京都に来たらココ!祇園でおすすめな名物グルメを楽しめる人気店10選!

日本の観光地といえば、古都京都をはじめに思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?普段東京や大阪、福岡などで過ごすことが多い人にとっては、日常生活とはかけ離れた、異国のような感覚を味わうことができると思います。今回はそんな京都の祇園へ観光へ行った際に、絶対に食べてほしいおすすめご当地グルメランキング10選をご紹介します!


[sponsored link]

1. 6種類のきな粉アイスが楽しめる祇園のお店「祇園 きなな」

1. 6種類のきな粉アイスが楽しめる祇園のお店「祇園 きなな」
photo by tot.iris   /   embedded from Instagram

京都の祇園四条駅から徒歩7分程度歩いたところにあるこちらのお店「祇園 きなな」のご紹介です。こちらのお店では、京きななというご当地グルメを味わうことができます。

京きななと聞いて、ピンとこない人も多いかもしれません。京きななとは、きな粉を用いて作ったアイスで、きな粉の優しい味わいが特徴のアイスです。

そんな京きななを、こちらのお店では6種類の味わいでご用意しています。定番のプレーンに、黒ごま、小豆に黒みつ、そして抹茶によもぎになります。どれもバランスが良い味わいとなっていますので、ぜひ一度食べてみてくださいね。

■基本情報
名称:祇園 きなな
住所:京都市東山区祇園町南側570-119
電話番号:075-525-8300
営業時間:11:00~19:00
アクセス:祇園四条駅より徒歩約7分

HP:http://www.kyo-kinana.com/
地図:「祇園 きなな」への地図

2. 伝統的な京飴を楽しむなら。抹茶パフェも人気!「祗園小石」

2. 伝統的な京飴を楽しむなら。抹茶パフェも人気!「祗園小石」
photo by colorful10sea   /   embedded from Instagram

「祗園小石」は京都で有数の京飴をいただくことができるお店です。このお店の京飴は、創業から変わらない味が魅力で、多くの地元の人に愛され続けています。

もちろん京飴以外には、黒糖みつやせんべいなども絶品ばかりです。そんな京飴のお店ですが、実は京都の抹茶をふんだんに使った抹茶パフェがおすすめなんです。他にも黒糖パフェもあり、甘いものが好きな女性を中心に人気メニューとなっています。

またかき氷などもいただけるので、夏が暑い京都に行く際には、ぜひとも覚えておきたいお店ですね。足を運ぶ価値ありです。

■基本情報
名称:家傳京飴 祇園小石 祇園本店
住所:京都府京都市東山区祇園町北側286-2
電話番号:075-531-0331
アクセス:祇園四条駅より徒歩6分

地図:「家傳京飴 祇園小石 祇園本店」への地図

3. 飲んで食べられる抹茶を味わおう!「茶寮都路里高台寺店」

3. 飲んで食べられる抹茶を味わおう!「茶寮都路里高台寺店」
photo by mikahasegawa1005   /   embedded from Instagram

「茶寮都路里高台寺店」は、祇園四条駅からちょっと京都の街並みを散策したところにあるお店です。こちらでは、京都宇治の抹茶をふんだんに使ったスイーツを食べることが出来ます。

そんなこのお店でおすすめのメニューは、もちろん定番の「抹茶パフェ」。本場宇治の濃い抹茶の味が引き立つこの逸品は、京都へ観光にいらしたのであればおすすめです。

お店のコンセプトの「飲んで食べられる抹茶」にもあるように、まるで宇治の抹茶を食べているかのような深い味わいを楽しむことができます。ぜひ足を運んでみてください。

■基本情報
名称:茶寮都路里高台寺店
住所:京都府京都市東山区高台寺下河原通高台寺門前河原町530
電話番号:075-541-1228
営業時間:11:00~18:00
アクセス;祇園四条駅より徒歩13分

HP:http://www.giontsujiri.co.jp/
地図:「茶寮都路里高台寺店」への地図

4. 京都祇園にある日本で唯一の金平糖専門店!「緑寿庵清水」

4. 京都祇園にある日本で唯一の金平糖専門店!「緑寿庵清水」
photo by mica.sosochun   /   embedded from Instagram

こんぺいとうとは飴の一種で、表面に独特な凹凸がある和菓子です。ポルトガルから伝わったとされているこの金平糖は、昔から高級和菓子として多くの人を魅了してきています。

いまでも結婚式の引き出物などに使われていますね。その鮮やかさは、食べるだけではく、目でも楽しむことが出来ます。そんなこんぺいとうの日本で唯一の専門店がここ「緑寿庵清水」です。

こちらでは、さまざまな彩りをしたこんぺいとうを購入することができます。自分用に買うのもよす、またお土産として購入しても喜ばれること間違いなしです!

