伝統和食に舌鼓!京都の東山で人気のおすすめ名物ご当地グルメランキング10選!

日本を代表する観光地京都。そんな京都の中でもひときわ多くの観光客が訪れるのがここ東山です。東山は歴史感じる京都の街並みと自然溢れる景観が素晴らしく、見るものを魅了しています。そんな東山に観光へ行った際に、絶対に食べるべきおすすめグルメランキング10選をご紹介します!どれも絶品ばかりなので、ぜひご堪能いただけたらと思います!


1. ヘルシーにお腹いっぱい!昔ながらの日本料理「湯葉」

1. ヘルシーにお腹いっぱい!昔ながらの日本料理「湯葉」
photo by syoujin   /   embedded from Instagram

京都といえば忘れられないのが、「湯葉」。温かく優しい味に、体の芯から癒されること間違いなしです。いくら食べてもヘルシーですから、女性にはとても嬉しい食事ですよね。家では中々味わうことの出来ない上品な風味は、湯葉ならではです。

今回ご紹介したいのは、「東山ゆう豆」。旬の食材を使用したゆば料理からは、京都美山出身だという料理人のこだわりをひしひしと感じられます。¥2,000でいただけるランチセット(ゆう豆御膳)では、湯葉の上に卵黄醤油漬けが乗せられたユニークな食事も提供してくれます。

その他にも種類の豊富なランチセットやコースなどもありますから、気分に選べますよ。東山へいらした際にはぜひ!

■基本情報
店名:和食・ゆば料理 東山ゆう豆
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-218
TEL:075-532-1019
営業時間:11:00~15:00 / 17:30~21:30
定休日:木曜日、日曜午後
アクセス:祇園四条駅から徒歩10分

HP:http://higashiyamayuuzu.main.jp/
地図:「和食・ゆば料理 東山ゆう豆」への地図

2. 京都グルメを語るには欠かせない「にしんそば」

2. 京都グルメを語るには欠かせない「にしんそば」
photo by heluniaakn   /   embedded from Instagram

皆様は、「にしんそば」という料理をご存知でしょうか?これはかけそばの上にニシンの甘露煮を乗せたものです。一見シンプルにも感じられますが、ことことと骨の芯まで煮込まれたニシンは、骨を差し入れると崩れてしまうほどの柔らかさ。クセになること間違いなしですよ!

中でも四条河原町駅徒歩5分の場所にある「総本家にしんそば松葉」では、本格的なにしんそばで伝統の味を楽しむことが出来ます。にしんそばは¥1,300、鮭ごはん付にしても¥1,500で、熱いのは苦手という方にも冷しにしんそば(¥1,450)があります。また、遠方からでもギフトの取り寄せが出来ますから、気になる方は要チェックですね。

■基本情報
店名:総本家にしんそば松葉
住所:京都府京都市東山区四条大橋東入ル川端町192
TEL:075-561-1451
営業時間:11:00~21:30
定休日:水曜日
アクセス:四条河原町駅より徒歩5分

HP:http://www.sobamatsuba.co.jp/
地図:「総本家にしんそば松葉」への地図

3. しっとりとした感覚に思わずうっとり。東山の名産「そばぼうろ」

3. しっとりとした感覚に思わずうっとり。東山の名産「そばぼうろ」
photo by sou_10_25   /   embedded from Instagram

ボーロ、といえばたまごボーロを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?京都で試していただきたいこの「そばぼうろ」は、小麦粉を始め、そば粉や片栗粉に卵、砂糖を加えた焼き菓子です。

柔らかすぎず固すぎず、しっとりとした舌触りに思わず舌鼓を打ってしまいますよ。この「そば菓子処 澤正」では、由緒ある伝統的なそばぼうろをいただくことが出来ます。一つ一つ丹念に想いを込めて作られたそば菓子。

公式ホームページにもメイキング動画が載せられていますが、まさに芸術、ひとつのアート作品を見ているかのような繊細さが伝わってきます。詰め合わせなども販売していますから、お土産にもうってつけです!

■基本情報
店名:そば菓子処 澤正
住所:京都府京都市東山区今熊野宝蔵町10-8
TEL:075-561-4786
営業時間:9:00~19:00
定休日:奇数月は水曜日、偶数月は火曜日
アクセス:四条河原駅からバスで「今熊野」下車、徒歩8分

HP:http://sawasho.jp/
地図:「そば菓子処 澤正」への地図

4. 日本ならではの伝統料理「しば漬け」

4. 日本ならではの伝統料理「しば漬け」
photo by sriye075   /   embedded from Instagram

しば漬けは、京都の伝統的な漬物のひとつ。ナスやキュウリと赤じそを塩漬けにしたものです。食材は上記2つだけでなく、家庭で作る場合は自分が好きなものを漬けることも出来ます。お弁当などに入れると非常に色味も良く、バランスが取れた見た目にしてくれるのも良いところ。まさに頑張るお母さんたちの味方ですね。

さて、しば漬けでおすすめしたいお店はこちら。「しば漬け・京漬物のニシダや」です。胡瓜しば漬やきざみしばなど、しば漬ひとつを取っても種類は様々。その他しば漬に並ぶ名産品である奈良漬なども置いてあります。公式ウェブサイトでは単価だけでなく、内容量や賞味期限まで表記してくれていますので、実際に訪れる前に確認出来るのも嬉しいですね。お土産にもぜひ!

