京都の体験といえばコレ!憧れの舞妓体験の流れとオススメ店!

祇園界隈を歩いていると、ときたま、舞妓さんや芸妓さんを見かけることがあります。そのはんなりとした言葉遣いや、仕草に女子なら誰でも憧れてしまうはず。そんな舞妓さんになる体験を気軽にできちゃうんです。化粧をしてお着物を合わせて、街を歩けばもう気分は舞妓さん。綺麗な写真を撮ったり、人力車に乗ったり。舞妓さん気分で京都を楽しんじゃいましょう。舞妓さんはもちろん、京都には花魁や侍など、いろいろな仮装を体験することができますよ。


1. 外国の方も日本の方も楽しめる。祇園で舞妓さんになりきってみよう「舞妓体験の流れ」

1. 外国の方も日本の方も楽しめる。祇園で舞妓さんになりきってみよう「舞妓体験の流れ」

舞妓体験と言ってもどんなことしているの?と思っているあなたに一般的な舞妓体験の流れをご紹介します。

①予約をして入店

まずはお店を予約しましょう。予約はインターネットでも電話でもできますよ。当日時間になったら、お店に訪問。さぁ舞妓体験の始まりです。

②まずは舞妓さんメイク

お店の専属のメイクさんに舞妓さんのメイクをまずしてもらいます。

③お着物選び

何種類もあるお着物の中から好きなものを選びます。その後、お店のスタッフさんに着付けをしてもらいます。

④写真撮影。大事な記念に

スタジオで、舞妓さん姿で写真撮影。なりきってポーズをとりましょう。

⑤祇園の街を散策へ

舞妓さんの格好をして祇園の街を散策。観光客から写真を頼まれてしまうかも。

⑥着替え終了

濃い化粧もスッキリ落として元の状態に戻してくれます。

2. 舞妓体験のできるお店

2. 舞妓体験のできるお店

いかがですか?舞妓体験、とっても楽しそうでしょ。その中でも、評判の良いお店を幾つかご紹介します。

「夢工房」

舞妓体験STUDIO夢工房は数ある舞妓体験のできるスタジオの中でも、写真補正ができるお店です。自然で雰囲気のある写真に丁寧に仕上げてもらえるのが魅力。舞妓さんだけでなく男性も和装でき、新撰組などになれます。祇園にももちろん京都駅前など京都に4店舗あるので、お好きな場所を選んで体験していただけます。

■基本情報
名称:夢工房 祇園店
場所:京都府京都市 東山区花見小路通新門前上る中之町244-1 花見会館汀館(みぎわかん)5F
TEL:075-533-8133
アクセス:祇園四条駅より徒歩7分

HP:http://www.kyoto-oiran.com/shop/gion.html
地図:「夢工房 祇園店」への地図

「ぎをん 彩」

とにかくここはロケーションが良いので、周囲の環境を活かした散策がしやすいです。お店は昔ながらの町屋造りで、お店に一歩入った瞬間から舞妓気分を味わうことができます。かつてお茶屋さんだった場所だそうで、その中で舞妓さんらしい写真を撮ることができます。お化粧に使われる化粧品も、実際の舞妓さんが使用してるものを使用しています。

■基本情報
名称:ぎをん 彩
場所:京都市東山区祇園下河原町499
TEL:075-532-6666
営業時間:9:00〜17:00
アクセス:祇園四条駅より徒歩10分

地図:「ぎをん 彩」への地図

「心一花雫」

ここは半かつら(地毛を活かしたヘアメイク)が追加料金なしでも体験できることで定評のお店。より自然に仕上がりますし、かつらで頭がいたい、なんて悩みも少し減らせるかもしれません。また散策にカメラマンさんやスタッフさんも同行してくれるので、町屋の風景の中で本格的な写真を撮りたい方にオススメです。もともと京町屋のお茶屋さんを改装した素敵なお店で、ぜひ舞妓さん体験をしてみてくださいね。

■基本情報
名称:心一花雫
場所:京都府京都市東山区宮川筋3丁目273
TEL:075-533-0075
営業時間:9:00~17:00
アクセス:祇園四条駅より徒歩2分

HP:http://www.maiko-maiko.com/
地図:「心一花雫」への地図

「ゆめみる夢」

あまり時間のない、お手軽に舞妓体験をしたい方にはこちらのお店がおすすめです。お化粧、着付けをして、散策10分と写真2枚のついた「クイックプラン」は所要時間1時間45分程度。京都の魅力を他にも欲張って楽しみたい、そんなあなたには、ぴったりのお店。他にもたくさんプランがありますので、ぜひご自身の予定にあった最適なプランをお選びください。

■基本情報
名称:ゆめみる夢
場所:京都市東山区大和大路通四条下る東入小松町555-17-4
TEL:075-541-7069
営業時間:9:00〜17:30
アクセス:京都駅より車で約15分

HP:http://www.yumemiruyume.com/
地図:「ゆめみる夢」への地図

あなたも舞妓さんになってみよう!

いかがでしたでか?あなたも舞妓さん姿になって、京都の街を楽しく歩いてみてください。もちろん好みに合わせて花魁や侍姿もオススメです。変身して気分はきっともうすっかり京都人、はんなりした仕草も身についちゃうかもしれませんね。普段とはまた違った角度で京都を見てみるともっと京都を好きになれると思います。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者