大自然の美しい景色が広がる!富良野・美瑛でおすすめの人気観光スポット10選!

夏の花畑、冬の雪景色。思わず写真に収めたくなる風景が、あちらこちらに点在する北海道の富良野・美瑛エリア。ここは、大自然に囲まれ、おいしい食べ物もいっぱいの人気観光地です。今回は、そんな富良野・・美瑛の人気のおすすめ観光スポットランキングをご紹介してまいります。魅力満載の富良野・美瑛へ、さあ出かけましょう!


1. 一面に咲くラベンダーが美しい「ファーム富田」

1. 一面に咲くラベンダーが美しい「ファーム富田」

富良野を訪れたらまずここに行くという方も多い場所を紹介します。1958年から本格的にラベンダーの栽培を始め、その畑は現在の「トラディショナルラベンダー畑」です。JRがまだ国鉄と呼ばれた時代、カレンダーで紹介されたことから全国に知られるようになったののがきっかけ。ファーム富田には花畑ごとに名前が付けられています。

中でも紫のラベンダー・白のカスミソウ・オレンジのカリフォルニアポピーなど7色の花がまるで虹を描くように緩やかな丘を彩る「彩りの丘」は、数々のメディアにも取り上げられたファーム富田を代表する景色。

またファーム富田から4キロほど離れたところにある「ラベンダーイースト」は、日本最大級を誇る広さのラベンダー畑。香料を作るために生産されるラベンダーの畑で、雄大な山々をバックに一面に咲くラベンダーの姿が印象的です。こちらは7月だけの限定なので、訪れるタイミングが合えばぜひお出かけください。お土産にはポプリやサシェ、ラベンダーオイルなどが人気です。団体客が訪れる日中を避け、朝早い時間に行くのがベストですよ!

■基本情報
名称:ファーム富田
住所:北海道空知郡中富良野町基線北15
電話:0167-39-3939
営業時間:花畑と駐車場は24時間開放しているので、日中はいつでも見学可能
※カフェは季節により異なります
定休日:年中無休
HP:http://www.farm-tomita.co.jp/
地図:「ファーム富田」への地図

2. 森の中にたたずむショッピングゾーン「ニングルテラス」

2. 森の中にたたずむショッピングゾーン「ニングルテラス」
photo by moannaxdessire   /   embedded from Instagram

新富良野プリンスホテルのすぐ近くの森の中にあるショッピングゾーンの紹介。15棟のログハウスで構成されていて、ニングルとは作家・倉本聰氏の著書「ニングル」に登場する森に棲む小人のこと。美しい森の中を散策しながら、ここでしか手に入らない自然をテーマにした作品がたくさんあります。

ふくろうをモチーフにした作品が集まる「ふくろうの森」や、氷・雪の結晶をテーマにしたガラス製品を扱う「ガラスの家」・散策途中に一息つけるコーヒーショップ「チュチュの家」・ハンドメイドのかわいいポストカードを扱う「ペーパーワークの家」など個性豊かなショップが集まっているのが特徴。実際に自分で製作できるものもあり、ろうそく作りや楽器を弾く木製人形・ペーパークラフトなどアトリエクラフト教室で体験が人気です。

日が落ちてくるとログハウスや散策路がライトアップされ、森の中に現れる優しい灯りが幻想的な雰囲気を演出します。宿泊しなくても見学可能ですが、様々な設備が整い敷地内に温泉もある新富良野プリンスホテルへもぜひ宿泊してみてくださいね。

→これで完璧!北海道で必ず行きたいおすすめアウトレットモール総まとめ!

→富良野で宿泊はココに決まり!人気のおすすめホテル・旅館ランキング10選!

