美味の宝庫!函館で必ず食べるべきおすすめご当地グルメ10選!

北海道の南の玄関口・函館。北海道新幹線開通に伴って、訪れる観光客の方も増えています。函館と聞いて思い浮かべるものは、夜景や温泉などでしょうか?でも、それだけじゃお腹いっぱいにはなりません。道内でも1番と言われるほどのグルメの宝庫・函館なら、何を食べてもハズレ無し!今回はそんな函館でおすすめの人気ご当地グルメを厳選してご紹介してまいります!


[sponsored link]

1. 函館名物でおなじみのハンバーガー「ラッキーピエロ」

1. 函館名物でおなじみのハンバーガー「ラッキーピエロ」
photo by leechiachen   /   embedded from Instagram

函館市を中心に17店舗を構え、年間でなんと200万人が訪れるほどの地元で大人気のハンバーガーチェーンが「ラッキーピエロ」です。旅行サイトの「函館グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング」で1~3位をラッキーピエロが独占し、1位にはベイエリア本店が選ばれました。他にも日経プラス1の「ご当地バーガーならこの店」の第1位にも選ばれるなど、とにかくファンが多いのがわかります。

中でも人気ナンバーワンのメニューが「チャイニーズチキンバーガー」で、年間30万食を売り上げるんだとか。ジューシーな鶏肉の食感と、甘みと酸味のバランスに優れたソースが絶妙にマッチした一品!1度食べると病みつきになる味ですよ。

■基本情報
名称:ラッキーピエロ ベイエリア本店
住所:北海道函館市末広町23-18
電話:0138-26-2099
営業時間:10:00〜翌0:30
定休日:年中無休
HP:http://luckypierrot.jp/
地図:「ラッキーピエロ ベイエリア本店」への地図

2. 地元民に愛されるやきとり弁当が名物の「ハセガワストア」

2. 地元民に愛されるやきとり弁当が名物の「ハセガワストア」
photo by nyahtora   /   embedded from Instagram

函館市を中心に14店舗チェーン展開するコンビニエンスストアで、地元の方々に愛されているのが「ハセガワストア」です。ここの名物と言えば「やきとり弁当」です!30年ほど前、来店客から「お弁当はないの?」と言われ、おにぎり用の海苔とご飯、店内で焼いていたやきとりを合わせて作られた偶然の産物なんだそうです。

系列のグループ会社で一本一本丁寧に串刺ししたものを、はこだてワインで風味付けしながら店内で焼いています。作り置きしないのがハセガワストアのモットーなので、いつでも出来立てを味わうことができます。秘伝の甘辛だれの他、塩だれ・塩・うま辛の4つからチョイスできます。

驚きなのは「やきとり弁当」というのに、人気ナンバー1のメニューにはなんと豚串が入っていること。豚肉でも「やきとり弁当」と呼んでしまうのも面白いですよね。もちろんとり肉・とり皮・つくね・軟骨などのやきとりもあるのでご安心ください!コンビニエンスストアなので、ふらっと気軽に立ち寄ることができますよ。

■基本情報
名称:ハセガワストア 中道店
住所:北海道函館市中道2-14-16
電話:0138-54-1521
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
HP:http://www.hasesuto.co.jp/
地図:「ハセガワストア 中道店」への地図

3. 絶品の生ウニをいただける「うにむらかみ」

3. 絶品の生ウニをいただける「うにむらかみ」
photo by moannaxdessire   /   embedded from Instagram

地産地消をモットーに、地元函館の魚介や旬の北海道野菜を中心に仕入れて提供している人気店が「うにむらかみ」です。また、1年を通して道内各地を中心にウニを仕入れています。

ウニの取り扱いについてはこだわりが強く、ミョウバンを使用せず無添加のウニを使用しています。一般的にはミョウバンを使って形を保ったり日持ちさせることが多いのですが、ミョウバン特有の渋みが付くとウニ本来の甘みが楽しめません。そこで、ミョウバンを使わず徹底した温度管理のもと、鮮度バツグンで甘みが存分に感じられる生ウニが食べられるようになりました。

