。500本ものメタセコイヤが2.4㎞に渡って続く並木道は、春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪花と季節折々の美しい表情を見せてくれます。日本でも大人気だった韓流ドラマ「冬のソナタ」の情景に似ていると評判になったことがきっかけで多くの人々が訪れる大注目の観光スポットになりました。

特に秋の紅葉、冬の雪景色は滋賀を訪れたなら一度は見たい絶景です。滋賀県へお出かけの祭には、ぜひここの自然を堪能してください。

■基本情報
名称:メタセコイヤ並木
住所:滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野
TEL:0740‐33‐7101(びわ湖高島観光協会)
アクセス:マキノ駅よりバスで約6分

HP:http://www.takashima-kanko.jp/
地図:「メタセコイヤ並木」への地図

5. 琵琶湖の絶景と山遊びを楽しむ。「びわ湖バレイ」

5. 琵琶湖の絶景と山遊びを楽しむ。「びわ湖バレイ」

日本最大の湖「琵琶湖」。「びわ湖バレイ」は、そんな琵琶湖の眺望とともに楽しめる様々なアクティビティ、レストラン、カフェなどを擁した複合施設です。眼下に広がる琵琶湖の絶景とともに、標高1100mのスリルを味わえるアスレチック「スカイウォーカー」や、木の間に渡したワイヤーを一気に滑り、琵琶湖の絶景に向かって飛び出すように疾走する「ジップライン」など、ここでしか楽しめないアクティビティが用意されています。

特に眺望の素晴らしい「びわ湖テラス」がおすすめ。薪の暖炉が設置されたテラスカフェや水盤のある広々としたテラスで、びわサーモンなど滋賀のローカル食材にこだわったメニューを味わえます。日常を忘れて、琵琶湖の絶景を独り占め、四季折々の琵琶湖をじっくりと堪能してください。

■基本情報
名称:びわ湖バレイ
住所:滋賀県大津市木戸1547‐1
TEL:077‐592‐1155
アクセス:志賀駅よりバスで10分

HP:http://www.biwako-valley.com/
地図:「びわ湖バレイ」への地図

6. レトロさと新しさが融合した滋賀県の街並み「黒壁スクエア」

6. レトロさと新しさが融合した滋賀県の街並み「黒壁スクエア」

長浜に今も残る古い街並み「黒壁スクエア」。明治の頃より「黒壁銀行」の愛称で親しまれた古い銀行を改装した「黒壁ガラス館」をはじめ、古建築をいかしたノスタルジックな街並に、高感度でお洒落なカフェやレストラン、ギャラリー、お土産屋さんが軒を連ねています。

「黒壁体験教室」では吹きガラスやステンドグラス、トンボ玉、そしてジェルキャンドル等の創作体験もできます。旅の思い出づくりにもぴったりです。日々の喧騒を離れ、ゆっくりと時間が流れるレトロな風景に、心も癒されます。滋賀県でぜひとも行ってほしい観光スポットです。

■基本情報
名称:黒壁スクエア
住所:滋賀県長浜市元浜町12‐38
TEL:0749‐65‐2330
アクセス:長浜駅より徒歩5分

HP:http://www.kurokabe.co.jp/
地図:「黒壁スクエア」への地図

7. 山間の隠里で忍者体験。日本の文化に触れられる観光地「甲賀の里 忍術村」

7. 山間の隠里で忍者体験。日本の文化に触れられる観光地「甲賀の里 忍術村」
photo by oceankingworrior   /   embedded from Instagram

甲賀忍者発祥の地にある忍術に特化したテーマパーク「甲賀の里 忍術村」。鈴鹿山麓の山間にあり、昔ながらの忍者の隠れ家の雰囲気満点です。手裏剣道場や石垣登り、綱渡り、水蜘蛛などが体験できる忍者道場もあり、レンタルの忍者服を着て本物の忍者になった気分でアトラクションが楽しめます。

秘密の抜け道や隠し戸などがある貴重な「からくり忍者屋敷」は実在した甲賀忍者の子孫、藤林家の旧家屋です。忍術三大秘伝書「万川集海」や各流派の手裏剣、水器、火器など忍者の代表的な武具を収集展示している「甲賀忍術博物館」は、忍者の資料では世界一の資料数を誇ります。忍者になりきってみませんか?