■基本情報
名称:ニングルテラス
住所:北海道富良野市中御料
営業時間:12:00~20:45
※7・8月は10:00から
定休日:年中無休
※店舗により不定休
HP:http://www.princehotels.co.jp/
地図:「ニングルテラス」への地図

3. チーズが好きなら必見!「富良野チーズ工房」

3. チーズが好きなら必見!「富良野チーズ工房」
photo by yishu4410   /   embedded from Instagram

こちらはチーズ好きは必見の施設ですよ!ここは富良野の大自然で育った乳牛から生産される、新鮮な牛乳をふんだんに使ったチーズの工房。ガラス越しに、チーズを作る様子が見学できるのが人気!2階へ上がるとチーズの歴史や製造にかかわる道具類、大きな牛の模型を使って乳しぼりの体験もできます。遊びながらチーズについての知識を増やすことができるので、子供はもちろん大人も楽しめますよ!

アイスミルク工房では、チーズ工房のチーズを使ったジェラートを始め、かぼちゃやとうきびなどの手作りジェラートを販売していますので味わってみてください。お土産には「ふらのワイン」や「たまねぎ」を使った珍しいチーズや、オリジナルのバターがオススメ。体験工房もあり、事前予約が必要ですがチーズやアイス・バターを手作りする教室が毎日開催されています。家族やグループみんなでぜひ参加してみましょう。

→これが本場の味!北海道で必ず食べたいおすすめ絶品スイーツ10選!

■基本情報
名称:富良野チーズ工房
住所:北海道富良野市中五区
電話:0167-23-1156
営業時間:9:00~17:00
※11月~3月は16:00まで
閉館日:12月31日~1月3日
HP:http://www.furano-cheese.jp/
地図:「富良野チーズ工房」への地図

4. 季節で違った花が見られる「フラワーランドかみふらの」

4. 季節で違った花が見られる「フラワーランドかみふらの」
photo by robin.tw.jp   /   embedded from Instagram

この場所は富良野でも最大級の規模を誇るお花畑が見られます。特に6月~9月がオススメの時期で、ルピナスやラベンダー・ポピー・ゆり・コスモス・マリーゴールド・ヒマワリなどの開花リレーが続きます。広い園内はゆっくり歩きながら楽しむのもいいですが、年間30万人もが利用する遊覧トラクターバスの利用が便利です。

またラベンダーのポプリを使った枕作りや押し花はがき作りなどの体験もできるので、子供と一緒でも楽しめます。季節ごとの大地の恵みを味わえるのも魅力。5月~6月はアスパラガス、7月~9月はふらのメロン、8月~9月はトウモロコシなど、北の大地で育ったおいしい食材が目白押し。秋にはジャガイモと玉ねぎの詰め放題も実施されます。ぜひ、お花畑の鑑賞と北海道のおいしいグルメを一緒にどうぞ。

■基本情報
名称:フラワーランドかみふらの
住所:北海道空知郡上富良野町西5線北27
電話:0167-45-9480
営業時間:9:00~17:00
※6~8月は18:00まで、12月~3月は16:00まで
休業日:12月20日~1月15日
HP:http://flower-land.co.jp/
地図:「フラワーランドかみふらの」への地図

5. ワインの製造工程が見学できる「ふらのワイン」

5. ワインの製造工程が見学できる「ふらのワイン」
photo by nuruli01   /   embedded from Instagram

ラベンダーと共に、ワインの産地としても有名な富良野。こちらでは1972年に「富良野市ぶどう果樹研究所」が開設され、品種改良や栽培方法を試行錯誤しながらワイン作りが行われてきました。もともと気候や土地などの条件がぶどう作りに適していたこともあり、現在では様々な種類のワインが製造されています。昼夜の温度差がある富良野盆地で収穫されるブドウは、ほどよい酸味があり糖度も高くワインに適しています。

赤いレンガ造りのワイン工場では、製造工程や熟成庫の見学ができます。もちろん試飲も可能。工場の一角と上の広場にはラベンダー畑があり、開花に合わせてライトアップも行っています。ショップでは赤・白・ロゼのワインを始め、ワインの苦手な方や子供でも楽しめるぶどう果汁もあります。訪れた際にはお土産にぜひ購入してみてはいかがですか?