ぜひ訪れた際に食べたいのは、うにむらかみでナンバーワンの人気を誇る「無添加生うに丼」です。鮮やかに輝く黄金色のウニは、まさに芸術品。丼の他にも、天ぷらやグラタンなどでも味わうことができますよ。ウニ好きなら一度は訪れておきたい名店です。

■基本情報
名称:うにむらかみ 函館本店
住所:北海道函館市大手町22-1
電話:0138-26-8821
営業時間:8:30〜14:30 / 17:00〜22:00
定休日:水曜日
HP:http://www.uni-murakami.com/
地図:「うにむらかみ 函館本店」への地図

4. 和牛すき焼きが抜群に美味しい「阿さ利本店」

4. 和牛すき焼きが抜群に美味しい「阿さ利本店」
photo by aaron928   /   embedded from Instagram

創業1901年の老舗精肉店が営むすき焼の専門店で、極上の和牛が味わうことができると人気のお店が「阿さ利本店」です。総ヒノキ造りの建物の中に一歩入ると、黒光りする階段が時代を感じさせます。

落ち着いた雰囲気の中でゆっくりとすき焼を食べるなんて、なんだかお値段が心配になりますよね。でも、こちらのお店では、ランチタイムのメニューはかなりお得なんです!ランチにはA・Bの2種類があり、AランチならA4ランクの牛肉を使った牛すき・ご飯・味噌汁・シャーベットが付いて、なんと1400円~ととても良心的なお値段。こだわりの牛肉を使った名店の味が手軽に食べられるなんて、コストパフォーマンスは最高ですね!

函館と言うとついつい海の幸に目が行きがちですが、ここは絶対行くべきお肉のお店です。精肉店のコロッケも絶品で、ミシュランガイドでも紹介されたほどなんですよ。こちらも忘れずに味わっていきましょう!

■基本情報
名称:阿さ利本店
住所:北海道函館市宝来町10-11
電話:0138-23-0422
営業時間:11:00〜20:30
定休日:水曜日
地図:「阿さ利本店」への地図

5. 函館名物の塩ラーメンを味わうなら「星龍軒」

5. 函館名物の塩ラーメンを味わうなら「星龍軒」
photo by kurotora0608   /   embedded from Instagram

透き通るスープが特徴の塩ラーメンが売りの、地元の人に愛される中華料理店が「星龍軒」です。駅からも徒歩約5分と言うアクセスの良さから、駅前に宿泊する観光客にも人気です。

細めの麺とあっさりしたスープ、トッピングにはチャーシュー・メンマ・三つ葉・ネギといたってシンプル。旨みの強いスープは、塩のしょっぱさは感じられず、ゴクゴク飲み干せてしまうほど。しかもお値段は580円と激安なのも嬉しいポイントですよね。

訪れる人の大半は、セットメニューを頼むようです。ぜひ塩ラーメンと一緒にチャーハンや中華飯などを組み合わせて、ガッツリ食べていきましょう!麺類は塩味の他にも、醤油・味噌・ワンタンなどがあり、北海道のソウルフードのザンギや春巻などの一品メニューも豊富に揃っています。ぜひお腹を十分に空かせてから出かけてくださいね。

→地元民おすすめ!函館で必ず食べるべき人気のラーメンランキング10選!

→これぞ絶品!北海道で必ず食べたい人気のおすすめラーメン10選!

■基本情報
名称:星龍軒
住所:北海道函館市若松町7-3
電話:0138-22-0022
営業時間:11:00〜17:00
定休日:日・月曜日
HP:http://www.seiryuken.com/
地図:「星龍軒」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→北海道に行くならここ!オススメの厳選人気観光スポット10選!

→海鮮も肉も贅沢に!札幌で人気のおすすめご当地グルメの名店ランキング10選!

