絶景や温泉を楽しめる!函館で人気のおすすめホテルランキングTOP10!

広大な北海道の中でも港町として栄えてきた函館。港町だったため、他国の物品等が多く流入してきました。そんな函館の街は、西洋風の建物や歴史・文化が随所に見られます。ふらふらと街を歩いているだけでも、絵になりますよね。そんな函館はゆっくりと滞在して、さまざまな観光スポットを巡って過ごしたい場所。拠点となるホテル選びの参考にしてくださいね!


1. 美味しい朝食が食べられる有名ホテル「ラビスタ函館ベイ」

1. 美味しい朝食が食べられる有名ホテル「ラビスタ函館ベイ」
photo by ong_r1030   /   embedded from Instagram

函館での宿泊と言えば、ここを一番に挙げる方の多いホテル。1度泊まるとリピーターになる方が多く、函館の観光拠点にオススメです。ロビーや客室などは、大正ロマンをイメージさせるクラシカルな雰囲気でとっても素敵。歩き回って疲れて戻ってきてもゆっくりと寛げそう。

シングルやツイン・ダブルなど、部屋タイプは全部で6種類。基本的にはシャワーブースだけなので、最上階にある天然温泉「海峡の湯」を利用しましょう。岩風呂の他、特注の陶器風呂や職人が手作りした樽風呂・天然檜で作られた一人用の檜風呂など、趣向を凝らした浴槽も。函館山と夜景が一望でき、手足を伸ばして入れば開放的な気分に!

泊まった翌日は自慢の朝食を。和洋取り揃えたバイキング形式で、新鮮な魚介も多くイクラや甘エビ・イカなどでオリジナルの海鮮丼が作れます。この朝食目当てに宿泊する、そんな食事重視の方にはピッタリのホテルです。

▽【関連記事】

■基本情報
名称:ラビスタ函館ベイ
住所:北海道函館市豊川町12-6
電話:0138-23-6111

HP:http://www.hotespa.net/
地図:「ラビスタ函館ベイ」への地図

2. 自宅に居るような感覚になれる「笑 函館屋」

2. 自宅に居るような感覚になれる「笑 函館屋」
photo by smokey.d.monkey   /   embedded from Instagram

コンパクトながら充実のサービスと、自分の家のように寛げる落ち着くゲストルームが自慢の宿。1Fリビングには、コーヒーやスパークリングワイン・函館牛乳のソフトクリームなど、セルフスタイルのフリードリンクコーナーがあり、チェックインから22:00まで利用できます。

到着後や湯上り後など、何回も利用したくなりますね。和洋全26室どの部屋にもコーヒー・コーヒーミルが用意されているので、コーヒー好きも大満足のはず。食事にもこだわっていて、夕食は新鮮な函館の魚介を中心にしたお寿司をメインにコース仕立てで。

朝食は、まぐろの中落やイクラ・イカなどで丼にしたり、シェフがステーキやベーコンなどを目の前で調理してくれます。富良野ノースカントリーのカレーソースでオムカレーも楽しめます。もちろん温泉は天然温泉100%の源泉掛け流し。どれをとっても文句なしの宿ですよ!

■基本情報
名称:笑 函館屋
住所:北海道函館市湯川町3-10-3
電話:0138-36-2000

HP:http://www.hakodateya.jp/
地図:「笑 函館屋」への地図

3. 立地が良いホテルを選ぶならここ!「フォーポイントバイシェラトン函館」

3. 立地が良いホテルを選ぶならここ!「フォーポイントバイシェラトン函館」
photo by maureen01105   /   embedded from Instagram

2016年9月1日に、ロワジールホテル函館からリブランドした函館初の外資系ブランドホテルです。このホテルは、何行っても立地の良さが自慢。JR函館駅と函館朝市が歩いてすぐの距離にあります。また、ホスピタリティの面でも宿泊者にも非常に好評です。

部屋タイプにはシングルやダブル・ツインなどがあり、どれも広めでゆったり寛げます。夜景をより楽しめる「夜景ツイン」「夜景スイート」もあるので、ぜひ宿泊してみてください。

