定番から穴場まで!沖縄の美しすぎる人気のおすすめビーチ10選!

沖縄らしい、青い海と青い空の風景。沖縄の他に、どこに行けば出会えるのでしょうか?沖縄県には魅力ある島がたくさんあり、その数だけ極上のビーチもあります。沖縄本島と周辺離島を中心に、アクセスが良く行き易いのに美しい砂浜のあるビーチを厳選しました。どこも美しい海に綺麗な砂浜があり、おすすめですよ!沖縄旅行の際に、ぜひ立ち寄ってみてください。


[sponsored link]

1. 沖縄本島から日帰りで行ける島!「阿波連ビーチ」

1. 沖縄本島から日帰りで行ける島!「阿波連ビーチ」
photo by mnr1109   /   embedded from Instagram

那覇市内にある泊港から、高速船・マリンライナーとかしきなら35分で到着する渡嘉敷島。2014年3月には「慶良間諸島国立公園」に指定され、世界的にも有名になりました。特にケラマブルーと呼ばれる海の青さは印象的。慶良間諸島の中の渡嘉敷島にある「阿波連ビーチ」は、弓なりに弧を描くように800mほどの砂浜が続く美しいビーチ。

透明度が高くサンゴ礁もあるので、シュノーケリングにも最適。沖に出れば、バナナボートやシーカヤックなどのマリンスポーツもできちゃいます。夏のシーズンにはマリンショップがオープンするので、トイレやシャワーなどの心配もなし!沖縄本島から日帰りもできるので、ちょっと泳ぎに!なんてこともできますね。ビーチ脇から長い階段を上がっていくと、眼下に阿波連ビーチを眺められる展望台があります。ぜひその絶景を目に焼き付けてください。

■基本情報
名称:阿波連ビーチ
住所:沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連
電話:098-987-2321(渡嘉敷村役場)

HP:http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/(渡嘉敷村役場HP)
地図:「阿波連ビーチ」への地図

2. 島から望めるサンセットと星空が自慢!「瀬底ビーチ」

2. 島から望めるサンセットと星空が自慢!「瀬底ビーチ」
photo by koiwa24   /   embedded from Instagram

全長762mの瀬底大橋を渡れば、そこは瀬底島。人口1000人にも満たない、周囲8kmほどの小さな島。橋が架けられたことで車での移動がしやすくなったため、気軽に行ける離島として人気です。一年を通して多くの観光客が訪れ、特に夏のシーズンは賑わいを見せます。瀬底ビーチの特徴は、1km近くにわたって続く、サラサラのパウダー状の白砂の天然ビーチ。沖縄本島周辺のビーチではトップクラスの透明度を誇り、カラフルな魚たちに出会える絶好のシュノーケルスポットでもあります。

駐車場やシャワーなどもあるので、子供と一緒でも安心ですね。実は、瀬底島はサンセットと星空も自慢の島。海で思いっきり楽しんだら、静かになった夕暮れのビーチで遠くに見える伊江島を眺め、夜には満天の星を見上げる。そんな1日のスケジュールを組んでみてはいかがですか?

■基本情報
名称:瀬底ビーチ
住所:沖縄県国頭郡本部町字瀬底5750
電話:0980-47-3641(もとぶ町観光協会)

HP:http://www.motobu-ka.com/(もとぶ町観光協会)
地図:「瀬底ビーチ」への地図

3. 沖縄美ら海水族館のすぐ近く!「エメラルドビーチ」

3. 沖縄美ら海水族館のすぐ近く!「エメラルドビーチ」
photo by richi_nm7   /   embedded from Instagram

沖縄本島で人気ナンバーワンの観光施設と言えば、海洋博公園内にある「沖縄美ら海水族館」。同じ海洋博公園内にあるのがエメラルドビーチ。「遊びの浜」「憩いの浜」「眺めの浜」の3つに分かれ、それぞれに特徴が違います。とにかく、どこを切り取っても絵になる風景が広がります。環境省が選定した「快水浴場百選」や、水質検査では常にAAクラスと最高評価を受け、海のキレイさもお墨付き。

また青空に映えるまぶしいほどの白砂は、ぜひ見ておきたい景色。パラソルや浮き輪などのレンタルもでき、駐車場ももちろん完備。残念ながらシュノーケリングは禁止のため、のんびりと過ごしたい方にオススメ。特に小さい子供と一緒のファミリーにピッタリ。「眺めの浜」には正面に伊江島が眺められ、サンセットも素敵。「沖縄美ら海水族館」と併せて、ぜひお出かけしたいビーチです。

■基本情報
名称:名称:エメラルドビーチ
住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424(海洋博公園内)
電話:0980-48-2741(海洋博公園管理センター)