[sponsored link]

6. 函館朝市で海鮮丼をいただくなら「きくよ食堂」

6. 函館朝市で海鮮丼をいただくなら「きくよ食堂」
photo by hiiiday   /   embedded from Instagram

1956年創業の老舗で、今では朝市名物となった海鮮丼をいち早く売り出した発祥の店が「きくよ食堂」です。こちらのお店の中でも特に人気の「元祖函館巴丼」は、函館朝市に行った時には絶対に食べたい一品です。北海道特産のウニ・ホタテ・イクラの3種が乗る丼で、米も「ゆめぴりか」を使用するなど、食材も北海道産にこだわっています。

創業当初から市場関係者も多く利用していることから、鮮度に関してもお墨付きです。テレビや雑誌などにも数多く取り上げられているので、函館朝市を訪れる観光客にも大人気なんですよ。

他にもイクラ丼・ホタテ丼・紅鮭親子丼など、海鮮丼のメニューがとても充実していて、イカ刺しや銀だら焼きの定食などもあります。函館朝市に来る場合は午前中が多いので、朝食か昼食にぜひどうぞ!少し離れたベイエリア店ならディナータイムがあるので、夕食での利用もOKですよ。

→早朝から贅沢に!函館朝市で必ず食べたいおすすめの海鮮丼の名店10選!

■基本情報
名称:きくよ食堂 本店
住所:北海道函館市若松町11-15
電話:0138-22-3732
営業時間:5:00〜14:00
定休日:元旦
HP:http://hakodate-kikuyo.com/
地図:「きくよ食堂 本店」への地図

7. 知名度抜群のチーズオムレットの「ペイストリースナッフルズ」

7. 知名度抜群のチーズオムレットの「ペイストリースナッフルズ」
photo by doudeshou68   /   embedded from Instagram

函館一の観光スポットとして知られる「金森赤レンガ倉庫」。その一角にある「ペイストリースナッフルズ」は、散策時にふらりと立ち寄るのに便利なお店です。特に一番人気のメニューである「チーズオムレット」は、半熟のオムレツのようにトロっとした食感がたまらない小ぶりのチーズケーキ。2000年の発売以降、航空会社のCAさんたちのクチコミから火がついて、一躍函館名物になりました。

北海道の素材にこだわり、冷凍せず毎日焼き立てを提供してくれます。お店のサロンスペースで食べることはもちろん、併設のショップで購入もできます。他にも、かわいいハート型のマドレーヌや、濃厚で滑らかな口どけのプリン、ふわふわのロールケーキなどもあります。お土産にも喜ばれること間違いなしの一品ですよ!

→これが本場の味!北海道で必ず食べたいおすすめ絶品スイーツ10選!

■基本情報
名称:ペイストリースナッフルズ 金森洋物館店
住所:北海道函館市末広町13-9
電話:0138-27-1240
営業時間:9:30〜19:00
定休日:年中無休
HP:http://www.snaffles.jp/
地図:「ペイストリースナッフルズ 金森洋物館店」への地図

8. 鮮度抜群の活いか刺しを食べるなら「いか清」

8. 鮮度抜群の活いか刺しを食べるなら「いか清」
photo by miiahrmi   /   embedded from Instagram

海の幸が豊富な函館で、忘れてはならないのがやはりイカですよね!日本有数の水揚げを誇るイカの産地でもある函館で、ぜひ訪れたいお店が「いか清」です。店内には大きな水槽があって、その日に揚がったばかりの新鮮なイカが泳いでいます。注文を受けると水槽から出して、すぐに料理してくれるので鮮度はバツグン。

1〜5月頃はヤリイカ、6~12月頃は真イカが味わえます。コリコリの食感が堪らない「活いか刺し」以外にも、いかメンチ揚・生干いか・自家製の塩辛など、イカ料理を存分に楽しめますよ。他にも北海道の魚介類を使ったメニューも豊富で、地酒にもよく合います。人気の居酒屋なので、いつも常連客でいっぱい!函館を訪れる観光客にも人気なので、出かけるときには問い合わせをした方がベストですよ。