夜は113Fにある夜景バー「エステラード」へ。18:00~19:30がハッピーアワーで、2杯までに限り一杯500円。素敵な夜景と共に、お得にアルコールが楽しめますよ。翌日の朝食は、北海道産の食材をふんだんに使った和洋ブッフェも楽しみ。早朝からオープンしている朝市内の食堂へ歩いて出かける、なんてのもいいですね。

■基本情報
名称:フォーポイントバイシェラトン函館
住所:北海道函館市若松町14-10
電話:0138-22-0111

HP:https://premierhotel-group.com/
地図:「フォーポイントバイシェラトン函館」への地図

4. こだわりの日本料理が食べられる宿「割烹旅館若松」

4. こだわりの日本料理が食べられる宿「割烹旅館若松」
photo by relux_jp   /   embedded from Instagram

1922年創業の歴史をもち、1954年には昭和天皇もご滞在された格式ある宿。館内の至る所で目にする調度品や内装は、日本古来の伝統工芸を使ったものや歴史を感じるものばかり。割烹旅館を名乗るだけあって、もちろん料理が自慢の宿。北海道の旬の食材にこだわり、料理を生かす器選びや盛り付けの美しさに感動するはず。夕食は部屋または個室の食事処で会席料理を、朝食は「これぞ日本の朝ご飯」という和定食がいただけます。

客室は和室で、全24室全て海に面しています。中でも唯一の展望ジャグジーバスを備えた「展望風呂付メゾネット」は、1Fが和室、2Fがベッドルームの和洋室。ちょっと贅沢に滞在したいカップルやファミリーにもオススメ。

温泉は、海が一望できる大理石の露天風呂、女性用の檜風呂、男性用の御影石風呂で。夏は漁火、冬には真っ白な雪景色をお風呂から楽しめますよ。玄関前にある東屋では、創業以来57.6℃という高温の天然温泉が絶え間なく湧き出しています。ぜひ見ていきましょう。

■基本情報
名称:割烹旅館若松
住所:北海道函館市湯川町1-2-27
電話:0138-59-2171

HP:http://www.wakamatsuryokan.com/
地図:「割烹旅館若松」への地図

5. 長期滞在するならこのホテルがおすすめ!「Villa Concordia Resort&Spa」

5. 長期滞在するならこのホテルがおすすめ!「Villa Concordia Resort&Spa」
photo by iluslumi   /   embedded from Instagram

北海道の定番観光スポット・赤レンガ倉庫群と函館山ロープウェイの駅の間にあり、観光拠点にピッタリのホテル。全10室の小さなホテルですが、北欧をイメージしたおしゃれなつくり。まるで函館に自分の別荘ができた、そんな暮らすように泊まることができるホテル。

館内のレストラン「ルヴァン」は、北海道ミシュラン2012で一つ星を獲得したフレンチ。自家製ハーブや新鮮な魚介・有機野菜もふんだんに使い、特に朝食のフレンチトーストは絶品!ランチ・ディナーも楽しめるので、長期滞在でも飽きません。

また、2Fのフロアを全面に使った「スパ・コンコルディア」も好評。日本にはまだ数ヶ所しかないシャワーベッドがあり、アメリカ生まれのスキンケアブランド「スンダリ」を使用しています。ボディ・フット・フェイシャルなど様々なコースがあるので、昼間はアクティブに過ごして夜にはボディメンテナンスができちゃいます。完全予約制なので、予定が決まったら早めに予約しましょうね。

■基本情報
名称:Villa Concordia Resort&Spa
住所:北海道函館市末広町3-5
電話:0138-24-5300

HP:http://villa-concordia.com/
地図:「Villa Concordia Resort&Spa」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:

→美味の宝庫!函館で必ず食べるべきおすすめご当地グルメ10選!

→夢の高級リゾート!北海道で一度は泊まりたい人気のおすすめホテルランキング10選!