■基本情報
名称:緑寿庵清水
住所:京都府京都市左京区吉田泉殿町38-2
電話番号:075-771-0755
営業時間:10:00~17:00
定休日:水、第4火曜日
アクセス:出町柳駅より徒歩10分

HP:http://www.konpeito.co.jp/
地図:「緑寿庵清水」への地図

5. 祇園散策のお供に!京都の団子といえばここ!「加茂みたらし茶屋」

5. 祇園散策のお供に!京都の団子といえばここ!「加茂みたらし茶屋」
photo by wide_pool   /   embedded from Instagram

京都と言えば、和菓子やお団子のイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?なかでも、旅先で食べたくなるのがお団子ですよね。時代劇でも、旅の途中の団子屋さんで熱いお茶と一緒に串に刺さったお団子を食べてるシーンを見かけますよね。

そんなときにおすすめなのがこちらのお店「加茂みたらし茶屋」。旅の途中でのんびりとお団子を食べながらお茶してみませんか?こちらのお店はみたらし団子発祥とも言われています。

京都の祇園へ旅行にきたのでしたら、その旅のお供にここのみたらし団子を購入してみてください。

■基本情報
名称:加茂みたらし茶屋
住所:京都府京都市左京区下鴨松ノ木町53
電話番号:075-791-1652
営業時間:9:30~18:00
アクセス;下鴨神社前停留所から徒歩すぐ

地図:「加茂みたらし茶屋」への地図

[sponsored link]

6. 京都祇園にあるちりめん山椒の専門店「やよい」

6. 京都祇園にあるちりめん山椒の専門店「やよい」
photo by hinacohinaco   /   embedded from Instagram

京都の祇園にあるこの「やよい」は、ちりめん山椒の専門店になります。ちりめん山椒とは、ちりめんじゃこと山椒の実を炊いた料理で、日本では主に白いご飯のお供として古くから親しまれてきました。

そんな日本人に馴染み深いちりめん山椒の専門店である「やよい」では、厳選したちりめんじゃこを丁寧に調理しているため、他では味わうことが出来ない深い味わいになっています。

こちらのちりめん山椒もお土産として最適です。もちろんご自身で楽しむために買って帰っても満足すること間違いなしですよ。足を運ぶ価値ありのお店です!

■基本情報
名称:やよい
住所:京都府京都市東山区祇園下河原清井町481
電話番号:075-531-8317
営業時間:10:00~18:00

地図:「やよい」への地図

7. 七味唐辛子や一味唐辛子をお土産に!祇園にある「七味家本舗」

7. 七味唐辛子や一味唐辛子をお土産に!祇園にある「七味家本舗」
photo by yasuhiro_1030   /   embedded from Instagram

日本には食卓を彩る調味料がたくさんあります。醤油や柚子胡椒、からしやわさびなどは定番ですね。その他にも七味唐辛子や一味、ゆず一味などのすこし辛みや風味を加えたい時に使う調味料がありますよね。

ここ「七味家本舗」は、名前にもあるようにそのような七味唐辛子などを専門に取り扱っているお店です。こちらのお店は、なんと1650年代後半にこの祇園の地に創業したと言われています。そこからの350年の間に、私たちの食卓を彩る様々な調味料を開発してきました。

そんな京都祇園の老舗中の老舗へぜひ足を運んでみてください!きっと喜ばれるお土産を購入することができますよ。こちらもお土産として購入すると大変喜ばれるのではないでしょうか?

