極楽気分で疲れを癒す!沖縄でおすすめの温泉施設10選!

日本各地で楽しめる温泉。北海道や長野県・大分県・静岡県など、温泉が有名な場所がたくさんあります。でも、さすがに沖縄県には無いと思っていませんか?実は沖縄にも温泉があるんです!他の都道府県と比べると圧倒的に数は少ないのですが、それだけ貴重ともいえます。そこで沖縄で入れるおすすめの温泉や温浴施設、スパなど、ゆったりお湯を楽しめる場所をご紹介します。


1. 旅行の疲れを癒してポカポカ温まる「琉球温泉 龍神の湯」

1. 旅行の疲れを癒してポカポカ温まる「琉球温泉 龍神の湯」
photo by yama_ddd   /   embedded from Instagram

那覇空港からすぐの「瀬長島」は、離発着する飛行機の撮影ポイントとして有名な場所です。そして、2015年にウミカジテラスというショッピングスポットや瀬長島ホテルが誕生してから、ますます人気が高まってきました。

そんな瀬長島ホテルの中にある「琉球温泉 龍神の湯」は、瀬長島の地下1000mから毎分500Lも湧き出す天然温泉です。ナトリウム-塩化物強塩泉の泉質は、体を温めてくれる効果が高く、観光で歩き疲れた後にはピッタリです!

「金龍の湯」と「銀龍の湯」に分かれていて、日替わりで男女入れ替えとなっています。それぞれに岩風呂や壺湯・寝湯・サウナなど、異なった雰囲気が楽しめるので、宿泊して2日間かけて両方とも入るのがベストです!

昼間なら青い海の向こうに慶良間諸島を望む景色、夕方には素晴らしい夕景が広がる眺望の良さも自慢です。那覇空港から出発する前に、ぜひ立ち寄ってみてください!

■基本情報
名称:琉球温泉 龍神の湯
住所:沖縄県豊見城市字瀬長174-5(琉球温泉 瀬長島ホテル内)
電話番号:098-851-7167
営業時間:6:00~24:00
定休日:年中無休
料金目安[大人]:平日1330円 / 土日祝1540円
料金目安[小学生]:720円
HP:http://www.senagaspa.jp/
地図:「琉球温泉 龍神の湯」への地図

2. 眺望抜群で絶景が望める「天然温泉さしきの 猿人の湯」

2. 眺望抜群で絶景が望める「天然温泉さしきの 猿人の湯」
photo by sharonlee0126   /   embedded from Instagram

「ユインチホテル南城」にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」では、ろ過や加温・加水をしない源泉かけ流しのお湯を楽しむことができます。この温泉の特徴は、約500万年前と約5400万年前の異なる時代の地層からそれぞれ湧出した温泉が、地上に湧き出る途中で自然にブレンドされた珍しいものという点です。

お湯は少し茶褐色で、冷え性や疲労回復の効果が高い温泉だと言われています。展望風呂や薬湯・サウナなどがあるので、少し時間をかけてのんびりとボディケアをしていきましょう。

またホテルが高台にあるので、お風呂からの眺望も抜群です。昼間は南城市の街並みと青い海、夜には夜景や星空を楽しむことができます。また、ここには温泉ソムリエがいるので、温泉の知識や効果・正しい入浴方法なども教えてもらうことができますよ。

→海と街の絶景が広がる!沖縄で人気のおすすめ夜景スポット10選!

■基本情報
名称:天然温泉さしきの 猿人の湯
住所:沖縄県南城市佐敷字新里1688(ユインチホテル南城内)
電話番号:098-947-0112
営業時間:7:00~23:00
定休日:年中無休
料金目安[大人]:1650円
料金目安[小学生]:750円
HP:http://www.yuinchi.jp/
地図:「天然温泉さしきの 猿人の湯」への地図

3. とにかく温泉でまったり過ごしたい方は「うちな~ゆ」

3. とにかく温泉でまったり過ごしたい方は「うちな~ゆ」
photo by manabuubuu   /   embedded from Instagram

沖縄の人気温泉施設「うちな~ゆ」は、とにかく一日中お風呂に入ることを楽しみたい方にオススメなお風呂屋さんです。

ミネラルやカルシウムをたっぷり含んだサンゴをお湯に入れた「白湯」や、ラベンダーやワイン・アロエなど日替わりでお湯が変わる「イベント風呂」、熱せられた岩塩がマイナスイオンや遠赤外線を大量に放出することで血行促進・疲労回復に効果が期待できる「遠赤岩塩サウナ」など、種類が豊富なので一日居ても飽きません。