■基本情報
店名:しば漬け・京漬物のニシダや
住所:京都府京都市東山区東大路通り今熊野交差点東入る
TEL:075-561-4740
営業時間:9:00~17:00

HP:http://www.nishidaya.com/
地図:「しば漬け・京漬物のニシダや」への地図

5. 夏には堪らない!種類も豊富な東山のスイーツ!「わらびもち」

5. 夏には堪らない!種類も豊富な東山のスイーツ!「わらびもち」
photo by freefrenchgirl   /   embedded from Instagram

透明なシルエットに、ぷるぷるとした食感。黒蜜やきな粉を掛けて、ぱくり。夏になるとコンビニやスーパーマーケットなど、身近なお店でつい買ってしまうという方も多いのではないでしょうか?しかしやはり本場といえば京都。訪れる機会があれば外せない京スイーツのひとつですよね。

市バス東山安井下車、徒歩8分の場所にある「高台寺 洛匠」では、美肌スイーツとしても人気高い草わらびもちを上品にいただくことが出来ます。この「洛匠」、テレビを始め、数々のメディアでも取り上げられた有名店。昔ながらの趣を感じつつ涼やかな空気でいただくわらびもちは、普段食べるものとは比べものにならないほど美味しいですよ。一度経験してみてくださいね!

■基本情報
店名:高台寺 洛匠
住所:京都市東山区高台寺北門通下河原東入鷲尾町516
TEL:075-561-6892
アクセス:市バス「東山安井」から徒歩8分

HP:http://www.rakusyou.co.jp/
地図:「高台寺 洛匠」への地図

6. ありのままの味が美味しい!素材の味を楽しめる!「湯豆腐」

6. ありのままの味が美味しい!素材の味を楽しめる!「湯豆腐」
photo by sayo_1984photo   /   embedded from Instagram

上記では湯葉をご紹介しましたが、それに付随して忘れてはならないのが「湯豆腐」。さっぱりとした味わいは、一度癖になると中々抜け出せません。わらびもちが夏の風物詩だとすれば、湯豆腐はさながら冬の定番といったところでしょうか。ヘルシーでさらにローカロリーですから、女性の強い味方でもありますね。

そこで、そんな美味しい湯豆腐を味わえるのは、血が鉄東山駅から徒歩5分の場所にある「蓮月茶や」です。中でも人気のとうふ料理コースでは、滝川豆富、かにみそ豆富、豆富グラタン、そして湯どうふなど、まさに豆富づくし!その他料理も生麹田楽や生ゆばなど、蓮月茶やでしか味わえないセット内容となっています。

3名から個室予約(別途部屋料無し)も出来るため、家族でも友達同士でも、気軽に行くことが出来ちゃいますね。ぜひいらしてくださいね!

■基本情報
店名:蓮月茶や
住所:京都府京都市東山区神宮道知恩院北入ル
TEL:075-561-4589
営業時間:11:00~14:30 / 17:00~21:00
定休日:火曜日、水曜日 ※祝日の場合は営業
アクセス:東山駅より徒歩5分

HP:http://www.rakusyou.co.jp/
地図:「蓮月茶や」への地図

7. 旬な時期は夏。暑いときに食べたい東山のグルメ!「鱧(はも)料理」

7. 旬な時期は夏。暑いときに食べたい東山のグルメ!「鱧(はも)料理」
photo by matchinchi   /   embedded from Instagram

鱧料理と言えば範囲が広いように感じてしまうかもしれませんが、京都に訪れた際にはぜひ食べていただきたい料理です。鱧の旬は6月から7月にかけて。夏の風物詩とも言える、かの有名な祇園祭が行われる7月と時期がぴったり合うため、旅館やホテルなどでも取り扱っているところは多いかと思います。

「富久」は、ふぐとはもの専門店。時期によってそのどちらかを提供してくれます。こちらで鱧料理がいただけるのは、3月下旬から10月下旬。メニューもはも造り盛合わせ(¥4,300)やはも白子(¥600)、はも源平焼き(¥3,500)やはも天ぷら(¥3,000)など非常に豊富。もちろんコース料理(¥10,000~)もありますよ。

夏の京都は暑いことで有名ですが、そんな暑さも美味しいものを食べて忘れましょう!