■基本情報
名称:ふらのワイン
住所:北海道富良野市清水山
電話:0167-22-3242
営業時間:9:00~16:30
※6月~8月は18:00まで
休館日:年中無休(年末年始を除く)
HP:http://www.furanowine.jp/
地図:「ふらのワイン」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→札幌の観光で必ず行きたい人気のおすすめスポット10選!

→ここだけは行きたい!北海道で必ず食べたいおすすめご当地グルメ11選!

6. 採れたての新鮮な野菜が楽しめる「美瑛選果」

6. 採れたての新鮮な野菜が楽しめる「美瑛選果」
photo by karikari0329   /   embedded from Instagram

こちらはJAびえいが運営するアンテナショップです。美瑛の自然に育まれた採れたて新鮮な野菜、炊き立てのお米の試食などもできます。こちらには採れたての野菜や美瑛産米が購入できる「選果市場」、ソフトクリームやケーキ・コロッケなどのスイーツや軽食が楽しめる「選果工房」、美瑛産の小麦から作るびえいのラスク・ゆめちから食パンなどを販売する「美瑛小麦工房」、美瑛産の食材を使ったフレンチがいただける4月~11月営業の「レストラン・アスペルジュ」があります。

旬の生鮮品から加工品・焼き立てパンやスイーツなどが揃っているので、ドライブの立ち寄りやお土産探しにもピッタリですよ!もし立ち寄る時間がなくて新千歳空港へ向かう場合、空港内国際線ターミナルビルにも店舗があります。こちらでは空港限定の「びえいのコーンぱん」が大人気。行列ができていることも多いのですが、コーンたっぷりのパンは食べる価値アリですよ!

■基本情報
名称:美瑛選果
住所:北海道上川郡美瑛町大町2
電話番号:0166-92-4400
営業時間:店舗により異なります
定休日:店舗により異なります
HP:http://bieisenka.jp/
地図:「美瑛選果」への地図

7. 幻想的なその姿に心奪われる「青い池」

7. 幻想的なその姿に心奪われる「青い池」

自然が作り出す神秘的な「青の世界」を堪能しませんか?「青い池」は名前の通り池の水が青く見えます。その謎は、池の上流にある白金温泉から湧出するアルミニウムを含んだ水と美瑛川の水が混じることで形成される「コロイド状の粒子」にあります。これは太陽の光を受けると、波長の短い青い光が散乱されやすい性質を持つそうです。

特に晴れた早朝ならより青さが際立ち、絶好のベストショットが狙えるかも。静かな青い水面と立ち枯れたカラマツは、思わず息を飲む美しさ。この風景を見に、年間150万人も訪れるとか。2017年2月28日までの17:00~21:00まではライトアップもされます。日中の景色とはまた違った姿を見せてくれます。ぜひ近くの白金温泉に宿泊し、夜と朝の「青い池」を見に出かけてみませんか?

→北海道でこの夜景だけは見ておけ!あまりに美しい人気のおすすめスポット10選!

■基本情報
名称:青い池
住所:北海道上川郡美瑛町白金
地図:「青い池」への地図

8. 気軽に立ち寄れるのが魅力的な「ぜるぶの丘・亜斗夢の丘」

8. 気軽に立ち寄れるのが魅力的な「ぜるぶの丘・亜斗夢の丘」

美瑛には花畑を楽しむエリアがいくつかありますが、ここもそのうちの1つ。「かぜ」「かおる」「あそぶ」の各後ろの3文字をとって、「ぜるぶの丘」と名付けたそうです。「さわやかな風薫る丘でみんなで楽しく遊ぶ」をテーマにしています。毎年5月頃から咲き始め、10月上旬まで30種近くの花を楽しむことができます。代表的なラベンダーを始め、ヒマワリやポピー・サルビアやダリアなど色とりどりの花が一面に広がる様子は圧巻の一言。歩いて散策したり、バギーやカートに乗って園内を回ることもできます。

近くにはCMで使われた「ケンとメリーの木」と呼ばれるポプラの木もあります。レストランやカフェ、オリジナルグッズを扱うショップや新鮮野菜の直売所・展望台などもあり、子供も大人も楽しめます。美瑛の風景を巡るドライブの途中、ここに立ち寄ってちょっと一休みしていきませんか?