こちらにはレストランもあるので、昼食や夕食もここにいれば問題なし!沖縄ならではの定食や麺類、ビールや泡盛などのアルコールやおつまみも充実しています。月曜日のレディースデイや平日の10時~10時30分までの入館の早割が、950円と割引価格なので、タイミングが合えばとってもお得です。マッサージやエステ・あかすりなどのボディケアもできますよ。

■基本情報
名称:うちな~ゆ
住所:沖縄県島尻郡南風原町字宮平3-3
電話番号:098-888-2228
営業時間:10:00~23:00
定休日:年中無休
料金目安[大人]:1180円
料金目安[小学生]:600円
HP:http://www.uchina-yu.jp/
地図:「うちな~ゆ」への地図

4. 那覇市内の中心部にある「りっかりっかの湯」

4. 那覇市内の中心部にある「りっかりっかの湯」
photo by sskkcj   /   embedded from Instagram

那覇市内の中心部にありながら、多種多様なお風呂があることで人気の「りっかりっかの湯」。コンセプトの異なる「紫雲泉」・「桃源泉」では、日替わりで男湯・女湯が入れ替わります。

「紫雲泉」は白を基調とした明るい空間に、3種類のサウナやマッサージ風呂などがあります。「桃源泉」にも同じく3つのサウナのほか、低周波電流が流れるヘルツバスやアクアプログラムなどがあり、疲労回復に期待できます。別料金ですが岩盤浴などもありますよ。ブラックシリカを使用しているので、体を芯から温めてくれます。じんわりと汗をかいて、身も心もスッキリできそうです。

また、食事ができる「ゆんたく」では、沖縄の家庭料理をいただくことができます。日替わりランチや沖縄そば、ぜんざいなどの甘味、アルコールなども豊富にあるので、家族でお風呂を楽しんだ後の食事や休憩にもオススメです。

■基本情報
名称:りっかりっかの湯
住所:沖縄県那覇市牧志2-16-36(那覇セントラルホテル内)
電話番号:098-867-1123
営業時間:6:00~24:00
定休日:年中無休
料金目安[大人]:平日1000円 / 土日祝1250円
料金目安[小学生]:平日500円 / 土日祝650円
HP:http://www.nahacen.com/
地図:「りっかりっかの湯」への地図

5. 沖縄唯一の客室温泉もある「三重城温泉 島人の湯・海人の湯」

5. 沖縄唯一の客室温泉もある「三重城温泉 島人の湯・海人の湯」
photo by loisirhotel   /   embedded from Instagram

ロワジールホテル那覇には「島人の湯」、ロワジールスパタワー那覇には「海人の湯」があり、どちらも地下800mから湧き出す天然温泉です。どちらも那覇市内を代表する大型リゾートホテルですが、ロワジールスパタワー那覇なら、なんと沖縄で唯一客室でも温泉を楽しむことができます。

温泉は、約800万年前の化石海水が地熱で温められたもので、塩分を多く含んでいます。そのため入浴すれば体が温まり、保湿効果が高いので女性に特にオススメです。豊富なお湯が自噴しているので、循環をせず常に新鮮で清潔な温泉が楽しめます。

広々とした内湯や露天風呂は、那覇市内とは思えないほどゆったりとした雰囲気が広がります。宿泊しなくても温泉はビジター料金で利用できますが、ロワジールスパタワー那覇に宿泊すれば、「島人の湯」・「海人の湯」に無料で入ることができますよ。

■基本情報
名称:三重城温泉 島人の湯・海人の湯
住所:沖縄県那覇市西3-2-1(ロワジールホテル那覇・ロワジールスパタワー那覇内)
電話番号:098-868-2222
営業時間:6:00~24:00
定休日:年中無休
料金目安[島人の湯]:大人2500円 / 子供1250円
料金目安[海人の湯]:大人3500円 / 子供1750円
HP[ロワジールホテル那覇]:http://www.loisir-naha.com/
HP[ロワジールスパタワー那覇]:http://www.loisir-spatower.com/
地図:「三重城温泉 島人の湯・海人の湯」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→沖縄本島の中心地!那覇市で人気のおすすめ観光スポット10選!