6. 函館の夜景を見ながらゆっくりできる「ルートイングランティア函館駅前」

6. 函館の夜景を見ながらゆっくりできる「ルートイングランティア函館駅前」
photo by alienyaoyao   /   embedded from Instagram

函館ではグルメや観光を主にして、できるだけ宿泊費は抑えたい。そんな方にピッタリなのがコチラ!JR函館駅の目の前にあり、飛行機利用でも空港とホテル間の無料送迎バスがあるのでアクセスもバツグン。シングル・ダブル・ツインの部屋は、一人旅からグループまで幅広く対応。特にファミリーダブルと呼ばれる部屋は、ベッドを2台つけて大きな1台にし、大人3人で川の字で寝ることも可能です。家族連れや女子旅にもいいですね。

最上階の13Fには天然温泉の「旅人の湯」があり、お値打ちながら温泉も楽しめますよ。函館の夜景を眺められるリラクゼーションコーナーには、マッサージチェアが。あまりの気持ちよさにウトウトしちゃうかも。

朝食バイキングは他のホテルに比べると種類は少ないかもしれませんが、¥850と格安。しかもホテルのHPから宿泊を予約すれば、無料で食べられます。函館の朝市まで歩いて行けるので、朝市で朝食を食べる予定ならアクセスのいいこちらのホテルはとっても便利!ぜひ検討してくださいね!

▽【関連記事】

■基本情報
名称:ルートイングランティア函館駅前
住所:北海道函館市若松町21-3
電話:0138-21-4100

HP:http://www.hotel-grantia.co.jp/
地図:「ルートイングランティア函館駅前」への地図

7. 函館で贅沢な夜を過ごしたいならここ!「望楼NOGUCHI函館」

7. 函館で贅沢な夜を過ごしたいならここ!「望楼NOGUCHI函館」
photo by yshr0203   /   embedded from Instagram

特別な日や、ちょっとした記念日にぜひ泊まりたい宿。部屋は「SUITE」「WAMODERN」「OHITORISAMA」とあり、どれもシックでおしゃれ。それぞれに個性があり、「SUITE」は洋室・和洋室の2タイプ。メゾネットで広々としていて、展望温泉も付いています。

「WAMODERN」は大正ロマンをコンセプトにし、レトロな調度品が随所に見られます。檜の浴槽ではかけ流しの天然温泉が楽しめます。「OHITORISAM」は名前の通り、一人旅にピッタリの部屋ですが2名まで可能です。

「地美恵」を名付けられた道南の恵みをいただける食事は、旬のさまざまな食材を利用した料理がテーブルに並びます。特に季節によりスルメイカ・ヤリイカを用意し、通年楽しめる活イカは人気の一品。最上階の展望露天風呂からは、函館山や津軽海峡を眺めることができます。同じ階にあるラウンジで、湯上りに夜景を楽しむのもいいですね。ちょっと贅沢をしたいならここで決まり!

■基本情報
名称:望楼NOGUCHI函館
住所:北海道函館市湯川町1-17-22
電話:0138-59-3556

HP:http://www.bourou-hakodate.com/
地図:「望楼NOGUCHI函館」への地図

8. 広い部屋でゆっくり過ごしたいなら「HAKODATE男爵倶楽部」

8. 広い部屋でゆっくり過ごしたいなら「HAKODATE男爵倶楽部」
photo by minoeigo.minokiti   /   embedded from Instagram

函館を、長期滞在で思いっきり楽しみたい方にオススメなのがコチラ。全52室には、リビングやキッチン・ビューバス・バルコニーが付いています。冷蔵庫や電子レンジもあるので、朝市で食材を揃えて料理を楽しむこともできます。1Fにはコインランドリーがあるので、連泊でも安心です。JR函館駅から徒歩3分ほどとアクセスもバツグン。

「街が食卓」をコンセプトにしているので、厳選したレストランを紹介してくれます。ホテル内に朝食がいただけるカフェもありますが、朝市の食堂から直接部屋に届けられる朝食も好評です。前日までに予約が必要ですが、ぜひ利用してみてください。

客室はどれもゆったりした広さですが、ファミリーやグループには2ベッドルームのフォースルームがオススメ。ドッグフレンドリールームならケージサークルやペットシーツなどが用意されているので、愛犬と一緒の旅行に最適。ぜひロングステイで函館を満喫してくださいね!