→日本の美味の宝庫・北海道で迷わず買うべき人気のオススメお土産10選!

■基本情報
名称:ぜるぶの丘・亜斗夢の丘
住所:北海道上川郡美瑛町大三
電話:0166-92-3160
営業時間:8:30~17:00(4月下旬~10月)
定休日:不定休
HP:http://biei.selfip.com/
地図:「ぜるぶの丘・亜斗夢の丘」への地図

9. 様々な体験ができる「カントリーテラス コロポックル」

9. 様々な体験ができる「カントリーテラス コロポックル」
photo by 86pic   /   embedded from Instagram

富良野の大自然を舞台に、様々な体験ができる施設の紹介です!ここではアウトドアとインドアの両方が楽しめるので、家族やグループでの参加に特にオススメです。ソーセージやジャム・アイスにバターなど、北海道の食材を使った手作り体験や、羊毛を使ったマスコットやクラフト作りなどは自分へのお土産にもなりますね。旬の時期に合わせてアスパラ刈りやジャガイモ掘りなどの農業体験も可能です。

アクティブ派なら熱気球やラフティング・ホーストレッキングなども体験できまよ!小さなお子様が一緒なら、ヒツジのエサやり体験もあるので安心です。道内には体験できる施設がいくつかありますが、1つの施設でこれだけの数の体験ができるのはココならでは。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:カントリーテラス コロポックル
住所:北海道空知郡中富良野町東1線北5
電話:0167-44-2583
営業時間:9:30~17:00
定休日:夏期無休(11月上旬~4月は予約のみ)
HP:http://www.koropo.com/
地図:「カントリーテラス コロポックル」への地図

10. 色とりどりの花が埋め尽くす広大な丘「展望花畑 四季彩の丘」

10. 色とりどりの花が埋め尽くす広大な丘「展望花畑 四季彩の丘」
photo by satojun0316   /   embedded from Instagram

15haという広大な敷地を、5月~10月に色とりどりの花が埋め尽くす丘「展望花畑 四季彩の丘」。春のチューリップから始まり、6月のオリエンタルポピー・7月のラベンダー・8月のヒマワリ・9月のマリーゴールド・10月のコキアなど、グリーンシーズンはいつ出かけてもカラフルな花たちが出迎えてくれます。アップダウンの多い園内はトラクターバスの利用が便利。景色のいい場所で停車してくれるので、シャッターチャンスを逃さないように!

散策の途中には、自家農場で収穫されたジャガイモを使ったコロッケをぜひ味わってみましょう。男爵・北あかりの2種類があり、食べ比べも楽しいですね!オリジナルのソフトクリームもミルクやラベンダーなど5種類と、美瑛産メロンを半分に切ってオリジナルソフトを乗せた贅沢な「メロンソフト」も。ウィンターシーズンならスノーモービルの体験もでき、かわいいアルパカのいる牧場なら通年営業しています。行ってみる価値ありですよ!

■基本情報
名称:展望花畑 四季彩の丘
住所:北海道上川郡美瑛町新星第三
電話:0166-95-2758
営業時間:季節により異なります
定休日:レストランのみ11月~3月の水曜日
HP:http://www.shikisainooka.jp/
地図:「展望花畑 四季彩の丘」への地図

富良野・美瑛の観光スポットを楽しもう!

いかがでしたでしょうか?どの季節に出かけても、ウットリするほどの美しさが楽しめる富良野と美瑛。通り過ぎるだけなんてもったいない!同じ花でも、場所によって雰囲気も変わります。少し長めに時間を取って、ここでしか見られない風景を目に焼き付けてください。そして、あなたのお気に入りの景色を見つけてくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者