→目からウロコ!那覇で必ず食べるべき人気のおすすめグルメ10選!

6. ココロに効く温泉がコンセプトの「エナジック天然温泉アロマ」

6. ココロに効く温泉がコンセプトの「エナジック天然温泉アロマ」
photo by tetsuya_tashiro   /   embedded from Instagram

地下1300mから湧き出す塩分を含む良質な天然温泉が自慢の場所が「エナジック天然温泉アロマ」です。手入れの行き届いた日本庭園や広々とした露天風呂は、ここのシンボル。沖縄にいるのを忘れてしまうような、贅沢な雰囲気が特徴です。さらに、桧風呂や泡風呂・ジェットバス・打たせ湯・サウナなど、種類豊富なお風呂が揃っているのも嬉しいポイントです。

「ココロに効く温泉」がコンセプトなので、体を温めるのはもちろんですが、リラックスできることは間違いなさそうですね。こちらの弱アルカリ性の天然温泉は、美肌効果が高いと言われており、ツルツルすべすべのお肌が期待できます。

他にも筋肉痛や疲労回復などにも効き目があると言われるので、観光やアクティビティを楽しんだ後にぜひ入っていきたい温泉です。館内にある「還元レストランオーシャンエイト」では、ランチバイキングが大人880円・小学生440円・小学生未満無料と大変お得なので、ランチをどこにしようか悩んだ時にもオススメですよ。

■基本情報
名称:エナジック天然温泉アロマ
住所:沖縄県宜野湾市大山7-7-1
電話番号:0120-06-1126
営業時間:6:00~24:00
定休日:年中無休
料金目安[大人]:1500円
料金目安[小・中学生]:750円
HP:http://www.aroma1126.com/
地図:「エナジック天然温泉アロマ」への地図

7. ショッピングや観光の後に立ち寄りたい「テルメヴィラちゅらーゆ」

7. ショッピングや観光の後に立ち寄りたい「テルメヴィラちゅらーゆ」
photo by stradaazzurra   /   embedded from Instagram

アメリカンビレッジがある人気スポット北谷にも、なんと天然温泉があります。ザ・ビーチタワー沖縄というホテルに隣接している「テルメヴィラちゅらーゆ」で、源泉名は「ちゃたん恵み温泉 美浜の湯」と言います。

露天風呂は地下1400mから湧き出る源泉を循環せずかけ流しにしているので、いつでも新鮮なお湯に浸かることができます。他にも、季節ごとに替わり湯を実施する内風呂や、一年中楽しめる沖縄では初めての天然温泉を利用したヒーリングプール、高温・低温サウナやジャグジーなんかももあります。

サンセットビーチが目の前にあるので、海で思いっきり楽しんだ後の温泉も最高ですよ!夜になったら施設内の「北谷ダイニング」で、毎日開催される島唄ライブと沖縄の料理で、ぜひ盛り上がってみてはいかがでしょうか?

→定番から穴場まで!沖縄の美しすぎる人気のおすすめビーチ10選!

■基本情報
名称:テルメヴィラちゅらーゆ
住所:沖縄県中頭郡北谷町字美浜2
電話番号:098-926-2611
営業時間:7:00~23:00
定休日:年中無休
料金目安[大人]:平日1200円 / 土日祝1500円
料金目安[小人]:800円
HP:http://www.aroma1126.com/
地図:「テルメヴィラちゅらーゆ」への地図

8. 温泉とアクティビティーを一緒に楽しめる「ブルーリーフ」

8. 温泉とアクティビティーを一緒に楽しめる「ブルーリーフ」
photo by ko.jiijii   /   embedded from Instagram

全室オーシャンビューの人気ホテルのホテルモントレ沖縄スパ&リゾート内にある「ブルーリーフ」は、天然温泉の他にもサウナや屋内プール・スポーツジムが楽しめる総合リフレッシュ空間です。何もせずのんびり過ごす沖縄の旅も素敵ですが、ちょっと体を動かしたい時や天候に恵まれなかった時などには、とても便利な場所です。