HP:http://oki-park.jp/(海洋博公園内HP)
地図:「エメラルドビーチ」への地図

4. 美しい砂浜が広がる無人島「ナガンヌ島」

4. 美しい砂浜が広がる無人島「ナガンヌ島」
photo by ____hrn.___   /   embedded from Instagram

正しくは慶伊瀬(けいせ)島という名前が付いていますが、一般には「ナガンヌ島」と呼ばれる小さな島。慶良間諸島のチービシ環礁にあり、ナガンヌ島と神山島・クエフ島の3つの島で構成されています。サンゴの欠片や貝殻でできた砂浜が広がり、島の周辺はサンゴ礁に囲まれています。沖縄本島から船でたった20分、そこにはとびっきりのビーチが待っています。各旅行会社でも事前に予約できますが、当日でもボートシュノーケリングやドラゴンボートなどのマリンスポーツの体験も可能。食べ物は島への持ち込みができないので、島内のダイニングテラスを利用します。

軽食やドリンク類が揃い、ショップでは日焼け止めやビーチサンダルなどの購入もできます。日帰りの方が多いですが、実は島のコテージに宿泊することも可能。渡り鳥の一種アジサシの繁殖地、またウミガメの産卵地でもある自然豊かな島。静かに海と夜空を眺めるのも素敵ですよ。

■基本情報
名称:ナガンヌ島
住所:沖縄県島尻郡渡嘉敷村
電話:098-860-5860

HP:http://www.nagannu.com/
地図:「ナガンヌ島」への地図

5. 夏でも冬でも楽しめる島!「水納島」

5. 夏でも冬でも楽しめる島!「水納島」
photo by xx.cnm_07   /   embedded from Instagram

沖縄本島から高速船に乗って、15分。三日月形の島はクロワッサンアイランドと呼ばれ、人口は40人ほど、周囲が約4kmのとっても小さな島です。島の周りにはサンゴ礁があり、クマノミやチョウチョウウオなどのかわいい魚にも出会える確率大です!この青い海を目指して、年間6万人もの観光客が訪れます。シーズン中の7月~9月は、全ツアープランにビーチパラソルやバーベキューのランチが付いていてお得。

さらに、シュノーケリングやパラセーリング・バナナボート・クリアカヤックなどもオプションで追加できます。夏はもちろんですが、ここは冬だって楽しめます。1月~3月には、遭遇率98%というホエールウォッチングが人気。伊江島沖に繁殖のためにやってくるザトウクジラを間近に見られるチャンスです!ログハウス型の宿泊施設があるので、もちろん泊まることも可能。波の音を聞きながら、夕暮れから星空までをゆっくり待つ。そんな休日を過ごしてみませんか?

■基本情報
名称:水納島
住所:沖縄県国頭郡本部町字瀬底6229
電話:0980-47-5572

HP:http://www.minna-beach.com/
地図:「水納島」への地図

6. 真っ白なビーチで至福なひとときを!「伊江ビーチ」

6. 真っ白なビーチで至福なひとときを!「伊江ビーチ」
photo by shoko19860322   /   embedded from Instagram

「タッチュー」と呼ばれる高さ172mの城山(ぐすくやま)がシンボルの伊江島。周囲約22km、人口は約5000人の離島。本部港から船に乗って約30分で到着します。島ラッキョウや落花生、紅芋などを栽培する農業が盛んなのどかな島。また4月下旬に行われる「伊江島ゆり祭り」は、島の一大イベント。村の花でもあるテッポウユリ20万球100万輪が咲き、たくさんの観光客で賑わいます。島の南東側にある伊江ビーチは、真っ白な砂浜が1kmにもわたり続く美しいビーチ。真っ青な海の向こうに水納島や瀬底島も望め、とにかく景色がバツグン。

ビーチ入場とトイレやシャワーなどの利用は有料ですが、設備も揃っていて安心。ビーチ以外の見どころも多いので、日帰りだと勿体ないかも?ホテルや民宿に泊まって、ゆっくり楽しんでほしい島です。

■基本情報
名称:伊江ビーチ
住所:沖縄県国頭郡伊江村東江前
電話:0980-49-2906(伊江村役場商工観光課)

地図:「伊江ビーチ」への地図

7. ロマンティックな星空を眺めて過ごせる島「古宇利ビーチ」

7. ロマンティックな星空を眺めて過ごせる島「古宇利ビーチ」
photo by veronica_traveler   /   embedded from Instagram

2005年に出来た全長約2kmの古宇利大橋を渡る前から見えてくる景色に、ワクワクが止まらない!島へと続く真っすぐな橋の上からも青い海が両側に見え、ビーチまでの道のりが待ちきれなく感じます。古宇利島にはいくつかビーチがありますが、イチオシは「古宇利ビーチ」。橋を渡り島に入ってすぐ見えてくる、白砂のビーチですす。

近くには駐車場もあり、トイレやシャワー・マリングッズのレンタルと設備の面も問題なし。サラサラのパウダーサンドの砂浜と遠浅の海は、小さな子供連れでも楽しめます。泳がなくても、ただ景色を眺めるだけでも十分すぎるくらい。古宇利島には最近おしゃれなカフェも増え、星空のきれいな場所としても有名。ゆっくり島時間を過ごしていきませんか?