■基本情報
名称:甲賀の里 忍術村
住所:滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394
TEL:0748‐88‐5000
入村料:大人¥1030 / 中高生¥820 / 小人¥730 / 幼児¥520
アクセス:甲賀駅より無料送迎バスあり

HP:http://koka.ninpou.jp/
地図:「甲賀の里 忍術村」への地図

8. 滋賀県の伝統工芸品。最先端の信楽焼に出会える「陶芸の森」

8. 滋賀県の伝統工芸品。最先端の信楽焼に出会える「陶芸の森」
photo by nobu_imamu   /   embedded from Instagram

狸の置物でも有名な日本六古窯の1つ「信楽焼」。室町・桃山時代以降茶道の隆盛とともに、素朴な中にも日本人特有の繊細な感覚、「わび」「さび」を表現した「茶陶信楽」として多くの文化人に愛されてきました。

「陶芸の森」は、陶芸専門の美術館や信楽焼のギャラリーとショップ、国内外のアーティストが滞在制作する創作研修館などを備え、信楽焼の町として「陶芸」をテーマとした公園です。陶芸体験の講座も開催されており、広大な信楽の自然の中で、信楽焼の魅力、アートを五感で体感することが出来ます。最先端の信楽焼に出会えるのもアーティストが滞在創作している「陶芸の森」ならではの体験ですよ。

■基本情報
名称:滋賀県陶芸の森
住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188‐7
TEL:0748‐83‐0909
開園時間:9:30~17:00
休園日:月曜(月曜祝日および振替休日の場合はその翌日)
入園料 無料
アクセス:信楽駅より徒歩20分

HP:http://www.sccp.jp/
地図:「滋賀県陶芸の森」への地図

9. 1200年の歴史ある美肌の湯。滋賀県でゆっくり過ごせる観光スポット「おごと温泉」

9. 1200年の歴史ある美肌の湯。滋賀県でゆっくり過ごせる観光スポット「おごと温泉」
photo by i.camera.coo   /   embedded from Instagram

天台宗の祖、最澄によって開かれたといわれる「おごと温泉」。おごと温泉近くの法光寺にある念仏池からは地下水が絶え間なく湧き出し、この水を飲むと病もすぐに癒え、池の泥を塗れば皮膚病や湿疹が治るとの言い伝えが発祥とされており、1200年もの長きに渡って、湯治の郷として多くの人々を癒してきました。

身体への刺激が少ない泉質で、肌の弱い方や妊婦さんも安心して入浴できる温泉です。政府登録国際観光旅館「湯元館」には、湯巡りを楽しめる7つの温泉とともに、近江牛の会席料理が味わえるプランもあります。入浴後に滑らかな肌を実感できる伝統の「美肌の湯」をぜひ「おごと温泉」で体験してみてください。

■基本情報
名称:琵琶湖 おごと温泉 湯元館
住所:滋賀県大津市苗鹿2丁目30‐7
TEL:077‐579‐1111
アクセス:JR湖西線おごと温泉駅より車で5分

HP:http://www.yumotokan.co.jp/
地図:「琵琶湖 おごと温泉 湯元館」への地図

10. 滋賀県が誇る地酒をいただける場所「太田酒造」

10. 滋賀県が誇る地酒をいただける場所「太田酒造」
photo by tsubasakko   /   embedded from Instagram

天下の銘酒と人々に賞味されてきた清酒「道灌」は江戸城の築城に携わった太田道灌を先祖に持つことにちなみ、生まれたお酒です。太田家はかつて水陸交通の要所として栄えた草津で、3代将軍徳川家光の頃より、代々関守を務めてきました。

「太田酒造」は草津宿で古くからこの地を治めてきた歴史を持つ太田家が約130年前より創業を始めた由緒ある酒造です。趣のある白壁の「道灌蔵」では、道灌公ゆかりの品を所蔵するギャラリーや酒造の見学、銘酒の数々も試飲も出来ます(要予約)。やや甘口で濃厚な味わいの「渡船」をはじめとする伝統の美酒をぜひ味わってみてください。

■基本情報
名称:草津本社 道灌蔵
住所:滋賀県草津市草津三丁目10‐37
TEL:077‐562‐1105
アクセス:草津駅より徒歩13分

HP:http://www.ohta-shuzou.co.jp/
地図:「草津本社 道灌蔵」への地図

滋賀県でおすすめ観光スポットを巡ろう!

いかがでしたでしょうか?今回は滋賀県へ観光に来たならばぜひとも行ってほしいおすすめ観光スポットを10選ご紹介しました。関西地方では京都や大阪、そして兵庫県などに比べるとなかなか訪れる機会が少ないかもしれません。ですが。ココ滋賀県には観光スポットをはじめ、美味しいグルメも揃っています!ぜひ一度滋賀県へ観光に行ってみてくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者