■基本情報
名称:HAKODATE男爵倶楽部
住所:北海道函館市大手町22−10
電話:0138-21-1111

HP:http://www.danshaku-club.com/
地図:「HAKODATE男爵倶楽部」への地図

9. インテリアにこだわっている「ラ・ジョリー元町by WBF」

9. インテリアにこだわっている「ラ・ジョリー元町by WBF」
photo by kr4s4t6002   /   embedded from Instagram

女性の一人旅や、グループの宿泊に絶対オススメしたいのがココ!全29室のおしゃれなデザイナーズルームは、部屋ごとにコンセプト・インテリアが異なっています。シモンズ製ベッドではゆっくり休め、コーヒーメーカーが備え付けられているので部屋でゆっくりコーヒータイムが楽しめます。ローラアシュレイかMIKIMOTOのアメニティが選べるのも嬉しいですね。時間帯によって異なるラウンジサービスも人気で、日中は日本茶や紅茶、17:00からはスパークリングワインやハートランドビールも味わえます。翌日の朝食も楽しみ。

料理長が腕を振るう卵料理は、ふわふわのオムレツが特に人気。焼きたてパンや新鮮野菜のサラダなど、食事を気にする女性にも嬉しいメニューばかり。海鮮丼コーナーがあるので和食派も大満足できるはず。はこだて検定を取得したスタッフに観光スポットを聞いて、散策を楽しみましょう。そしてホテルに戻ったら、宿泊者専用の大浴場で手足を伸ばして観光で疲れた体を癒してくださいね。

■基本情報
名称:ラ・ジョリー元町 by WBF
住所:北海道函館市末広町6-6
電話:0138-23-3322

HP:https://www.hotelwbf.com/
地図:「ラ・ジョリー元町 by WBF」への地図

10. 絶品の料理も温泉も楽しめる「旅館一乃松」

10. 絶品の料理も温泉も楽しめる「旅館一乃松」
photo by yoon_redmarble   /   embedded from Instagram

純和風旅館で、料理と温泉を楽しみたい方にオススメのホテルです。全て畳敷きになっていて、用意される足袋を穿いて館内を移動します。足袋は持ち帰りができるので、お土産にもなりますね。到着すると、手作り羊かんで迎えてくれます。おもてなしから、和の風情が溢れているのが特徴。

70年以上前に作られた庭園は京都の職人さんを呼んで作らせたもので、この庭を囲むように建物が建てられています。そのためどの客室からも美しい庭園を眺めることができます。客室は、ゆったりと落ち着いた雰囲気で寛げます。

季節の移り変わりを、目で舌で楽しむ料理は、夕食・朝食ともお部屋で。もちろん湯の川温泉は、湯殿「聚楽の湯」「檜の湯」でどうぞ。どちらにも檜を贅沢に使用した露天風呂が付いています。和の雰囲気と絶品の食事・疲れをとる温泉を満喫したい、家族やグループにぜひオススメしたい宿です。

■基本情報
名称:旅館一乃松
住所:北海道函館市湯川町1-3-17
電話:0138-57-0001

HP:http://www.ichinomatsu.co.jp/
地図:「旅館一乃松」への地図

函館の素晴らしいホテルに宿泊しよう!

いかがでしたでしょうか?海と街が織りなす風景は、函館ならでは。いつまでも見ていたくなる風景が、ここにあります。少し長めのお休みが取れたら、ぜひ函館へ。素敵なホテルや旅館が待っています。もちろん新鮮な北海道グルメもいただけますよ!北海道へ旅行をいくなら、是非ここ函館を検討してくださいね!思い出に残る函館ステイをお楽しみください。きっと満足すると思いますよ!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者