■基本情報
名称:古宇利ビーチ
住所:沖縄県今帰仁村古宇利
電話:0980-56-2101(今帰仁村役場)

HP:http://www.nakijin.jp/(今帰仁村役場HP)
地図:「古宇利ビーチ」への地図

8. BBQ、そしてマリンスポーツが楽しめるビーチ!「美々(びび)ビーチいとまん」

8. BBQ、そしてマリンスポーツが楽しめるビーチ!「美々(びび)ビーチいとまん」
photo by na311_o   /   embedded from Instagram

那覇市内や空港からも近いのでアクセスも良く、白い砂浜が印象的な人口のビーチ。2006年に出来た、沖縄本島でも新しいのが特徴です。遊泳エリアにはクラゲ防止ネットが設置され、ライフセイバーが常駐していて何かと安心。シュノーケルはできませんが、サラサラの白い砂浜は、子供にとって砂遊びに最適。パラソルやサマーベッド・浮き輪のレンタルもできるので、水着さえあれば大丈夫!

沖合ではシュノーケルやパラセーリングの体験も可能。BBQだってできちゃいます。有料ですが広い駐車場やトイレ・シャワーもあり、青い海を思いっきり満喫できます。グループなら、ビーチサッカーやビーチバレーのコートとボールレンタルがあるので、ぜひみんなでチャレンジしてみては?

■基本情報
名称:美々(びび)ビーチいとまん
住所:沖縄県糸満市西崎町1-6-15
電話:098-840-3451

HP:http://bibibeach.com/
地図:「美々(びび)ビーチいとまん」への地図

9. 世界に認められた美しさ「古座間味ビーチ」

9. 世界に認められた美しさ「古座間味ビーチ」
photo by jk.fc   /   embedded from Instagram

沖縄本島から高速船に乗って約50分で到着する座間味島にある、慶良間諸島でもトップクラスの人気を誇るビーチ。ミシュランのグリーンガイドジャポンで二つ星を獲得した、世界にも認められた美しさ。波打ち際からほんの少し泳ぐだけで、浅瀬にはサンゴ礁がありカラフルな魚にも出会えます。あまり泳がなくてもたくさんの魚が見られるので、子供と一緒でも嬉しいですね。ライフジャケットやフィン・マスクなどはレンタルもできます。

島の周辺海域はウミガメの産卵地になっているので、運が良ければシュノーケルでもウミガメに遭遇できちゃうかも?ビーチにはパラソルが並び、南のリゾートの雰囲気ですね。遠くに見える渡嘉敷島を眺めながら、ぼーっと過ごすのもいいかも。マリンショップも多く、トイレ・シャワー・売店などもあるので安心です。人気の高いビーチなので、夏はかなり混雑します。10月頃でも泳げるので、少し時期をずらして静かなビーチを独り占めしてみては?

■基本情報
名称:古座間味ビーチ
住所:沖縄県島尻郡座間味村座間味1743
電話:098-987-2277(座間味村役場観光案内所)

HP:http://www.vill.zamami.okinawa.jp/(座間味村役場観光案内所)
地図:「古座間味ビーチ」への地図

10. 天然の水族館が楽しめる!「新原ビーチ」

10. 天然の水族館が楽しめる!「新原ビーチ」
photo by yasu_as.m   /   embedded from Instagram

沖縄本島南部では、一番有名なビーチ。空港から車で40分ほどの近さなのに、海の透明度の高さに驚くかも。遠浅で広い砂浜があり、波も穏やか。海水浴はもちろんですが、ビーチバーベキューやグラスボートが人気。遊泳期間以外に訪れたなら、ぜひグラスボートに乗ってみましょう。船の底がガラスになっていて、覗けばそこは天然の水族館。カクレクマノミやルリスズメダイなどが見られるかも?ベストシーズンに訪れたなら、バナナボートやマリンジェットなどのマリンスポーツも満喫しましょう。

近くの岩場では小さな魚やカニなども見られるので、小さな子供と一緒に磯遊びも楽しめます。パラソルやチェア・浮き輪などのレンタルもでき、もちろんトイレ・シャワーも完備。那覇市内に宿泊してビーチを楽しみたいなら、このビーチを目指して出かければ間違いなし!

■基本情報
名称:新原ビーチ
住所:沖縄県南城市玉城百名
電話:098-948-1103(有限会社みーばるマリンセンター)

HP:http://www.mi-baru.com/(有限会社みーばるマリンセンター)
地図:「新原ビーチ」への地図

沖縄の美しいビーチでゆったりしよう!

この風景を見たら、写真に収めておきたいビーチばかり。確かに、形に残る写真は、後から見返すこともできるので、思い出が鮮明に蘇りますよね!でも、せっかくいらしたのでしたら、まずは自分の目にしっかりと焼き付けてほしいと思います。真っ白な砂浜にどこまでも続く青く美しい沖縄の海。ここでしか出会えない、あなただけのとびっきりのビーチを探しに行きませんか?

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



同じカテゴリの人気記事




この記事の著者