特に浴室のお湯は「タイガービーチ温泉」と名付けられた温泉で、泉質はナトリウム-塩化物泉。男性用にはドライサウナ、女性用にはミストサウナもあります。施設内の屋内プールは21時まで利用することができ、夜にはライトアップもされるので、昼間とは違う幻想的な雰囲気を楽しむことができます。また、滑り台付きのキッズプールもあるので、子供と一緒に楽しみたいファミリーにもオススメですよ。

■基本情報
名称:ブルーリーフ
住所:沖縄県国頭郡恩納村字冨着1550-1(ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート内)
電話番号:098-993-7111
営業時間:6:00~24:00
定休日:年中無休
料金目安[大人]:3000円
料金目安[小中学生]:1500円
HP:https://www.hotelmonterey.co.jp/
地図:「ブルーリーフ」への地図

9. 美しいサンセットをゆったりと眺める「ジュラ紀温泉 美ら海の湯」

9. 美しいサンセットをゆったりと眺める「ジュラ紀温泉 美ら海の湯」
photo by naotosakanaka   /   embedded from Instagram

沖縄本島の北部にある「ホテルオリオン モトブリゾート&スパ」は、2014年にオープンしたばかりのまだ新しいホテルです。ここで楽しめる2億年以上前の地層・地下1500mから湧き出る天然温泉は、「ジュラ紀温泉」と呼ばれています。

とにかく眺望の良さが自慢のお風呂です。半露天の浴槽に浸かれば、青い海と遠くに伊江島が臨めます。昼間の風景も素敵ですが、特にオススメなのは夕方のサンセットタイム。海を赤く染めるこの時間は、一度は見ておきたい景色です。

他にも、日替わりで男女入れ替えになるドライサウナやミストサウナもあります。ホテル内には琉球古代海水を利用したプールでのリラクゼーションや、フェイス・ボディケアが行えるタラソスパなどもあります。美ら海水族館や備瀬のフクギ並木など、観光で訪れたい場所も近くにあるので宿泊にもとても便利でおすすめですよ。

■基本情報
名称:ジュラ紀温泉 美ら海の湯
住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬148-1(ホテルオリオン モトブ リゾート&スパ内)
電話番号:0980-51-7300
営業時間:6:00~10:00 / 11:30〜24:00
定休日:年中無休
料金目安[大人]:2150円
料金目安[小学生]:1000円
HP:http://www.okinawaresort-orion.com/
地図:「ジュラ紀温泉 美ら海の湯」への地図

10. 海水を利用してリラックスできる「かりゆしカンナ タラソ ラグーナ」

10. 海水を利用してリラックスできる「かりゆしカンナ タラソ ラグーナ」
photo by yokoame   /   embedded from Instagram

天然温泉ではありませんが、37℃に温めた海水を利用したアジア最大級の規模を誇る「タラソテラピー」の施設です。タラソテラピーとはギリシャ語で海を表すthalasso、フランス語で治療を表すtherapieを合わせた言葉で、海や海水を活用した自然療法のことを言います。

館内のバーデゾーンには岩風呂やジェットバス・歩行浴ができる浴槽など14種があり、心と体をリラックスできるようにプログラムが用意されています。初心者でも利用しやすいように「健康維持」・「疲労回復」・「ダイエット」などの目的別になっていて、どのように利用したり時間をかけたりするのがいいのか、ホームページにわかりやすく解説があります。水着やキャップが必要ですが、温泉とはまた違ったリラックス感が味わえますよ。

■基本情報
名称:かりゆしカンナ タラソ ラグーナ
住所:沖縄県国頭郡宜野座村字漢那1817
電話番号:098-983-2323
営業時間:10:00〜22:00
定休日:年中無休
料金目安[大人]:2160円
料金目安[小学生]:1080円
HP:http://www.kanassa.jp/
地図:「かりゆしカンナ タラソ ラグーナ」への地図

沖縄で温泉施設を堪能しましょう!

いかがでしたでしょうか?たくさんの観光地を廻ったり、アクティビティをたっぷり楽しんだり、沖縄にはやりたいことがたくさんあります。それゆえに旅の途中に疲れは付き物。そんなときは、ご紹介した場所へぜひ行ってみてください。手足を伸ばしてお湯に入れば、疲れは吹っ飛びますよ!そしてエネルギーをチャージした後は、もっともっと沖縄を遊び倒しましょう。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者