いろいろな七味がおいてあるので、自分に合ったものをみつけることが出来るのではないでしょうか?個人的には、七味を使うのはうどんを食べるときなんかに使います。家に七味があっても困ることはないのでぜひとも購入してみてはいかがでしょうか?喜ばれますよ。

■基本情報
名称:七味家本舗
住所:京都府京都市東山区清水2-221
電話:0120-540-738
営業時間:9:00~18:00
アクセス JR京都駅よりバス、清水道停留所より徒歩5分

HP:http://www.shichimiya.co.jp/
地図:「七味家本舗」への地図

8. 京都名物あぶりもちを食べるなら祇園へ!「一文字屋和輔」

8. 京都名物あぶりもちを食べるなら祇園へ!「一文字屋和輔」
photo by itititititi   /   embedded from Instagram

「一文字屋和輔」は、京都でも有数のあぶりもちが有名なお店です。あぶりもちとは、串に餅を付けて焼いた食べ物で、古くから京都の人に愛されています。

お店の外観は、どこか時代劇にでてきそうな雰囲気を醸し出していて、目の前を通り行く人の目線を釘付けにしています。そんな古き良き建物からは、お餅を炙っている非常に香ばしい香りが漂っていて、ついつい足を止めてしまいます。

香ばしいあぶりもちと、白味噌を使った甘いタレの相性は抜群!京都祇園へ観光にいらした際には、ぜひここ 「一文字屋和輔」へ、焼きたてのあぶりもちを食べに行きましょう!

■基本情報
名称:一文字屋和輔
住所:京都府京都市北区紫野今宮町69
電話番号:075-492-6852

地図:「一文字屋和輔」への地図

9. 京都で明治時代から受け継がれている名店「神馬堂」

9. 京都で明治時代から受け継がれている名店「神馬堂」
photo by mika.kyoto   /   embedded from Instagram

上賀茂神社の近く、焼き餅をつくっている「神馬堂」は、京都観光の際にぜひ訪れたい昔からの名店です。創業は明治5年、そんな神馬堂は創業当時からの味を家族で守っています。

神馬堂の焼き餅で使用されている小豆は備前のものを、餅は滋賀県産のもち米にこだわっています。また、できたての焼き餅を販売していますので、餅のモチモチ感と甘さ控えめな上品な餡の風味をその場で楽しますよ。

お店の外観も、京都らしい風情を感じられる神馬堂。焼き餅は売り切れ次第営業終了ですので、あまり遅い時間だと食べられないかもしれません。熱々の焼き餅をご賞味ください。

■基本情報
名称:神馬堂
住所:京都府京都市北区上賀茂御薗口町4
電話番号:075-781-1377


地図:「神馬堂」への地図

10. 京都のたこ焼き屋さんといえば!「蛸虎」

10. 京都のたこ焼き屋さんといえば!「蛸虎」
photo by uni_wo_ow   /   embedded from Instagram

「蛸虎」は京都でも有名なたこ焼き屋さんです。蛸虎でのおすすめは、看板メニューのたこ焼きと蛸珍味。こちらのたこ焼きに入っているタコは、大きくプリッとした食感が楽しめます。

また、30分かけて絶妙な火加減で焼かれていて、外はパリっと中はトロふわっとな絶妙な食感を味わうことができますよ。一方、蛸珍味はシャキシャキした千切りキャベツの上に新鮮な蛸の切り身がのっており、少し辛めのソースがアクセントになっています。

食べ歩きのお供としてたこ焼きを、夜の飲み歩きの一杯と蛸珍味を。そんな楽しみ方ができる蛸虎にぜひ立ち寄ってください。

■基本情報
名称:蛸虎
住所:京都府京都市左京区一乗寺赤ノ宮町15-3
電話番号:075-791-5205


地図:「蛸虎」への地図

京都祇園へ美味しいグルメを食べにいこう!

いかがでしたでしょうか?京都祇園には本日ご紹介したご当地グルメ以外にもさまざまなグルメ店がたくさんあります。また、祇園は街並みも非常に風情があるため、散策にも人気なエリアとなっています。京都祇園に観光でいらした際には、ぜひあなたの足を使って祇園の街を歩き回ってみてください。きっとあなたのお気に入りのグルメに出会えるはずですよ!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



同じカテゴリの人気記事




この記事の著者