■基本情報
名称:活魚料理いか清
住所:北海道函館市本町2-14
電話:0138-54-1919
営業時間:17:00〜24:00
定休日:年中無休
HP:http://ikasei.com/
地図:「活魚料理いか清」への地図

9. 素材にこだわり抜いたビーフカレーが絶品の「五島軒」

9. 素材にこだわり抜いたビーフカレーが絶品の「五島軒」
photo by lijhuin   /   embedded from Instagram

1879年から続く地元民に人気の老舗洋食レストランが「五島軒」です。店名は初代の料理長である五島英吉氏に因んでつけられました。ここで食べたいのは「ビーフカレー」です。

北海道産の玉ねぎを、同じく道産のバターで炒め、牛骨や香味野菜などと一緒にコトコト煮込んでできた自家製ブイヨン。それをオリジナルブレンドのカレー粉と合わせて作り上げられる絶品カレーは、一度は食べておきたい逸品です。

本店のレストラン「雪河亭」は、古き良き洋食店といった落ち着いた雰囲気。もう少し気軽にカレーを味わいたいなら、「五島軒 函館EXPRESS」へ行かれてみてはいかがでしょうか?本店の味そのままに、よりカジュアルな感覚で名店のカレーが食べられますよ。観光名所の五稜郭タワーにあり、併設のショップでは限定商品も販売しています。五島軒のレトルトカレーをお土産に購入すれば、きっと喜んでもらえること間違いなしです。

→本当に行くべき名店を厳選!北海道で人気のカレーがあるおすすめ店10選!

■基本情報
名称:五島軒 函館カレーEXPRESS 五稜郭タワー店
住所:北海道函館市五稜郭町43-9
電話:0138-52-5811
営業時間:11:00〜19:00
定休日:年中無休
HP:http://www.gotoken.hakodate.jp/
地図:「五島軒 函館カレーEXPRESS 五稜郭タワー店」への地図

10. 貴重なマダレナが味わえる「トラピスチヌ修道院」

10. 貴重なマダレナが味わえる「トラピスチヌ修道院」
photo by saotoma23   /   embedded from Instagram

1898年にフランスから派遣された8人の修道女によって設立された、日本では初めての女子修道院が「トラピスチヌ修道院」です。現在も修道女たちが規律正しく共同生活を行っていて、日々の祈りや奉仕活動の他、農作業やお菓子作りも行っています。

そして、ここの売店でしか買えないのが「マダレナ」です。卵・バター・小麦粉・砂糖を原料に作られ、添加物は一切使用していません。一般的にマドレーヌと呼ばれるものに近いかもしれません。表面はカリッとして、噛むとフワッとした食感とバターの風味が口いっぱいに広がります。

函館のお土産は、空港やホテルを始め様々な場所で購入できます。でも「マダレナ」だけは別。ここに来ないと手に入れられない、貴重なものですのでぜひ味わってみてくださいね。

→絶対に買いたい!函館で人気のオススメお土産ランキングTOP6!

■基本情報
名称:トラピスチヌ修道院
住所:北海道函館市上湯川町346
電話:0138-57-3331
営業時間:8:10〜17:00
定休日:水曜日(冬期は日曜日)、12月30日~1月2日
地図:「トラピスチヌ修道院」への地図

函館の絶品ご当地グルメを堪能しましょう!

いかがでしたでしょうか?おいしいものに出会うと、思わず嬉しくなってしまいますよね。日本の中でも特に美味しいものが多い北海道ですが、そんな中でも函館はまさにグルメパラダイスです。ご紹介したもの以外にも、まだまだたくさんのご当地グルメありますよ。せっかく函館に旅行に来たのであれば、ぜひお腹いっぱいになるまでいろんなものを食べていってくださいね。

 
こちらも合わせてどうぞ:
→【定番から穴場まで】函館で人気のおすすめ観光スポット10選!

→ここだけは行きたい!北海道で必ず食べたいおすすめご当地グルメ11選!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



この記事に関するキーワード

同じカテゴリの人気記事




この記事の著者