■基本情報
店名:富久
住所:京都府京都市東山区大和大路通新橋下ル元吉町73
TEL:075-561-0984
営業時間:12:30~21:30 ※17:00まで要予約)
アクセス:祇園四条駅より徒歩5分

HP:http://tomikyu.net/
地図:「富久」への地図

8. 京都と言えば健康的な野菜!「京野菜」

8. 京都と言えば健康的な野菜!「京野菜」
photo by veekawong   /   embedded from Instagram

京野菜とはいわゆる京都が産地である野菜のことを指します。そのため京野菜の明確な定義はありません。しかしながら京都という地名がブランドになるのですから凄いものですよね。農家の人たちの血の滲むような努力が感じられますね。

京都観光をする際には、もちろん京都府在住の方も、京野菜で健康的な生活を目指してみませんか?今回紹介する「夢二カフェ」では、昔ながらの喫茶店の雰囲気を感じながら、京野菜をふんだんに使った料理をいただくことが出来ます。京野菜カレーや京野菜ハンバーグなど、季節ごとに旬な食材を使用したメニューを提供してくれますよ。

また、野菜とは少し離れてしまいますが、隣接している豆腐製作所で絞られた豆乳ドリンクも絶品です。東山へ観光に行った際には足を運んでみては?

■基本情報
店名:夢二カフェ
住所:京都府京都市東山区清水寺門前
TEL:075-541-7111
営業時間:11:00~17:00
定休日:不定休
アクセス:清水五条駅から徒歩25分

HP:http://www.goryukaku.com/
地図:「夢二カフェ」への地図

9. 京都と言えば!昔ながらの和を感じながらノスタルジックに…「抹茶スイーツ」

9. 京都と言えば!昔ながらの和を感じながらノスタルジックに…「抹茶スイーツ」
photo by nyaa.1214   /   embedded from Instagram

綾鷹や都路里など、京都といえば抹茶。京都では、カフェや喫茶店、レストランなどに立ち寄ると抹茶を使用した料理やデザートを見掛けることも少なくありません。ほろ苦い甘さが日本人の心をくすぐりますよね。

京阪本線祇園四条駅から徒歩10分の場所にあるのは、「ジュヴァンセル」。こちらのカフェでは祇園フォンデュという、抹茶チョコレートのソースにフルーツやパウンドケーキ、そして団子などをディップするスイーツをいただくことが出来ます。可愛らしい上品な重箱に入って運ばれてきますから、最近流行しているSNSなどにもよく映えそうです。

他店舗にも展開しているジュヴァンセルですが、これは祇園店のみでの取り扱いとなっていますから気を付けてくださいね。甘いものに目がない女性には特におすすめです!

■基本情報
店名:ジュヴァンセル祇園店
住所:京都府京都市東山区清井町482 京ばんビル2F
TEL:075-551-1521
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休
アクセス:祇園四条駅より徒歩10分

HP:http://www.jouvencelle.jp/
地図:「ジュヴァンセル祇園店」への地図

10. お花見やピクニックのお供にも。おやつの定番本格的「みたらしだんご」

10. お花見やピクニックのお供にも。おやつの定番本格的「みたらしだんご」
photo by staaaaar0816   /   embedded from Instagram

しっとりとしたお団子に甘いタレを掛けていただく「みたらしだんご」は、子どもの頃おやつに食べたという方も多いのではないでしょうか? そんな「みたらしだんご」は、お花見やピクニックを始めとする様々なイベントで大活躍です。

「六花亭」では、こだわりのある本格的なみたらしだんごをいただくことが出来ます。清水五条駅から1km少々のところに位置するこちらでは、みたらし団子(2串)が¥300ほど、抹茶とのセットにしても¥600程度というリーズナブルな価格で販売中。

ドリンクにも甘酒(¥400)やあめ湯・ひやしあめ(¥300)、ラムネ(¥200)など、懐かしさを感じられるものが充実しています。みたらしだんごの甘みで日頃の疲れを吹き飛ばしてみてはいかがでしょうか?

■基本情報
店名:六花亭
住所:京都府京都市東山区清水寺清水寺境内
TEL:075-551-1222
アクセス:清水五条駅から徒歩25分

地図:「六花亭」への地図

京都東山の美味しいグルメを堪能しよう!

古きよき町の雰囲気と、自然が調和している町、東山。京都のここ東山には今回紹介したお店以外にも、さまざまな美味しいグルメが食べられるお店があります。せっかく京都東山へ観光にいくのでしたら、ぜひ素晴らしい雰囲気の町の散策も兼ねて、美味しそうなお店を探しまわってみてください。他では食べられない絶品に出会うことがあるかもしれませんよ!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者